メイク

妹によく「アイメイクくらいしたら?」「マスカラやってるとこ見たことないんだけど。」などと言われるのだが、
確かにほとんどやらない。

無精なのが最大の原因だけど、2番目の理由は上手に出来ないから。
たまに気合入れて励むと昔のサスペンスドラマの登場人物みたいな、古臭い、悪人顔になる。
バタ臭い顔がよりくどくなる。ほとんど色のせてないつもりなのになあ。

c0221792_18111827.jpg



去年の年末、ブラシのセットを購入してみた。道具が変われば少しは腕が上がるかも?

カウンターのお姉さんが、とてもとても丁寧に各々のブラシの使い方を説明しながら、やり方を見せてくれた。

眉ブラシの番になると、「眉毛は顔の心臓と言われているんですね。」と3回言われる。3回。

余程目に余るのですね、私の眉毛。確かに彼女のと見比べるとひどさが際立つな。
思うにこれはきっと絵心のなさゆえね。(言い訳)。

「これが、チーク用ですよね?」「いえ、これはファンデーション用です。リキッドをこうやって伸ばします。」
「え!リキッドファンデーションをブラシで!!???(驚)」

「この細いの、なんでしたっけ。」「これは目の際、アイラインの前に使います。」

ブラシ一本一本に、「まぶた全体用」とか、「目の際用」とか、大きく書いといてーーーーーーー!!!

お姉さんによる出来上がりはすごいもので、ケバくなく、でもほのかに主張された目元が演出される。
さすがだなあ・・・・
「よぉし!明日からは自力で!」と上機嫌で帰ったのだが、案の定その後1ヶ月、袋から出しもせず放置。

先週から使ってみたのだけれど、伝授された技がすっかり頭から抜け落ちてしまい、結局再び火サス。
再挑戦した翌日はチークと眉毛の範囲が広がりすぎてイモトみたいな仕上がりに。

この年にしてまともな化粧法を習得していない、そんな私の為に、使い方と注意書きが共に彫られたブラシが開発されて欲しい。
(「眉尻にかけて先端を立てて使う。※立てないと一気に極太眉。注意!」など。)
紙で渡されてもすぐなくす & どうせ読まないから。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-07 22:58 | 小話


<< ここは モーニングビュッフェ >>