愛用歯ブラシ

今日は歯医者で2カ月に一度の定期検診+歯石取り+クリーニングの日。

思い返せば数年前、「かなり歯周病が進んでいます。このままだと将来歯がぐらついて抜けますよ」と言われて大ショックを受け、せっせとクリーニングや歯磨きに精を出してきた。

力任せにグイグイ磨いて歯茎がすり減っていたのが主な原因。とにかく歯磨きの仕方を一から見直すように、と何度も先生から教わったり。(ホント恥ずかしすぎる)

電動歯ブラシ→子供用歯ブラシ→歯間ブラシと3段階で磨いて、クリーニング、ホワイトニングと投資して。
夜の歯磨きは軽く20分以上はかけていた。ようやく良くなってきた矢先に引っ越し。

いい歯医者がどこだか分かんないしと言い訳して歯医者通いを1年休んだら、案の定またしても歯周ポケットが広がりつつあった。あんなに頑張ったのに・・・ガッカリ。

幸い、11月にとってもいい先生に出会えて、毛先が細いブラシを紹介してもらう。(右)

c0221792_23382613.jpg


柔らかくて歯と歯茎の間にスルッと入り込むタイプのもの。これで歯間が綺麗に磨けるのだそう。

使い続けて半年、どんどん歯周ポケットの数値が下がっていく。

一本につき、表3か所、裏3か所。計6か所の数字を計る。全部で歯が28本あるから、168箇所。
数字を読みあげられるたびに、毎度、ドキドキ。

なんと今日はほとんどが1と2。時々3。2か所だけ、4。(4というのは歯周病の初期と言われているので、この2か所はまだ重点的に磨きが必要なんだけど)。

168か所のうちの2か所を除いて正常値。これって私にとっては大躍進なのであった。

先生も「頑張りましたね~~。今の状態をキープすれば、将来も自分の歯でご飯が食べられますよ」と。
くふふ。子供でもあるまいし、褒められて素直に嬉しい。

よかった~ってまだ向上の余地ありだしなにせ歯周ポケットが広がりやすいタチなので油断は出来ないのだけど。私は生涯ずっと歯磨きに気合いを入れ続けなければならない体質。
それでも、健康な歯と歯茎が保てるのなら、頑張ります。

この歯ブラシに出会えなかったらここまで改善されなかったかもしれん。

そして優しい笑顔、親身なアドバイス、とことん時間をかけてカウンセリング&治療をしてくれる頼もしさ。

もう浮気は出来ない。先生にゾッコンLOVEな自分を再確認して帰路に着く私であった。
次回は3ヶ月後。もっと早く行きたいくらい。
[PR]
by morningsun71 | 2010-06-07 23:44 | 日常


<< 春との旅 その他 新デジカメ+木場公園キャッチボ... >>