カテゴリ:小話( 35 )

メイク

妹によく「アイメイクくらいしたら?」「マスカラやってるとこ見たことないんだけど。」などと言われるのだが、
確かにほとんどやらない。

無精なのが最大の原因だけど、2番目の理由は上手に出来ないから。
たまに気合入れて励むと昔のサスペンスドラマの登場人物みたいな、古臭い、悪人顔になる。
バタ臭い顔がよりくどくなる。ほとんど色のせてないつもりなのになあ。

c0221792_18111827.jpg



去年の年末、ブラシのセットを購入してみた。道具が変われば少しは腕が上がるかも?

カウンターのお姉さんが、とてもとても丁寧に各々のブラシの使い方を説明しながら、やり方を見せてくれた。

眉ブラシの番になると、「眉毛は顔の心臓と言われているんですね。」と3回言われる。3回。

余程目に余るのですね、私の眉毛。確かに彼女のと見比べるとひどさが際立つな。
思うにこれはきっと絵心のなさゆえね。(言い訳)。

「これが、チーク用ですよね?」「いえ、これはファンデーション用です。リキッドをこうやって伸ばします。」
「え!リキッドファンデーションをブラシで!!???(驚)」

「この細いの、なんでしたっけ。」「これは目の際、アイラインの前に使います。」

ブラシ一本一本に、「まぶた全体用」とか、「目の際用」とか、大きく書いといてーーーーーーー!!!

お姉さんによる出来上がりはすごいもので、ケバくなく、でもほのかに主張された目元が演出される。
さすがだなあ・・・・
「よぉし!明日からは自力で!」と上機嫌で帰ったのだが、案の定その後1ヶ月、袋から出しもせず放置。

先週から使ってみたのだけれど、伝授された技がすっかり頭から抜け落ちてしまい、結局再び火サス。
再挑戦した翌日はチークと眉毛の範囲が広がりすぎてイモトみたいな仕上がりに。

この年にしてまともな化粧法を習得していない、そんな私の為に、使い方と注意書きが共に彫られたブラシが開発されて欲しい。
(「眉尻にかけて先端を立てて使う。※立てないと一気に極太眉。注意!」など。)
紙で渡されてもすぐなくす & どうせ読まないから。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-07 22:58 | 小話

お見合い大作戦

もてもてナインティンナイン。火曜午後7時スタート。
この「お見合い大作戦」に間に合う時間に帰宅できると地味に嬉しい。

嫁不足にあえぐ町村で暮らす独身男性のために一般女性を公募しお見合いをさせる企画。

「沼島の春」を思い出すなあ・・・

c0221792_12541587.jpg



うちの母がとにかく好きで、涙流したり、女性に不誠実な男性に激怒したり、
カップル成立の瞬間盛大に拍手したり、やたら参加者に肩入れしてるのを見て
「他人事になぜそこまで。」と当時は思っていたが、今、私がその道をしっかり継承している。

今週は、坊が奇跡的に早く帰宅出来たので、途中から一緒に鑑賞。

私が前からずっと気になっていたこと。
それは、女性が気に入った男性のお宅を訪れる、「お宅訪問」。

「これさ、誰も来ないと本当に可哀想なんだよ!
一人暮らしで自分だけ待ちぼうけならまだいいよ?
'沼島の春' の時あったんだよ、ご馳走がズラっと並んだお膳を前に年老いたお母さんと息子がぽつん、と悲しそうな顔をして・・・・
胸が痛くて見ていられないよ。男性側は少人数のチーム編成にして、代表の家でおもてなしして、その後全員で(他の人の家を)ツアーしたらいいのに!」

「うちの場合も、母が張り切って色々作るんだろうな。父も浮かれてウロウロしたりして。
でも、誰も来ない。オイラのとこにはきっと誰も来ないよ。(暗い微笑)。」

「・・・・・・だ・・・・・・大丈夫だよ。私が行くよ。一人で盛り上げるよ。(訪問は自分一人と決め付け)

「・・・ありがとう。(暗い微笑)。」

「うちの親、そういえば私に ' あんたなんかフリータイムで人一倍飲んでしゃべりまくって
ハイな割に、告白タイムで誰も来なくてふて腐れてる姿がカメラに写っちゃうタイプね。' と言っていた。」

「わはは!(そうだね、という表情)

というわけで、どうもうまくいかなそうな人にばかり親近感もって肩入れ、一喜一憂してしまう我々だ。
告白タイムの時なんか息を飲んじゃう。

そうそう、葉書と切手も用意しなくては。(お宅訪問システムについて番組へのご意見投書のため。)
[PR]
by morningsun71 | 2012-11-29 07:50 | 小話

まだやってます。

頼まれてもいないのに身内の似顔絵を続々と。
我ながらよく飽きないもんだ。

父&母
c0221792_11164416.jpgc0221792_11165234.jpg


義父&義母
c0221792_14315318.jpgc0221792_14343532.jpg


坊&私
c0221792_1117533.jpgc0221792_11171727.jpg


Pッキー&妹
c0221792_11192458.jpgc0221792_11174654.jpg


<番外編>
若かりし頃祖母にそそのかされパーマネントを当てて大失敗した時の父(大仏じゃありませんよ)
c0221792_11181088.jpg


クレラップ
c0221792_11182481.jpg



だからなんだって感じですが。まあ、懲りずにまだやってるんです。
夫が体調不良の中出張だっつーのに私ときたら。
[PR]
by morningsun71 | 2012-10-30 19:30 | 小話

結構うまく出来たと満足

c0221792_17503827.jpg



坊の似顔絵。

ビオレママ顔メーカーなるもので作成。
作りながらウケるからやってみて、と教えてもらいましたが、ホントに一人でPCを前にニヤニヤ笑いましたがな。
ていうか、これそのまんま昇太じゃん。
そういや愛用のこのボールペンを見られて、「そこまで旦那のこと好きなの?」って聞かれたことあったな。

c0221792_19113347.jpg


お店で偶然見つけて買い求めただけで、特に深い意味はなかったのだが。

身近な方を思い浮かべながら、是非お試し下さい。


<余談>
・・・巨人好調じゃん!!!(3回表現在 巨3- 中0)
私が観戦した日もこういう試合をしてもらいたかったものだよ!
[PR]
by morningsun71 | 2012-10-22 19:15 | 小話

おかみさん、誤解ですよ

仲通りの「ベンチアートin丸の内」も来週いっぱいで終わり。
完成した東京駅の駅舎と共に、見物人に囲まれている。
私も、おNEW携帯カメラで初撮影。練習だ。
しばしの間、写真を撮る順番待ち。

c0221792_1637448.jpg




この人の奥さん、竹内結子って女優よね、なのに浮気したのよね、とか、
ところでうちの主人は竹内結子のファンだから毎晩高いプレミアムモルツ飲むもんでやんなっちゃう、とか
なんであんな清楚な奥さんが家で待ってるのによその女に目が行くのかしら分かんないわねえとか、
歌舞伎一家ですもの女遊びは芸の肥やしって理屈がまだまかり通ってるのよしょうがないわよアナタとか
盛り上がった挙句、最後は「まあでも役者としては一流で大したもの。将来に期待!」と締めくくってる奥様グループにらくらくフォンでの写真撮影を頼まれる。

この像、小栗旬さんなんですけれどもね。どこをどう見たら獅堂になるんだ。

More
[PR]
by morningsun71 | 2012-10-05 19:00 | 小話

ノーキャッシュ

今朝、坊が「ねえ、500円貸して。今小銭しかなかった。」


まただ。いつもギリギリの現金しか持ち歩かないので、足りなくなったんだな。
(銀行やATMで最低限の分しかおろさない)。
気づけば財布に数百円しか入ってなかった(しかもそのままずっと過ごしてる)というのも珍しくない。
500円貸してって、小学生か!!

「だから、いつも言ってるけど何かあった時に困るでしょう。災害があった時にどうすんの~?
財布の別ポケットに非常時用のお金入れとけ、ってこれもう何っっ回も言ってるんですけど~!」

周りを見ても、結構男性に多い。財布の中はほとんどカードだけって人。
「I have no cash.」 上司の口癖でもある。
確かにカードで何でも事足りちゃう毎日だけど、手元に現金がないと不安な昭和人間から見ると
心配になる。

というわけで朝からついお小言。
垂れ目&垂れ眉をさらに垂れ下げて黙ってる坊の姿。

この顔を見た瞬間、頭にいつも流れるイントロ。

♪ デーデケデー、デーデデケデー デーデケデー デーデデケデー♪
そして言いたい事も言えないこんな世の中は毒と訴えられている気分に。
彼の場合、言い返せない原因は世の中ではなく性格なんだけど。(え?ってもしかしてあたし?)


反省反省。こうるさく説教するより自分が動くのが一番。

お金はお守りと称してどっかに縫い付けてあげよう。
Always3丁目の夕日で一平ちゃんがお母さんにしてもらってたように。




<<おまけ>>
~南禅寺にて~お釈迦様をおずおずと覗き込む。
c0221792_1654323.jpg


どこでも遠慮がち。
[PR]
by morningsun71 | 2012-09-20 22:52 | 小話

仲良し

両腕に同時に抱えてむぎゅ~~むぎゅぎゅ~!めちゃくちゃにしたくなっちゃう~~~~~!!!という衝動を駆り立てられる一人と一匹。


c0221792_103513100.jpg



どうにもこうにもたまらん。一体どうしたらいいのでしょう。この気持ち。


『子供が生まれたら犬を飼いなさい。
子供が赤ん坊の時、子供の良き守り手となるでしょう。
子供が幼年期の時、子供の良き遊び相手となるでしょう。
子供が少年期の時、子供の良き理解者となるでしょう。
そして子供が大きくなった時、自らの死をもって子供に命の尊さを教えるでしょう。』(イギリスの諺)
[PR]
by morningsun71 | 2012-08-10 06:35 | 小話

すごいよね?

こんなシステムが回転寿司業界に導入されていたなんて知らなかった!いつの間に・・・
いつも同じところばっかり行ってないで、たまには新規開拓するべきなんだ。ひしひし感じた。


リクエストしたいものがあればタッチパネルでオーダー。
ここまではチェーンの居酒屋と同じだ。で、寿司は店員さんが持ってきてくれるのだと思っていた。

それにしてもサイドの赤いボタンは何なんだろうと思っていた。

c0221792_17231812.jpg



サーーーッと先ほどオーダーした寿司が流れてきて我々の前でピタッと止まった!!
え~~すごい!!!

で、お寿司を取って赤ボタンを押すと・・・

c0221792_17253060.jpg



ピヨーーンッと勢いよくこのトレイが厨房に戻っていく!!

c0221792_1824100.jpg



ワタシ本当に感動しましたわ。前からあったんだろうか。進化ですなー。

面白くて、ついオーダーしすぎてしまうのがツライところ。
減量頑張っているのにーー。効果出てない苛立ちも手伝ってまた食べ過ぎてしまう。

若くないから~明日が~こわい~(「想い出迷子」byチョー・ヨンピル)。

<余談>

友人よりメール。某オリンピック柔道選手が、自社から出場するので応援してね!
なんとワタシ、会社で席が隣りなのよーーー!と。

そりゃ~すごい!005.gifお隣さんがこんな大きな舞台で健闘している姿を見たら、それだけで涙がこみ上げてしまいそうだ。そりゃ、周りにも宣伝しちゃうよね。
全然知らない選手だったのに、私までつい感情移入して応援。めでたく、メダルを獲得!!

やったねえ~!とメールが飛び交う中で、
「会社の激励会にマスコミが来るかと思って、一張羅の可愛い服着ていったのに来なかった」。

・・・そんなとこにまで気を配っていたのか。
[PR]
by morningsun71 | 2012-08-02 20:00 | 小話

グリーンゲイブルス

これで分かりましたね?
仮住まいをグリーンゲイブルスと呼ぶ所以が。

(入居前に撮りました)。
c0221792_0364798.jpg



洗面台もこれと同じ調子です。

(入居後に撮りました)。
c0221792_1321453.jpg



「なんでこの色・・・」と思ったのも昔のこと。(といってもつい先月だけど)。

最近は目が慣れた。どころかグリーンを置いて色合わせバッチリ?などと
ちょっと嬉しくなったりしている。まずい。
[PR]
by morningsun71 | 2012-07-13 01:22 | 小話

インド最強説

「インドには勝てる気がしない・・・面白く発展している軍事パレードの写真いろいろ」
(写真、文共にらばQより引用)

c0221792_1224662.jpg



諸外国への軍事力のアピールや士気を上げるための軍事パレード。
アメリカ、ロシア、中国などは純粋に軍事力を見せつけることが多いですが、インドでは一味違ったアピールも含まれるようです。
パレードの模様をご覧ください。


c0221792_123793.jpg



毎年1月26日は、インドの共和国記念日“India Republic Day”。

1950年のインド憲法が発布されたことを記念する日で、インド陸軍が首都ニューデリーで盛大に軍事パレードを行うそうです。

その中でも一際異彩を放っているのは、“Daredevils”と呼ばれる国境警備隊。
バイクに乗った集団なのですが……。


c0221792_1235492.jpg


これは!?




c0221792_1252910.jpg


飛んでるというか、ぶっ飛んでます。



c0221792_1261234.jpg


さらに成長してます。



c0221792_1264935.jpg


色まで付いた。



c0221792_1271674.jpg


バイクってこんな乗り物だっけ。



c0221792_1275012.jpg


まるで勝てる気がしない……。

もちろん普通の軍備によるパレードもあるようですが、
なんと言ってもこのバイク・パフォーマンスに目が行くのを止められません。



c0221792_12101131.jpg


こちらは火の輪を潜るアクロバット。

さすがはインドと言うべきでしょうか、斜め上に発展しています。これも一つの軍事力には違いありません。



<余談>
昨夜はエライ方との会食だった。
その方が「ビジネスをしていて ”お、この人は”と思うのは、仕事とは関係のない、
芸術・美術や自然についての知識が豊富である人。草木の名前、昆虫の名前、美術品、芸術家の人生・背景についてよく知っている。
心が豊かなこういう人は成功するね。」と仰っていた。

挙げられた分野、何一つ知識がない私はあちこちで恥を振りまいているが
この方にお会いする度に未知なる世界のお話が聞けてとても楽しい。

とはいえ、全力で興味が持てる対象はやはりこの手(バイクショー@インディア)の話題・・思えば悲しいサガなのであった。

[PR]
by morningsun71 | 2012-07-12 12:29 | 小話