遠足計画

去年の夏に行った屋久島。

何時間も歩いたからこそ出会えた自然。
体中の汗や土を洗い流して温泉につかった瞬間のあの爽快感。
格別のビールの味。

まさか10時間も自分が歩けるとは思わなかったので、「やれば出来るもんだ」と自信がついたし純粋に「山って楽しい!」と最高の思い出が出来た。
(ひどい筋肉痛に苦しんだけどさ)。

あれから山に関連する雑誌や本をつい手にすることが多くなって、今回も図書館で3ヶ月待ちだったこの本をようやく借りる事が出来た。
c0221792_940167.jpg


難しいことは何にもなくシンプルな文とカラフルなイラスト、可愛い写真で山の魅力が存分に伝わってくる本。ところどころ大笑いできるような箇所もあったりして。

会社の昼休みに読んでいたらAさんとMさんが反応。
インドア派のAさんが「山いいね!行きたい!」と食いついたのには驚き。

私「(俄然調子に乗って)ちょっと、みんなで行きましょうよ!富士山もやりがいありそうですが、これ読んでると初心者には木曽駒が岳が最高みたいですよ」

Aさん「尾瀬とかもいいよね~~私、山グッズ見るのだけは好きで(←なぜ?)、しょっちゅうAIGLEとかNorth Faceとか行っちゃうの~。ていうか私日に焼けたくないから当日は’モデルさんですか?’くらいの重装備でのぞむからね。」

Mさん「おっ!!いいっスね。ようやく時代が私についてきましたね(Mさんの趣味はクライミング)。日頃はコンクリートジャングルで身を粉にして働いて、休日は大自然に抱かれる男。いかにもモテそうっスね。」

私「登山用の巻きスカートとか可愛いのいっぱいありますよ。下山してから温泉に入ってビール飲む。ックー」

Aさん「ビールいい!いい!行こう行こう。私もその本読みたいー。終わったら貸して!」


目的が酒とモテの3人。共通項は「山で自然に親しんだ自分に酔いたい」というコンセプト。

大丈夫か、こんなんで?
[PR]
by morningsun71 | 2010-06-04 07:53 | 日常


<< かれん&まりあ 鎌人いち場 >>