男闘呼組

先日、某所に家人と二人で乗り込んだところ、目の前に男闘呼組の高橋和也氏がいた。

意外な事に、先に気づいたのは家人。

「ねえ、あそこにいる方、あの人じゃない?」(ヒソヒソ)。

「・・・・分かる。あの人でしょ。(ご本人目の前だから名前が出せない。)
似てるけど、でもホントにそうかね?」

「多分そうだよ。堀部安兵衛役やってた時、うまいなあ、ってずっと思ってたから印象に残ってる。」

「薄桜記ね。あなた大好きだったもんね。でも、なんと言ってもあれでしょ。
♪ウォーウォー タイムゾ~ンッ♪ ・・私は成田君派だったんだけど、今どうしたのかね~。
ちなみにみつしは岡本健一派で未だにレコード持ってんのよ。あれはお宝だよっ!(つい熱くなる)。」

さてさて高橋氏ご本人、すごく丁重な話し方をしていて、同行の方との別れ際に「お疲れ様でした。ありがとうございました。」と深々とお辞儀をしていた。なんだかとっても好印象。

そんなことがあったお陰で、あれ以来、ともすると頭の中が男闘呼組メドレー。

♪ そ~し~て グローイングラブッ!!待たせ~たけれどっ ♪
フライパンをギターに見立ててかき鳴らしたりと青春蘇ってます。
ふっつーにスラスラと1番そらで歌えました。

c0221792_141424.jpgc0221792_141379.jpg


(撮影協力:家人)

手の位置がへんなのは、ギターの持ち方を知らないから。

c0221792_14132779.jpg



頭部負傷中の人みたいなことになってるのは、男闘呼組といえばバンダナだから。

家人も「俺、この歌知ってるよ~~。これで紅白出てたよね~~。」とトイレの中から呑気な声で発言。

就寝前のヨッレヨレの寝巻き姿をブログで公開してしまう程にアラフォーを血迷わせる男闘呼組のチカラ。
あの時代のアイドルってやっぱりスゴイネ!

<余談>

ご夫婦でオペラ鑑賞が趣味のAさんが、あれこれとオススメしてくれる今日この頃。
「昨夜も、旦那とヨナス・クリフマン聴いてて、素敵すぎてとろけたよ。いいよ~。この歌なんかオススメだよ。」

しっとりとお酒を飲みながら夫婦で世界的テノール歌手の歌声に聴き入る夜・・・・お洒落で高尚なのにも程がある。

うちは昨夜はDAY BREAKかけながら、世良正則みたいな頭してこんなことしてましたなんて言えないよ。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-14 20:14 | 小話


<< 静雨庵 終わった~ヾ(〃^∇^)ノ >>