悲しいサガやねん

忘年会から帰ったらば、洗濯物は干しっぱなし、床には髪の毛が落ちてて一気にテンションが落ちる。
テレビつけたままネットしたりと、ノビノビ至福の時を過ごしていた様子の坊に、イラッ!
クイックルワイパーくらい、大した手間ではないのではなくて?

つまらん事で、つい小言炸裂。

「あたしが言ってるのはさぁー!(怒)」」などと言いながら、クーポンシールをチマチマせこせこ台紙に貼り付けている自分に、ハッ!
(スーパーでお買い上げ1000円につき1枚もらえる。)
その上「あとシール2枚で、ケトルに到達!よしよし。」と内心ほくそ笑んでるところが壮絶にカッコ悪い。

c0221792_14375660.jpg




悲しいほど庶民。

でもこのクーポンシステム、お得でもなんでもない。シール18枚(=18000円)+現金7000円で、ようやく10500円のケトルと交換できる。
なにそれ、だったら自分でやかん買ったほうがよっぽどいいじゃん。いらないよ!
・・・・と思っていたのだ。思っていたのに、レジで渡されたクーポンをつい溜めこんでしまう、この性分。

(そしてしょんぼりとお風呂に消えていった坊を見送り、一人で再び交換商品のセレクトに悩む。)
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-13 08:10 | 日常


<< 忘年会 二十四の瞳 >>