やっと会えたね。(by辻仁成)

暑いあつ~い週末。

相変わらず人が多く、アツイ浅草。

c0221792_16171895.jpg



浅草寺参拝して、占いみてもらって(←家人限定)、ブラブラしたらラフィネでマッサージ受けて、
私は元気だったらかっぱ橋まで足のばして、最後に夕ご飯ご飯食べて帰る。これが定番のコース。

入るお店も大体いつも同じ。コースが定着しつつある私達。

c0221792_16173718.jpg



が、もう一つ、寄り道するのが楽しみな場所が加わった。

というより、今後はここがプライオリティが一番高い場所になりそう。

ギャラリーカフェ「エフ」さん。

c0221792_16184375.jpg



きれーなお姉さんが窓の向こうをじっと見つめる様はそれだけで大変絵になる。

けれどその横に寄り添う、まあるいお尻がこの絵を完璧にしている。

c0221792_16185413.jpg



カフェの飼い猫、銀次くん。

「浅草 銀次親分日記」の主人公。

数週間前にこのブログを偶然見つけてから、あまりの可愛さに家人と二人でもう夢中。

かぼちゃんブログと並んで、毎日、癒されている。

c0221792_16181117.jpgc0221792_16182039.jpg



親分がお店にいる時間はその日によってまちまち、と書かれていたので、
会える保証もないまま、期待を胸に向かっている途中で突然の雷、大豪雨。

びしょぬれで「お店、あそこだ!」と駆け込んで、扉を閉めたら目の前に白靴下を履いたような
ころころのモフモフが目の前に。

いたーーー!! \(*T▽T*)/ \(*T▽T*)/ 

神様ありがとう。私達、日ごろの行いがよかったのね。恋焦がれていたアイドルに会えた気持ち。

「あなたいいなー。銀ちゃんに触れて。」と嫉妬する家人。

私がナデナデさせてもらってる間、遠慮してただじーっと見つめている間に、窓際に行っちゃったのよね・・・・・。

だから「あなたも撫でさせてもらえば?」って言ったのにーー。

ここぞと言うときの(トラック野郎)度胸一番星がいまひとつ・・・。

まあまあ。恋は焦らず、だわよ。

じっくり時間をかけて愛を伝えていきましょう。次回も会えるといいね~。

それにしても、断然犬派だった我々がここまで夢中になるとはね。

<余談>

昨夜BSの「男はつらいよ 純情編」(1971年)を観ていたのだが
寅さんの冒頭のナレーション「この、じきに40に手も届こうという男が・・・・」と台詞に一瞬耳を疑った。

自分が寅さんの年になってるーーーーーっ!!!(」゚ロ゚)」 !!!

そんでもって本作のマドンナ、和服姿が艶めきまくってる若尾あやや(文子)が当時39歳これまた同い年ー!w(゚ロ゚;w

おっかしいなあ~。30代後半でこうなってるはずだったんだけどなあ~。って、あややの方ね。


[PR]
by morningsun71 | 2013-07-18 07:15 | 日常


<< お食事会 夏の始まり >>