リラクゼーション

ホテルのスパのギフト券。ありがたく利用させていただくことにした。

一人ぼっちでこんなとこ来ることないからな。
勿論一人じゃなくても、だけど。失敗しないようにしないとな。(気負い)

受付にて、すぐに奥のソファに案内される。

座って待っていると、必要事項を記入する用紙を渡されると同時に、フッカフカのスリッパを差し出され「こちらにお履き替え下さいませ。」

おずおずと靴を脱ぐと、美しいフロントレディは足元にかしづき、私の靴を恭しく漆の台(お屠蘇のっかってる台みたいなやつ。)に乗せて優雅に去ってゆかれた。

タイツの足指先に穴開いてたり、毛玉ついてたり、摺れて薄くなってたり、ましてやマジックテープでの修正跡バッチリじゃなくってよかったよ!!

(普段一体どんなタイツ履いてんだって話。)

ここで抹茶とマカロンで手厚いお・も・て・な・しを受ける。

c0221792_23542559.jpg



                ↓


「それでは、ランチをご用意しておりますのでご案内致しますね。」

はい~。待ってましたよ~~!

プールを見下ろしながら下に下りると、無人の、ラウンジのようなスペースに素敵な和食弁当がセットされていた。
水が流れるガラス壁の向こうはプール。温水プールの熱気と、水音が伝わってくる。

c0221792_23554788.jpg



「ごゆっくりお楽しみ下さいね!」笑顔で去るフロントレディ。
はい!勿論!

で。ここ、誰もいない空間なんですけれども、食べ終わったらどうするんだろう。この後どこ行けばいいの?
食事が終わったら誰か迎えに来てくれるんだろうか。
でも、私の食事が済んだタイミングをどうやって知るんだろう。。。

きっと隠しカメラがあるに違いない。

するってえと気を抜いてる場合ではない。

背筋を伸ばして、足も揃えて、普段じゃありえないほど行儀よく時間をかけていただく。

c0221792_23561431.jpg



うどんなんか、この量ならいつもなら深呼吸した後一気食い(つーか一気吸い)だけど、ちまちま啜って。


              ↓


ごちそうさまでしたー!これだけ頑張っても、それでも食べ終わるのが早すぎたんだろう。

待ちぼうけ。おぉ~~い!
隠しカメラはなかったのかしら。せっかちなので、一人でじっと待つのも辛く、スタスタとフロントに戻る。

「今食事終わったんですけど、この後どうしたらいいんでしょう。」

ようやくロッカールームに案内される。リラクゼーションルームやらサウナやら、とてもいい感じですよ。

              ↓

私はプールで泳ぐつもりであらかじめ水着のレンタルもお願いしていた。

普通のワンピースタイプかと思いきや、思いがけずやる気満々スタイルでちょっとひるむ。

c0221792_23564012.jpg



あたしこのセパレーツタイプ着るの初めて。えーと、着方としては、普通でいいんだよね?普通で。ありのままで。素顔のままで。

そんでもってムーディな照明のロッカールーム。慣れないことばかりで頭がボーッとしていたのだろう。

パンツの上から水着のボトムスを履いてしまった事に気づき慌てて戻る有様。アヒョーッ!==┌(;゜Д゜)┘

              ↓


ひー。はー。やっと到着したプール。近いようで遠かったわ・・・・物理的にではなく気持ち的に。

c0221792_23573215.jpg




ずらりと並ぶ中から、眺めのよい窓側のデッキチェアを選びタオルを広げていたら、プールスタッフの方がニコニコと現れた。

「プールで泳がれる際は、こちらの帽子の着用をお願いしております。それでは、お楽しみ下さいね!」。

c0221792_23582649.jpg




はい! 

しかし、水泳帽をかぶるのも久しぶりすぎて、「あれ、こっちが前でいいんだっけ。」と手の中でくるくる。
まあいいや。後ろ前だってなんだって。
誰も気づかないだろう。

シャワーを浴びて、30分ほど泳いだり歩いたり。温かい日差しが差し込む中で水面がキラキラ光り、
とても気持ちがよい。

ああ、極楽。 休憩しよう、とジャグジーへ移動。広々と独り占め。サイコー!

目がうつろになるほど気分よく浸っているところに、事件発生。

               ↓

外でゆったり寛いでいた50代後半くらいのカップルが優雅にバスローブを脱ぎジャグジーに入ってきたのはいいのだが、胸くらいまでの長さのゴージャスな巻き髪、プロポーション抜群のハイレグ水着マダム!!

髪も縛らずに首までしっかり湯に浸かるのはやめてくださらぬか!!!!!

巻き髪がユラユラ、ボコボコと水面に漂ってるじゃないか!!

それにそもそも君達、シャワー浴びずにそのままこのジャグジーに入ってきたわね?

先に体流して来んかーーーーーいっ(怒)

私が目が丸くしてるのも気づかず、マダムは連れの男性に頭をもたれかけ、イッチャイチャ。

洗練された綺麗系雰囲気の二人だったけど、こんなエチケット違反じゃはっきり言ってぜんっぜん美しく見えませんから!

あんたら銭湯行ったらケロリン洗面器飛んでくるよっ!怒

それに年齢の割にあのイチャつきぶり・・・おかしい・・・・・これはさては不倫だね・・・・・・

水泳帽でしっかり頭を覆ったどんぐり頭の私は横目でしっかり凝視。

窓ガラスに映る己のシルエットは、ちびまるこのクラスの小杉くん?もしくは
「次の舞台のかつら合わせ中ですか?」てな感じだけど、髪は一本だって水に浸かってないからね。

フンガーッ!

               ↓

ジャグジーから出て、窓の外の眺めを楽しみながら日向ぼっこ&読書で気を取り直す。

c0221792_9572088.jpg




家人は今頃何をしているだろう?今夜の晩ご飯は何にしようか。

冷蔵庫何が残ってたっけ。さやいんげんと、オクラはもうしなびているかもなーなどと

生活感に満ちまくった事を考えながら。


               ↓

時間がきて、リラクゼーションルームへ。

横になって休んでいたら、マッサージの担当スタッフの方が迎えに来てくれた。

1時間50分間のマッサージ。

終わったら、なんだかお疲れモードだった顔が、大分元気になっておりましただよ。

おおおー!

               ↓

ロビーで待っていてくれた家人とお茶をして帰宅。

あんなことや、こんなことがあったんだよ!と一部始終報告しながら。
遠足の興奮冷めやらぬ子供と同じだ。

私だけいい思いをさせてもらって申し訳ない。

お陰でとても楽しい一日を満喫させてもらったよ。あー面白かった!ありがとう。

ほどよい疲れでその夜はコテン、とぐっすり。

スイミングの疲れ・マッサージの効果、プラス不慣れな場所での興奮と緊張が溶けたせいだろう。     
[PR]
by morningsun71 | 2013-12-03 01:25 | 日常


<< 懐中時計 コーディネーター >>