収納

地下鉄で、寺田倉庫のお荷物預けサービス「ミニクラ」の車額広告が面白くて、ついじっくり読み込んでしまった(^∇^)

「日本収納新聞」

c0221792_106862.png



『暮らし再建へ 母「一歩前進」
東京都品川区の茂野増太さん(53)宅で昨年から表面化していた収納問題について、妻の倉子さん(51)が会見を開き
「夫の膨大な書籍の処分による収納スペースの拡大」を2013年夏までに実行する計画を発表した。
~中略~

計画の発表に先駆けて行われていた臨時家族会議はおととい3日目を迎え、強硬姿勢の倉子さんと、
処分受け入れを拒否する増太さんの間で激しい議論が繰り広げられた。
結局議論は平行線のまま収拾がつかず、倉子さん側が承認前の処分計画を発表するという異例の事態に。

増太さんは「誠に遺憾。同意のないままの発表は許しがたい」と態度を硬化させている。
また次回家族会議の欠席も示唆していて、このままでは夫婦間だけでなく家族間の亀裂へと発展しそうだ』

-------------------------------------------------------------------------------

『ブランド品発見3つに。「買ったか覚えていない」 計画性の疑い 娘も関与か
今月5日に増太さん夫婦の寝室から布で覆われた状態の持ち主不明の有名ブランドバッグ2点が見つかった事件で、
21日深夜新たに1点の有名ブランドバッグが見つかった。
新たに見つかったそのバッグはその形から今年発売された有名ブランドのバッグであることが判明し、
それにより何者かが1月から4月の間に購入したものを押入れに隠したとみられている。

長男捨太さんによると3月中旬頃、増太さんの出張中に倉子さんと広子さんが満面の笑みで大きな紙袋を持ち帰ってきたところを目撃したという。
(~中略~)
広子さんは「父には黙ってて欲しいと言われ協力してしまった」と関与をほのめかす供述をはじめている。』


くすりと笑えて印象に残る広告だな~。ネットで管理・中身の取り出しも出来るんだ。
ものが増える一方でお悩みのXさんが興味深々でメモを取っていた。
(収納新聞の内容ではなく、ミニクラサービスについて。)
どうしても物が捨てられずお困りの様子。

自分自身の断遮離経験で言うと処分して失敗したな~と後悔したのは書籍とカーテン。

後になって読みたくなるものがパラパラ。子供の頃読んでた本も含めて。
そんな時は図書館に行けばいい、と断遮離の本にはあるけれど、思い立ったその時にその場で読みたいんだよ・・・

それからカーテン。一人暮らしで使用していたカーテンがまだ新しかった&気に入ってたのに、
「もう、当分引越しすることもないし不用だから。」と思い切って捨てた半年後に緑館を借りることになり、窓のサイズが捨てたカーテンとおんなじ・・・・゚・(ノД`;)・゚・

よそゆきのおでかけ着に困った時にドレスだって作れるんだから(スカーレットオハラ@風と共に去りぬ)取っておけばよかったーー!と地団駄。

モノと上手に暮らす方法、失敗を重ねながら模索し続けてます。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-02 12:40 | 小話


<< 優しくなりたい。 クオリティ >>