仙台 光のページェント

12月9日(木)。
東京駅発19:28のはやて11号に乗り初めての仙台へ。
仙台って近いんだねえー 1時間半で着くんだ。

年末まで開催されているクリスマスイルミネーション、光のページェントの真っただ中。とても幸運だった。

東京駅でポスターを見かけた時から、あまりに綺麗で「おお!!」と思っていたのだ。
偶然、この時期に行ける事になって本当によかった。

まずは地下鉄で北四番町駅というところまで行って宿にチェックイン。
この時点で22時近く。光のページェントは23時まで。
ついでに「お風呂は23時までです。」と言われて、エエエエッ!!大慌てで定禅寺通りへ。
c0221792_221273.jpg



c0221792_22163450.jpgc0221792_22172326.jpg


言葉を失う迫力。
並木道を一面に照らす黄金の灯り。
圧巻。とても寒かったけど・・・正直雨の冷たさも忘れました。そのくらい綺麗だった。
来てよかった・・・・・としみじみ。
昼間のせわしない時間が嘘のようにしん、とした空気。

平日で、おまけに小雨が降り始めた為に人がまばらでこれまたよかった。
周りはカポーばかり。
「ノンストップロマンティックだよこりゃ。」と呟きながらじぃぃんとカメラ片手に浸る私。(←唯一のおひとり様。
単独イルミネーション観賞。また一つハードルクリア。なんかもう、この先一人で出来ないことなんかない気がしてきたぜ)

c0221792_22214842.jpgc0221792_2222043.jpg


勉氏が6年間バイトをした定禅寺通り沿いのモスバーガー。
着いてすぐに見つけちゃったよ。すぐさま写真を撮影。
「なぜにここまで来て勉の青春の軌跡なんか辿ってんだ」と己に突っ込み入れつつ、
でも「へえここで働いてたのねえ~」と怪しく外から覗きを行う。
知り合いに絡んでいる場所って「ここにアノ人がいたんだ」と思うと、ぐっと身近に感じられるから不思議。
バイト中に毎年このイルミネーションを眺めていたというのだから、なんとも贅沢な話。
c0221792_22302236.jpg



この日泊まったのは民宿「いこい荘」。
朝食込みで7000円という良心的な値段。とても清潔で宿の人達も親切で、居心地がよかった。
なんとかお風呂にギリギリ間に合って、すぐに爆睡。
c0221792_2237506.jpgc0221792_2238087.jpg


colon、rauwolf、勉君、色々と情報をありがとうね。仙台行き、ちらりと話しただけだったのに、ありがたい話だ!

翌日は松島へ。続く。
[PR]
by morningsun71 | 2010-12-16 21:51 | 日常


<< クリスマスディナー  ロボコン >>