おめでとう

11月5日。我が家の一大行事。
妹の結婚式。
c0221792_13532262.jpg


この日を迎えるまで、心配事が続いた。
父の腫瘍摘出手術、坊の連続出張、過密スケジュール。直前になって私が風邪で寝込んだり。

だけど当日を迎えてみれば、天気にも恵まれてみんなが晴れやかに元気いっぱい。


rauwolfが言うように「結婚って2人の周りの誰もが笑顔いっぱいで幸せになれるイベント。
こんなに幸せな場ってそうない。」滅多に会えない顔が揃っておめでとう、おめでとうって、
本当にその通りだわね。式に出席するたびに思いだすこの言葉。



新郎も晴れやかです。ご家族にお会いするのは私は初めて。
この家族が親戚になるんだな003.gif
うちは女だけの姉妹だから、3人男兄弟という対照的な家族と親類になれるなんて新鮮で嬉しい。

c0221792_1355344.jpg




「娘とバージンロードを歩くこと」に長年憧れ続けてきた父。ようやく叶ったね。(待ちすぎた分喜びもひとしおだね。笑)。

c0221792_13554423.jpg



母にベールを下げてもらう。これに何か意味があるって牧師さんが説明してた気がするけど
覚えちゃいない。(挙式前からどれだけテンパッてたか分かろうというもの)。

c0221792_14174227.jpg



Uちゃん!よかったね!なんて最初はニヤニヤしていたのに・・・・・

c0221792_13555321.jpg



涙をこらえたような父の表情に思わずポロポロきてしまった。

c0221792_1356231.jpg



新郎とバトンタッチして後に残される父がなんとも寂しそうで。

c0221792_13561224.jpg



思わず視界が曇ってしまったのであります。披露宴はともかく挙式で泣いたのは生まれて初めて。

たった2ヶ月前。父の腫瘍が良性か、悪性か。
摘出後の結果が出るまで、どれだけ心配だったことか。


c0221792_13562186.jpg



妹から「バージンロードを歩くことを楽しみにしているUちゃんの為にも、良性であることを願って」のメールを受け取り、
家族みんなで祈り続けた。手術が無事済んで、結果が良好でこの日が迎えられて本当によかった。

c0221792_13563173.jpg



祖母が「お姉ちゃんの時には一滴も涙出なかったけど、M子ちゃんの姿を見たら
涙が止まらなくてようーー。」

・・・・祖母T子よ。相変わらず正直すぎるんですけれども(憤)!


披露宴では当日のサプライズで新郎Hさんのお父さんと一緒にお色直しの再入場。
Hさん一家は女の子がいないので、お父さんはバージンロードを歩いたりする機会がないから、と考えたのだそう。
c0221792_16272748.jpg


お父さんの、ビックリしながらも喜びいっぱいの笑顔を見て、こちらも嬉しくなる。
喜んでいただけてよかったね!


何はともあれ最高に優しくて楽しい旦那様と結ばれて、本当に妹は幸せもんです。

私に苛められてビービー泣いてた妹がいつの間にかいい大人になり
こんな素敵な人の元に嫁にいったなんて信じられない気分ですが。

c0221792_14422643.jpg



Hさん、M子、幸せになってね!!
(M子、私のような完璧な良妻を目指してね。)
坊よ、あちこち動き回ってたくさん写真を撮ってくれてありがとう。自然な表情のいい写真ばかり。
お義母さん、準備やお祝いなどたくさんのお気遣いとサポートをありがとう。
祖母T子、着物姿で一日お疲れ様でした。いっぱい笑って楽しかったね。元気でいてくれてありがとう。
親戚の皆さん、遠くからもはるばるありがとう。こうやってみんなで集まれるのは本当に嬉しいこと。
Hさんファミリー、これから末永く宜しくお願いします。
Hさん、不束者の妹をよろしくです。
父&母、「老後の為に姉妹2人で住むマンション買え。(生涯独身を想定)」なんて言ってたのに
こんな我々をもらってくれる人がいてよかったね。
これでホッとして燃え尽き症候群→痴呆まっしぐら、なんて事になりませぬようご注意頂きたく。
長女がしっかり目を光らせておりますよ。
[PR]
by morningsun71 | 2011-11-08 00:14 | 日常


<< 家内円満の秘訣 オアシス >>