注目の人

130人の女性と結婚し210人の子供がいた男性、92歳でこの世を去る(2010年10月5日 ロケットニュースより)
c0221792_1095835.jpg



ケニアを代表する「一家の大黒柱」が持病の糖尿病のために息をひきとったと、現地メディアが尊敬と悲しみと共に一斉に伝えた。
男の名前はアセントゥス・アクク氏。通称「危険な男」とも呼ばれる92歳のルオ族のモテ男だ。

アクク氏が結婚した女性は、のべ約130人。初婚の時期は不明だが、すでに22歳の時(1939年)には5番目の夫人と結婚し、35歳の時には45回目の結婚式を挙げている。
さらに1997年には、18歳の女性を最後の妻として迎え入れた。この時アクク氏は79歳で、なんと年齢差は61歳! 一体なぜ、彼はそんなにモテたのだろうか?


生前のアクク氏は
「まず私はイケメンだし、服のセンスもオシャレだった。女の扱いに関しても、他の男性を圧倒しているし、もはや私にはライバルなんていなかった。どんな女性も私の魅力を拒否することができなかったんだ。まるで磁石のように、女がどんどん寄ってきた。だから『危険な男』なんてニックネームが付いてしまったんだよ」
と語っている。

夢のような話であるが、これまで80人の夫人とは離婚している。
それでも生まれた子どもは210人もおり、近所の小学校の児童の大半はアクク氏の子孫だという。

彼をよく知る周囲の人々は、「模範的な一夫多妻主義者コンテスト」が行われた場合、アクク氏は間違いなく金メダルを受賞することになるだろうと口をそろえた。
なお、彼は「最初の妻」の自宅近くに埋葬される。ルオ族伝統の習慣なのだという。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------

今更ながら、アクク氏が熱い。(オフィスの一画限定)。

Dさん:「92年の人生で130人の妻。男冥利に尽きますね。
なんでこんなに結婚できるんですかねー。こっちはただの1回だって出来ないというのに。」

Aさん:「小学校の児童の大半が子孫って、もう’アクク記念小学校’とかに改名したほうがいいくらいじゃん。」

私:「実は教師のほとんどもアククの血引いてそうですしね。」

Dさん:「’磁石のように女性が寄ってくる’ってどういうことなんスかね。
僕も一度でいいから蝿がたかるがごとくモテて’危険なヒロキ’とか言われてみたいっすよ。おっかしいなー。こんなに頑張ってるのに。
やっぱ次の合コンはイエローシャツにネクタイ締めて半ズボン+パナマ帽しかないですね。」

私:「そもそも79のじーさんとこに嫁ぐ18歳ってどんな心境なんすかね。ここまで来るとモテとかそういうの超越してませんか。」

Aさん:「牛と娘と引き換えに羊何十匹下さいとかそんな取引なんじゃないの。ナショナルジオグラフィックかなんかでそういうの観たよ。
いずれにせよちゃんとこれだけの嫁養ってるんだろうからすごいよねアクク。」

Dさん:「占いで’50まで好きなことしたほうがいい。XX歳までに結婚しないと世間体が・・などと世間の目に囚われるとあなたの星は死んでしまう’って言われたんですよ。40代は鍛えて合コンでフェロモン磨きまくって50で若い奥さんもらうのっていいっすね。なんか希望が沸いてきましたよ。」

Dさんの和製アクク化なるか。注目!!


・・・・こんな調子で延々と遥か遠い異国のモテ男人生を熱く分析する3人(All アラフォー独身)。



危険で偉大なアクク氏よ、安らかに。

[PR]
by morningsun71 | 2010-10-13 23:10 | 日常


<< 秋の景色 虫を無視出来ない。 >>