家政婦のミタ

昨年の年末のB班忘年会。
2軒目のお店に移動する駅の地下通路で、突然
ドラマ「セカンドバージン」の話になった。
735が興奮気味に「あれすごいよねえ!えーっ!これNHK-!?えー!これ鈴木京香ー!て感じよっ」
何のことだか分からなかったのだが
ラブシーンがNHKらしからぬ濃厚さで話題とのこと。

「え、だって(あのノーブルな)鈴木京香でしょ?ほんとに?そうなの?」と聞くとおいとみが真顔で
「妖艶よ。妖艶・・・・・・・」と。深く頷きながら。(爆笑)

相手役の人もカッコイイよねーとみんな盛り上がっている。
みつしが「この人よ、この人!」とアイフォンでわざわざ画像検索かけて見せてくれた
長谷川博己。

あれからようやく私、動いてるこのお方を見ました。
ドラマ「家政婦のミタ」。

c0221792_15235684.jpg


感想。写真も素敵だけれど、動いてる方がずっと雰囲気があって魅力的だね!

でもこのドラマ・・・・

なぜ周りは薄着なのに松嶋菜々子だけダウンコートを着ているのか。
なぜ高校生筆頭の4人の子供のお父さんがこんなに若いのか。
苛めに遭ってる次男の究極に汚れたスニーカーがどう洗ったらあんなに新品同様に綺麗になるのか。
なぜお父さんは雇いたての家政婦さんに「妻は事故死じゃないんです!僕のせいで自殺したんです!」などと重すぎる打ち明け話をするのか。
さらには妻の遺書を差し出して「これ燃やしてください・・」とか頼んでる!
♪ちょっと待ってよ、ね~え~、なんて言ったのい~いま~(@くちびるから媚薬)
そんなこと人に頼むんか!

私ならこんなカッコイイ人にここまで家庭の内情をさらされたら意味深すぎて
『再婚相手候補として見られている』と都合よく解釈。
「旦那様・・・わたくしは夫ある身でございます。(苦悩)」と暴走してしまうわ。
[PR]
by morningsun71 | 2011-10-22 00:27 | 日常


<< 湘南国際マラソン(走らないけど参加) 公開処刑 >>