挙式のご報告

c0221792_2201297.jpg


ご報告が遅くなりましたが先月、親族のみで小さな挙式をあげました。

今年のGWは不安定な天候で、当日も神社に到着した途端に小雨がパラパラ。
「げげげえええ!!」と思ったが、すぐにやんでくれて、ギリギリのところで挙式終了。

神社まで来てくれた友達や、お世話になっている方々の姿に胸が熱くなりました。みんなありがとう。
colon夫妻からはプロ顔負けの写真。
おかげで挙式後すぐに当日の様子を振り返ることができたよ。
家族みんなで感謝です。

c0221792_229328.jpgc0221792_2295141.jpg


c0221792_22102118.jpgc0221792_22131773.jpg


当日の我々二人なんかより紹介したいのはですね、皆様による手作りアイテムなんですわ。
出来上がりそのものも勿論ですが、作成に費やしてくれている時間、手間を考えると本当にありがたく。
リングピローは母の力作。
老眼に加えて、計画停電などで部屋が暗い時期だった為、細かい作業が厳しく
昼間明るい時間に窓際でちくちく縫ってくれたんだそう。笑。

私が唯一こだわりたかったのはペーパーアイテム。
自分じゃ作れないけど、手作り感があって、出来れば季節的にグリーンを基調としたもの。
和風であること。でも会場の雰囲気に合っていること。
ゲスト一人ひとりの紹介が載せられること。

探して探して、運命の出会い。
Presentのchibanoriさん。

作品に一目惚れして猛烈アピールのメールを送ったところ、お忙しいにも関わらずご快諾頂きました。

竹のデザインの表紙。芝をあしらったひと手間。本当に可愛らしい。
パールでぽちん、と裏ページが留めてある。
c0221792_2221566.jpg


c0221792_2222141.jpg


ゲストの紹介ページ。これがウケた。
パーティ前に読んでもらえれば、会話もほぐれるというもの。
c0221792_22223611.jpg


最後のページは我々二人の紹介ページ。
写真は3枚。
坊側家族全員写真+私側家族全員写真+両家全員集合写真(顔合わせの会食の際に撮ったもの)。
二つの家族が一つになる、ということを意識して。
c0221792_22225254.jpg


何度もメールでやり取りをして、アイテムとは直接関係ないようなことにまで
アドバイスをくれ、私達二人の席札には「Smile!」「Enjoy!」と一言付け足してあり、
子供の席札にはうさぎのオブジェをさりげなく付けてくれたり。
ささいな気配りに心やさしいお人柄が表れていると思いました。

素晴らしい出会いが挙式を彩ってくれたと思っています。
ありがとうございました。

パーティ中は生憎の雨。当初テラスで予定していたデザートビュッフェや集合写真は
室内になっちゃったけど、まあ出たり入ったりしない分
みんなとたっぷり話せたからかえってよかったな!笑
c0221792_237997.jpg


当初は、年も年だし挙式は必要ないんじゃないの?などと実は考えていたんでありますが・・・
やっぱりやってよかったです。

披露宴(つーほど大きなもんでもないけど)は逗子マリーナ。
海に大きく面した会場が気に入って選んだのが一転、震災後この海が心配の種になりました。
実際、挙式を延期したりキャンセルした組もあったそう。
余震が続き、ちょうど一ヶ月後の4月11日はまた大きな揺れ。

みんなの心情はどうだろうと。
が、「この時期に明るくめでたいイベントがあって本当によかった。」
と喜んでくれて、久しぶりに一同集まり笑って飲んで、本当に楽しい一日でした。
両親や親族が実に幸せそうな笑顔。
そりゃーそうだ。
「まさかお前が嫁に行けるとは。」皆の長年の本音が炸裂。
司会を頑張ってくれたピロ&妹コンビ、お疲れ様でした。ありがとう!!

ご招待したい人は国内のみならず海外在住の友、従兄弟、
会社の方々もあわせて、もっともっともっとたくさんいたけれども。
電報、メール、電話、それからこのブログでのコメント。
皆さんから頂いたお祝いの言葉は一人ひとり、しっかり心に残っています。

坊がパーティの最後に述べた言葉の通り、
「皆さまと一緒に今ここに生きる幸せを胸に」二人で頑張っていきます。
[PR]
by morningsun71 | 2011-06-20 23:29


<< 遠足状態 デビュー >>