カテゴリ:鎌倉飯( 43 )

家族会

週末は由比ガ浜にある「松原庵」で義理の両親&実家の両親&妹夫婦&我々の4家族で暑気払い飲み会。

(西日が強くてうまく撮れなかったので下の2枚のみ春に来た時の写真を使用。ゆえに桜がひっそり写っている。)
c0221792_1342683.jpgc0221792_147784.jpg



8人もの人数だと、テラス席になってしまうということで、暑さを心配していたのだけれど・・・。
この週末はとても過ごしやすかった。
夕方5時半でも風があって涼しくて気持ちがよかった。

c0221792_13465713.jpgc0221792_13471156.jpg




二人の父と、Pッキー、随分ゴキゲンで日本酒が進んでるなと思ったら一人2合サイズの徳利だった。
てっきり、1合だと思っていた。

ほろ酔いの義父は、一眼レフを片手に、「さぁさぁ、みなさーん、意識しないで下さいねー。」とか言いながら
テーブル周りをぐるぐる。

撮られてると思うとどうしても意識してしまうけど・・・・。(何より目が泳いで笑ってしまう。)

「はいチーズ」って撮った写真は、同じような顔になりがちで面白くない。

いつの間にか撮られてるものの方が、たとえブレてても表情が柔らかくてずーーーっと面白い。

写真好きの義父が送ってくれる写真は、いつも楽しめるものばかり。私もこれからはこういう写真を撮りたい、と

真似して携帯カメラで試してみたら、素人ながら、ちょっといい表情が撮れた。

c0221792_14571724.jpg



それにしても、我々が一気にオーダーするのを涼しい顔で聞き、優雅に「かしこまりました。」と歩き去った
お店のお姉さんに、一同で騒然。

「今の人、メモ取ってなかったよね?」「そうなんだよ、俺もすげーなと思って見てた。」「これぞプロフェッショナル・・・。」

まさに入江君。(@いたずらなkiss/自分探しの為ファミレスにてバイトの巻)

c0221792_13504415.jpgc0221792_13505891.jpg



なんたって〆はこれだよね、と決めていた岩海苔せいろを綺麗に平らげて、ご馳走様でしたー。

すっかり日が暮れて、いい気持ちで海まで散歩。

「おおお~!海の家、何十年ぶりだろう!!行こう、行こう!」と大はしゃぎで浜辺に降りる二人の父。

今年から浜辺にクラブハウスが出来たそうで、ガラスの向こうにこんな感じの人々が見える。

ギューギューの満員。ひえーー!みんな元気ーー!

(写真はこちらから)
c0221792_1514777.jpg



父U二郎:「おい、あれは何よ?」

私   :「クラブハウスらしいよ。何やってんのか、さっぱり知らんけど。」

父U二郎:「何よ、あれはみんな踊ってんのけ?一体、何してんだと思ったぜ。」

義父  :「見ているだけで二酸化炭素中毒になりそうな空間ですな。」

c0221792_15393341.jpg



「アサヒスーパードライはないの?え。ない?お前、なんか適当に買ってきて。俺は何がなんだかよく分からねーからようー。」か言いながら父がビールを奢ってくれる。

好奇心旺盛な義父は目を輝かせながらあちこち散策。海の家に来るのは、おそらく40年ぶりくらいだって。

スパイシーなシシカバブを手にご機嫌でカムバック。

c0221792_1642895.jpg



ウキウキで写真を見せる義父。どれどれ?と覗く義母。
「お父さん、それちょっと飲ませて。」とちょっぴりコロナビールを試す母。
砂が入っちゃうから下に置けないわね?と、バッグを膝上にしっかり置いて。

c0221792_1653750.jpg



「ねえ、ちょっと、60過ぎてんのどーみても私達だけじゃなーい!?(*´▽`*)」とキョロキョロする母M子。

確かにこのテーブルが周囲の平均年齢上げまくってる感は否めないが、

ウキウキ弾む気持ちだけは小麦色のヤング達に負けてはいない。

c0221792_16164057.jpg



(↑酔っ払いを尻目にシシカバブを猛然と食らう、目にも止まらぬ速さの家人の手の動き・・・・)


すっかり出来上がってる両父は、「来年は水着で来なきゃいかんね~!ギャハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \!!」。

予定外の浜散策だった為、みーんなパンプスだのウォーキングシューズ。砂に足をとられエッチラオッチラ歩き、全く華麗ではない一族。

だけど、面白かったねーーー。あそこであんなに親がはしゃぐとはね。

思いがけない形で、親孝行できたね。
[PR]
by morningsun71 | 2013-07-22 22:10 | 鎌倉飯

鎌人いちば

5月26日(日)は、鎌人いちば

決して広くもない公園でのローカルなお祭りだけれども、それでも一日に1万人の人出なのだそう。驚き!

今回は、友人夫婦と一緒に出かける。勿論、こちらのお嬢さんも。

c0221792_1895390.jpg



会場への道すがら、このピンクの棒をくるくるやってるので「何だこれは。」と見ると100均のつっぱり棒。

うっかり母がサイズ違いで買ってきてしまったものを、ここぞとばかりにバトンとして使ってるんだって。

伸び縮みするから、コンパクトにまとまるし、これなら持ち歩きも便利!
頭いいじゃんよ~!それにバトンなんてカッコイ~!と言うと、「うふふふ!それにね、今度ね、チアに入るんだよ!!」

ひゃ~。チアーだって!シャレオツ~~!( ̄ε ̄〃)b こりゃブイブイだね!!


ピーカン夏日和です。まずは真っ先にビール!

c0221792_1884631.jpgc0221792_18104374.jpg



モヒートを狙ったのだけれど、「ライムが切れてしまい、ライム待ちなんです」。
その後またリベンジしたら「すみません売り切れです~~!」。
この陽気じゃ仕方ないね。海の家がオープンするまで辛抱しよう。


ボディペイント、似顔絵バッジのお店でバトン娘の足が止まる。

せっかくだから、体になんか書いてもらったら?とオススメするも、コンサバティブな性格なだけにバッジを選択。

「これ、帽子に付ける!」。なるほど!

帽子やお稽古バッグにバッジは小学生のお洒落の象徴だね?永遠の定番。

ふと、中1にもなって通学鞄に高橋良明のバッジを付けて肩で風切って歩いていた自分を思い出す。

「みんな、光GENJIでしょ?あたしはちょっと一味違う女だからね。」と勘違いな自意識に浸っちゃって。 ・・・ぴゅ~~。極寒!

居ても立ってもいられないむず痒さがこみ上げ、思わずビールがぶ飲み。

c0221792_18113455.jpg



可愛く仕上がった。

パパは娘に「なんか曲がってない?真っ直ぐにつければ可愛いじゃないか。ほら、付け直そう。」 そしてやり直す。

ママはパパに「服に穴がいっぱい開いちゃうのがやなのにー。あーまたパパはそうやってーーー!(泣)」

ムスメは私と家人に「ねえ見て、ほら、ここもうすぐ抜けるんだよ!」とグラグラの前歯を見せる。
隣の歯は見事に抜けてる。青空の下、満面の笑顔で歯抜け顔の披露をありがとう。

店を見ながらも、こうして何かと忙しい。

c0221792_18115867.jpg



占い好きの友人&ムスメ&家人が熱心に聞き入っている。
確か、5分で500円だったかな?お手ごろ価格。

c0221792_18122792.jpg



マッサージや美容院、色んなショップが出店しているから楽しいのよね。
かるた大会とか、木工教室とか、あちこちで行われていて子供達が盛り上がってる。


几帳面な性格なので、砂埃で汚れたパパの靴が気になってたまらない。「動かないで!」。
熱心にティッシュで拭き拭き。

c0221792_18141270.jpg



特技は「引き出しの整理整頓」。洗面台や食器棚の中のものを、きちんとカテゴリー別に並べるのが趣味。

「フォークとかスプーンが一緒に突っ込んであるのが耐えられないみたい。」
素晴らしい。私もそんな性分に生まれたかった。いつでも収納アドバイザーとして来てくれたまえよ!


テントの中が満席だったので、草むらに座ってピクニック。2時間くらい延々とぺちゃくちゃ。
Sけさんと、家人はその間、せっせと飲み物や食べ物を買出しに・・・。

何往復もしてくれて、二人ともありがとーー!

c0221792_1830214.jpg



地べたに長時間座って居ただけで、お尻が筋肉痛に。
その上足の甲がくっきりと日焼け。ひ~~~~!

c0221792_15471194.jpg



塗り絵付きの可愛いメモ帳だの、ハッピーセットのおまけのコンパクトケースだの、色々買ってもらえてよかったね~ 

全部で100円だって??フリマ万歳!

太陽の下で食べて飲んで話に花を咲かせて、それだけで特別な1日だ。

なにかとイベントが目白押しの季節がやってきた。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-29 21:06 | 鎌倉飯

静雨庵

鎌倉在住歴の長い方から、お気に入りと聞いたラーメン屋「静雨庵」。(素敵な名前。)

浄明寺からわざわざ頻繁に足を運ぶというのだから、これはさぞや・・・と期待して足を運んだ。

人気のネギ味噌ラーメン一口食べて、納得。

表現力が乏しすぎる上にグルメでもないもんで、うまいこと伝えられないけど、突筆すべきはスープなのだ。

ここからみんなによ~~く聞いてもらいたい。(みんなって誰よね)

ほんのり甘い。白味噌だと思うんだがコクがしっかり、なのにサッパリ。

ニンニクも控えめ、飲み干したくなるほど癖になる。

飲んだことない!こんな味噌スープ!自分の歴史上No.1の味噌スープ!

「こんな旨いものがこの世にあるわけがねえ。違えねえ。こいつはまるで極楽の味だ!(by みおつくし料理帖)」と思わず立ち上がってしまいそう。

しませんでしたけど。ここまでで感動が伝わったか心配。勿体ぶった割に全くもって大したこと書いてないし。


c0221792_15411679.jpg



駅からすぐそばなのに、隠れ家的なロケーションがまたいいね。

<余談>

他にもオススメされたラーメン屋さんがあるのだけれど、頑固オヤジのルールに従わないと怒られる、と聞いたので「あ、じゃあいいや。」とあっさり断念。

「写真を撮ってはならない。」「髪の長い女性はゴムで縛ること。」

「お店の人がオーダーを取るまで”すいませ~ん”などと声をかけたりせず、じっと静かに待つべし。」「私語厳禁。ひたすらじっと静かに食すこと。」

などなど口うるさく要求する店って、どんなに名店と聞いてもビクビクしちゃって食べた気にならないのよね。

味わうより、「親父の機嫌を損ねずにここを出ねば。」ってことが優先になっちゃうじゃんね。

あと、待ってる人が壁側にズラリと並んでる中、カウンターで黙々と啜るようなラーメン屋も苦手。

なんとなく刑務所とか軍隊を連想する&鼻噛んでる後ろに人が立ってると思うあの居心地の悪さよ。

美味しいものは幸せ気分で、寛ぎながら頂きたい。


<静雨庵>
鎌倉市御成町10-17
電話番号:0467-25-3671
営業時間:11:00~14:30(売り切れ次第閉店)
定休日:日曜日
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-21 20:31 | 鎌倉飯

La Cocina de Gen

由比ガ浜通りに素敵なイタリアン・スペイン料理屋さんが出来た。
La Cocina de Gen」。
オープンしたのは、確か年末だったけれど。
「美味しいって既に評判みたいですよ。」と教えて頂き、1ヶ月くらい前の事だけれど、行ってみた。

お店に入ると、真っ先に目に飛び込んでくる薪釜。カウンターに美味しそうなタパスが並ぶ。
オムレツ~~~!美味しそう!!

c0221792_151465.jpgc0221792_1512038.jpg



ここはカウンター周りはスタンディング形式で、奥に2つくらいテーブル席がある。
予約のない人は、カウンターとなるみたいだ。この奥のスペースが、またぐっと雰囲気が変わって
古民家のように落ち着いた空間。

c0221792_1515335.jpgc0221792_1515921.jpg



しらすと韓国のりのピザ。もっちもちでノリのしょっぱさとしらすの香りが相性良くて、やばい止まらぬ。
タパスは300円からとお手軽。シンプルだけれどどれも美味しい。
野菜は勿論、鎌倉野菜とのこと。

ただ、パスタが食べたかった家人は、メニューになくてそこだけちょっとガッカリしていた。
ランチメニューにはないが、夜ならあります、ってお店の方仰っていたっけ?(日が経ったから忘れちゃったが。)
「あの店で磯海苔のパスタ作って欲しい。なんなら磯海苔持参するから。絶対うまいよ!」と情熱的に語ってたけど、確かに!!
(こういう時は”自分じゃリクエスト出来ないからあなたからお店の人に言ってみてよ”って意味なんだが、スルー)。


c0221792_1521187.jpg



元はお魚屋さんだったのを店舗改装したため、タイルや天井、この鏡はその名残り。
魚文商店て、創業70年以上、その昔は地元のお屋敷御用達の名店だったんだそうだ。
現在は閉店してしまっているけれど。それが改装されて、がらりと様相は変わっても、
刻んだ歴史がところどころに残されているのはいいものだな。ずっとこのままでありますように。

帰り際にお店の方が、「今からお散歩ですか?行ってらっしゃい!」とお店の外まで出て見送ってくれて、
なんだかこういう小さなところで嬉しくなる。

c0221792_1522619.jpg



今度は夜にも行ってみたいんだが、、、。
つっくづく思うが、スタンディングの店って下戸と行くとこじゃないね!
今回も、家人が片っ端からパクパク食べて、「あ~美味しかった、ご馳走様!じゃあ、行こうか!?」。

立ち食い蕎麦か!

「回転率を上げてくれてありがたいで賞」はお店からもらえるかもだけど。
というわけで、「このお店行ってみたい~」って思ったそこのアナタ、夜の一杯に付き合わせるからね。笑。

考えてみると、観光、散策って意外に時間がかかるもの。
あちこち歩いて、小腹がすいた~ってな時に、ぶらりと立ち寄って軽くお腹を満たすのにもちょうどいいかも。
[PR]
by morningsun71 | 2013-03-27 23:02 | 鎌倉飯

OXYMORON

c0221792_17143369.jpg



美味しい美味しいカレー屋さんを発見。

小町通り沿いをほんの少しだけ脇道に入ったところにあるOXYMORON。

c0221792_1716990.jpgc0221792_17171940.jpg



エスニックそぼろカレー(左)と、キーマカレー(右)。

エスニックの方は、パクチー・ネギ・三つ葉がふんだんに使われていて、しっかりアジアンテイスト。
香菜好きにはたまらない。気合満々でまぜまぜ、ワシャワシャと頂く。

甘口、中辛、大辛、激辛、激激辛・・・だったかな?の5段階から選べるのも嬉しい。

センスのいい食器や雑貨が店頭に並んでいるのも素敵。

小町通り、という場所が場所だけに並ぶけれど、『暮らしの手帖』が山積みしてあるので
暇つぶしには全く問題ないですわよ奥様!!

いつも同じ店ばかり行きたがる家人のお尻を叩いて、新規開拓してみて正解。

OXYMORON
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
TEL: 0467-73-8626
11:00-18:00 ( 17:30LO)
水曜定休
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-19 00:17 | 鎌倉飯

ローカル色

腰越の一風堂に初めて行ってみた。

c0221792_1759197.jpgc0221792_17591248.jpg



待合室が独特で面白い・・・海側に面したガラス張りの部屋にベンチがずらりと並ぶ。

c0221792_1804725.jpg



BGMはサザンオンリー。

ここって、湘南SEASIDE店という店舗名なんだ。だからか~なるほどね~。ふぅむ~。
などと3秒くらい考えた後すぐに豚骨スープに夢中に。


土地柄と言えば。

「この町に新しく住み着いた方々でも、ファッションやら雰囲気やらが地元に染まっていくので、
だんだんと観光客と見分けがつくようになります。面白いものなんですよね~。
だけど、不思議とお宅は未だ地元民ぽくないですね。」

ええ。
蒼い海、輝く太陽、湘南の潮風がこれっぽっちも似合わぬ、青っちろい地味夫婦でございます・・・・・。

*丸眼鏡+革靴で海岸歩いてる人も約一名。
ipadかPCを持ち歩かないと落ち着かない、とPCケース(黒)も几帳面に肩からかけて。
サーファーや美ジョガーに紛れたその姿。
「執筆中の文豪の別荘まで原稿取りに来た昭和の編集者が道に迷って海に出ちゃったよ」風。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-18 20:01 | 鎌倉飯

海菜寺

三連休の初日は稲村ガ崎へ。

「最後から2番目の恋」のロケ地であったレストラン「海菜寺」をcolonが探しだしてくれたのだ。
素晴らしい!!ありがとう!!

駅から徒歩5分程度。
生憎の雨で、すっっごく寒い日ではあったけれど、足取りは軽い。

c0221792_1748093.jpgc0221792_1748898.jpg



千秋さんと和平さんが、上司の不満を炸裂させてストレス発散していたのはこのデッキシートだと思う。

きんと冷えた空気と群青色の穏やかな海。
部屋の中に入ると、一気に体の力が抜ける・・・

c0221792_1748195.jpgc0221792_17482689.jpg



我々がオーダーしたのは、季節の海菜寺ご膳。
メインは、みんなは葉山牛の丼。私は金目鯛。

c0221792_17483676.jpgc0221792_17484354.jpg



測量士補の資格は、果たしてどこまで庭作りに役立っているのかについて。
自衛隊の横須賀観艦式について。→そこから発展して船酔いについて。
ハワイ旅行について。
約1名、自分探しの旅の途中の人物について。笑。
大きな選択を迫られた一家の今後についてなどなど。

笑ったり、うーんとみんなで悩んでみたり、忙しく話題はつきないが。

皆それぞれ、ここらで人生何度目かの節目にさしかかり、
あれこれ未来を模索するお年頃だな、と実感する今日この頃です。

c0221792_17485598.jpgc0221792_1749233.jpg



季節の食材がふんだんに使われた美味しいお料理、
キウイの酸味がさわやかなカクテルワイン、つきない話、ぬくぬくと温かく居心地のいい空間、。

とろりと溶けそうだわこりゃ・・・

誰か家まで連れてってくれませんかね状態。
[PR]
by morningsun71 | 2012-11-27 20:50 | 鎌倉飯

Garden House

c0221792_18343489.jpgc0221792_18344445.jpg



市役所前のスターバックス隣にお洒落なカフェが出来た。
「Garden House」。
先々週の日曜にオープンしたらしい。

Colonと二人で、テラス席でのんびりとお茶。
庭のプランターも後で見てみたい!とcolonが言ってたのに、おしゃべりが白熱し(想定内)
時間がなくなってしまった。せっかく来たのに・・・すまぬ!

帰りがけに、家の形をした可愛い、木製のお香立てと、スティックのお香を買う。
(本宅用として置いてきてしまったので写真はなし。)
うちはまずOne night 、だったっけ?あれ焚いてみたよ~。


------------------------------------------------------------------------------------------

<お土産>

この日、colonがお手製塩麹を可愛くラッピングして、持ってきてくれた。
お恥ずかしながらこれだけブームになっているのに
自分で塩麹使って料理したことが一度もない。

c0221792_9273830.jpg



そんな私の為に、丁寧にレシピまでプリントして同封してくれていた。
どこまで気が利くのあなたってば。助かる!!!!
ハンバーグ、煮物、プチトマトの塩麹漬け、へえー野菜炒めに使っても美味しいんだ。

寒くなってきたから、ここは一つ煮物に使ってみようかな。

colon、ありがとう!!
[PR]
by MORNINGSUN71 | 2012-10-16 18:45 | 鎌倉飯

海開き

♪風はブルー、ブルー、ビーチはホ・ワ・イ・ト♪

しまった!!縦縞のシャツで来ればよかった~!!(ストライプブルーby少年隊)

c0221792_12402972.jpg



まだ開店準備中の店もあるけれど、海の家も続々とオープン。

c0221792_12405852.jpgc0221792_12411787.jpg



海は汚れるし、酔っ払いが増えるし(・・うっ)、暴走族も来るし・・・という意見もあるが
やはり夏=ビーチ=海の家。これがなくては盛り上がらない。

c0221792_12415858.jpgc0221792_12421045.jpg



友達も勿論だが、親とも来れるといいなと思う。自分達だけじゃ絶対来ないだろうから。

c0221792_1244481.jpgc0221792_1245533.jpg



マナーを守ってみんなで気持ちよく楽しみたい。

c0221792_12482215.jpgc0221792_12483648.jpg



滑川交差点から浜に降りてすぐの「GREENROOM CAFE」。
ここはモヒートは勿論、カキ氷が絶品。
フローズンストロベリーと、シャキシャキ氷、それにコンデスミルクのハーモニー。
坊は必ず、リトルタイランドの後ここでデザートと決めている。


先週はB班チームで新宿京王デパートの屋上のビアガーデンへ。
久しぶり!何年ぶりだろう・・ビアガーデン。

しゃべりに夢中で写真忘れたが。。。涼しい風と白ワインで気持ちのいいひと時。

ジトジトを忘れる楽しい行事で梅雨明けを待ちます。
[PR]
by morningsun71 | 2012-07-09 01:18 | 鎌倉飯

鮨好きス~(フーミン)

長谷寺へと続く由比ガ浜通りに「小花寿司」というお寿司屋さんがある。

c0221792_1352660.jpg



女優の故・夏目雅子さんと作家の伊集院静氏が、通いつめていたというアットホームなお店。
お花のクラスから戻って義父&父U二郎とも合流し、みんなでここで夕食。

う~~!!!来てみたかったのよ~~~。念願叶ったわ~~。
お店のご主人と奥様が、仲人をやったと聞いたけれど。
ほうほう、あの方達がきっとそうだね、などと皆でミーハーに話し合う。

伊集院さんの手書きだって。
二人の足跡を辿る様な気分だ。

c0221792_135541.jpgc0221792_1361972.jpg



「しっかしあの伊集院て男だけは許せんな。最初の妻が夏目雅子で、次が篠ひろ子だぜ!?いい女を一人占めしやがって、男の敵だな!許せん!!!」
昔から父はよく鼻の穴広げて言っていた。そういや会社の人も全く同じことを。

世の男性の嫉妬と羨望を一身に集めるモテモテ人生。

c0221792_1364587.jpg



去年だったか、オアゾの丸善で新刊発売の際にサイン会をやっていて、
ご本人をお見かけしたがダンディーでカッコよかった。

夏目雅子さんも、「漢字や物事を凄くよく知っているところが好き」と言っていた、と何かで読んだ。

分かる。知性溢れる男性は魅力的だからな。

c0221792_1372089.jpgc0221792_1373847.jpg




「昔はどんなに二日酔いで朝具合悪くても、昼飯食ったら一発で治っちゃうわけよ。
そんで俺ったら人気ものだからさ~また夕方になると飲みに誘われちゃうわけ。
で、あんなに気持ち悪かったこと忘れてまた行っちゃってさ~。
酔っ払って風呂入らず寝ちゃっても全然OK!え?気持ち悪い?何が気持ち悪いんだよ、朝まで熟睡だよ。
健康的だしエコだろう!?ワハハハハーーー!!」


知性以前に風呂さえスキップしている男。。。父よ、あなたはどう見ても伊集院氏に勝ち目ゼロだ。(悲哀)。

そんでもって酔っ払ってのけぞって大笑いして、ノリノリで隣の義父の肩叩きまくり。

私もよく指摘されるが、こんな姿なのか。遺伝ってどうして余計なところにばかり表れるんだろう?


なにはともあれ、その後は我が家でゆったりみんなで飲んでおしゃべりして、
いい1日だった。

こんな風に両方の親が顔を合わせて食事ができる機会を定期的に作りたいな、と改めて感じた次第。
[PR]
by morningsun71 | 2012-06-02 01:43 | 鎌倉飯