<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マクロビ料理教室 ~鎌倉野菜~

若宮大路沿いの「鎌倉市農協連合即売所」(地元の人の間では’鎌倉レンバイ’と呼ばれているそう)。
農家から毎日トラックで運ばれてくる新鮮野菜がそのまま販売されていて、近隣のレストランのシェフのみならず、都内からも買い付けに来るほどの人気らしい。おかげでお昼にはほとんど売り切れ状態とか。

c0221792_0174946.jpg


ここで野菜を調達してから、スタジオへ移動して料理、試食するマクロビオティック料理教室をローカルのフリーペーパーで見つけて参加してみた。単発で参加出来るのと、市場で野菜選びまで出来るのは面白そうだなと思い。

10時20分、レンバイ前に集合。

c0221792_020611.jpg


見たこともない西洋野菜がたくさん。しかもお値段御手頃。「これはどうやって食べるんですか?」質問すると親切にあれこれ教えてくれる。ラディッシュなんて100円・・・嬉々として自宅用にもいくつか買ってみる。

今回の参加者の中には大宮から湘南ライナーでやってきた女性も。マクロビ勉強中で、いつかは料理教室を開きたいのだそう。合宿にまで行っていたそうで、本格的。他にも看護婦さんなど、食のエキスパートばかりらしい様子に、あたしってば来るとこ間違えたかも。足引っ張らないかしらんと?と微妙に不安に。

5分程度歩いた住宅街にあるとっても綺麗でお洒落な(夜のヒット)スタジオヘ移動。

c0221792_027254.jpg

こんな野菜を見るだけでテンションがあがるね。

本日のメニューは
*大豆ミートの唐揚げ
*ひじきと鎌倉野菜のシーザードレッシング
*甘い野菜スープ
*玄米ご飯

c0221792_0283883.jpg


大豆ミートの唐揚げは、肉の代わりに「植物性たんぱく食品」という商品名の大豆たんぱくを使用。
乾燥しまくった丸ごと生姜みたいなのが袋にごろごろ入ってるやつ。
なんだこれ・・・初めて見たよ。これを水でもどして、漬け汁に一晩漬けるそうだ。

「ああ、たんぱくを戻す時に何度か水取り替えて絞りを数回で行うんですね!前回、1回しかしなかったので臭みが取れなかったのはそのせいか~」
「あ~玄米酢、Everhatだ!うちでも愛用しているのでそうかなと思いました。酸味が強くないので安心で」
「発芽玄米を圧力釜で炊く時に粘りを出すコツがありますけど、普通の玄米の場合はどうでしょう。」
「今年は梅干しを自家製にしようと思っています。上ばみ液で梅酢を作りたくて。」

・・・・・・なんか、皆皆さまの質問&発言のレベルが異常に高いんスけど。

玄米と発芽玄米の違いも知らなきゃ大豆たんぱくなる物体の存在も今日初めて知り、梅酢と言われても「まことちゃんハウス?(楳図かずお)-心の声」としか反応出来ない私、とりあえずエヘラエヘラと笑っとく事にする。

「何か分からないことありますか?」と先生にふられて苦し紛れに絞り出した唯一の質問は「これ(大豆たんぱく)普通のスーパーで売ってるんスか。」

スーパーだとなかなかなく、自然派食品店にあるそうだ。知らなかったのは勿論私だけだった048.gif

・・・・・出来た~~~~!!!完成!!!って私はキャベツの千切り+盛り付け以外何もしてないけどね。笑。

c0221792_0563858.jpg


キッチンの隣は広い和室。ちゃぶ台を囲むご飯。
c0221792_0525094.jpg


お肉としか思えない柔らかい唐揚げ。野菜の旨みだけで味が出ているスープ。サラダのドレッシングは豆腐ベース。うわおー美味しい~

c0221792_15266.jpg

デザートに先生の手作りの杏仁豆腐ムース。トップには白いんげんと苺のペーストが。優しい味。

調理中は質問もなく(正しくは’出来ず’)神妙な顔してたくせに誰よりも早く食べ終わってる私。みんな食べるのなんでそんなに遅いのかしら・・・と思ったらマクロビ精神でよく噛んでると・・・・。しまった~~~!そうだったのか!!!みんなが食べ終わるの待つのに黒豆茶3杯も飲んじゃったよ。

何はともあれ、なんか料理教室って新鮮で楽しかった。参加者の人たちの話を聞いていて食を見直す気持ちにもなれたし。また参加してみよう。美味しく食べて、胃ももたれずに、なんか自然派メニューっていいな♪



・・・・・・・・・と心も体も軽く後にしたのに、夕食はガッツリ肉・・・・・・・

c0221792_1161061.jpg


小町通りの「Mother's of Kamakura」。鉄板でジュージューに焼けるいい匂い・・・・
滴り落ちる肉汁・・・・・
無我夢中でがっついた。(またしてもよく噛むの忘れた)。
ダメだこりゃ。byチョーさん。

c0221792_1195625.jpg

大仏様の絵皿に思わず笑みが。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-28 00:17 | 鎌倉飯

麻心 鎌倉野菜

金曜の夜はCちゃん、Mと3人でサングリアが美味しいCOOPERSへ。
ショッピング帰りだった二人。裏原系寄りヤングなファッションの二人と、「勤め人」なナリの私。まったくもってチグハグな格好でギャハギャハ騒いでるのだから、考えてみたらちょっと異様だ。(笑)
このメンバーで会社のそばで飲んでるってなんだか不思議。面白かった~!Cちゃん、Mよ、笑い疲れの快感をありがとう^ ^!

今日は午後から鎌倉へ。久々に澄み渡った青空の週末。日差しも暖かくて気持ちいい!ああ、いつもこうであって欲しい!

体に優しいオーガニック野菜が食べたくてランチは134号沿いの「麻心」へ。(COCOMOの隣)。

c0221792_083814.jpg
c0221792_085187.jpg

流木使ったインテリアって木のぬくもりを感じて心地いいし素敵だ。
そしてアラジンストーブ・・・憧れ・・・いいよなあ、rauwolfんち・・・(指先のの字のの字)
c0221792_0103799.jpg


*本日のランチ- ベジタブルプレート 豆腐のステーキ。
「うちごはんでも、こうやって大きなプレートの上に小さい小鉢をちょこちょこ載せたら見栄えもいいんだよねえ」と言ってみたが、燃費の悪さが外車レベルの人間しかいない我が家では無理だねと即座に結論が出る。

c0221792_013253.jpg


*お魚プレート(私)- 本日は銀ダラ。野菜のみならず茎ワカメも地のものだそう。ああ、野菜の旨み。お味噌汁ってよそで頂くとなぜこんなに美味しいんだ。
c0221792_0143769.jpg


*アンチョビガーリックのフライドポテト 絶品。
c0221792_0201243.jpg


*自家製ピクルス - 自宅で酢のものを滅多に作っていない事に気づく。黒酢もずっと放置したまま。使わなきゃ・・・ちゅーかあれ何に使うつもりで買ったんだろう。
c0221792_0204230.jpg


*デザートのイチゴのタルト&豆乳チーズケーキ。私がトイレ行ってる間に坊ちゃま、写真撮っといてくれたのだね。さんきゅー。
c0221792_0264818.jpg

c0221792_0274099.jpg


食事後はマッサージへ行く坊と分かれて私は長谷を散歩。
御霊神社
c0221792_0295415.jpg

ほんの少し咲いていた紅白の梅のコントラスト。
c0221792_032321.jpg

粋な手ぬぐい屋を発見。引き戸の日本家屋でいかにもな佇まい。
入口では鎌倉野菜を無人販売。泥がついていて新鮮そのものといった感じ。
袋を持参しなくてはいけないようなので、今回は断念。エコバック持参で絶対また来よう。
c0221792_0353184.jpg


都心から離れるととてもスローな時間が流れていると感じる。
移動に時間をかけても自然に触れてゆったり過ごす時間は田舎育ちの私にはやはり心地いいもの。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-21 00:21 | 鎌倉飯

感動

今日はすっかりこのニュースに感動。

夢がかなった瞬間、祖父の目には感激の涙が流れた。バンクーバー五輪のフィギュアスケート男子シングル・小塚崇彦選手(20)=トヨタ自動車=の祖父光彦さん(94)は17日、名古屋市天白区の高齢者介護施設で、孫のショートプログラム(SP)の滑りをテレビ観戦した。目を見開き、固く結んだ手。時折うんうんとうなずく光彦さん。テレビ画面の向こう、五輪の大舞台で舞う崇彦選手は、懸命の応援に応えるようにSP8位で折り返した。

光彦さんは戦前、旧満州(現中国東北部)でカメラマンの傍らフィギュアスケート選手として活躍。戦後は愛知県スケート連盟設立にもかかわり、現在の愛知県フィギュア界隆盛の土台を作った。満州時代から「子や孫が五輪に出てくれるのが夢」だったという。

~中略~

練習の滑りを画面で見て「まだまだだなあ」と辛口の批評。それでも演技が始まると、食い入るように画面を見つめ、思わず眼鏡を外して、ハンカチで目頭を押さえた。


3代に渡る夢を叶えた小塚君、なんというおじいちゃん孝行なのだ。
孫にプレゼントされた日本チームのベストを着て応援する光彦さんの姿に思わず私も瓶底眼鏡を外してハンカチで目頭を押さえるのであった。・・
オリンピック、色んなドラマがあります。

----------------------読書日記----------------------------------------------------------------------------

c0221792_2259471.jpg


*歳三からの手紙(北原亜以子)- 年末に五稜郭で購入した一冊。(ミーハー)。歴史オンチぶりが日本人としてあるまじきレベルの私が新撰組に今さらようやく魅了されている今日この頃。すっかり感情移入!次は山南敬助ものを読んでみよう。

*三四郎はそれから門を出た(三浦しをん)-活字中毒の著者の書評エッセイ。群よう子の「生きる読書」、千葉敦子の「ななめ読み日記」、経沢香保子の「夢を叶える読書術」などこの手の読書ノート的な本は大好きである・・・。面白そうな本を見つけるきっかけになるので。小池百合子の「コンセプトノート」もそのうちの一冊。楽しみ。

----------------------本日の晩御飯------------------------------------------------------------------------

c0221792_2115534.jpg


*あさりと三つ葉のお味噌汁
*人参の卵炒め
*ほうれん草のごま和え
*かぶと挽肉のあんかけ- 蒸篭で蒸したかぶに、挽肉とパプリカのあんかけをかけるだけ。味付けはお酒、塩コショウと少しの醤油だけ。とっても簡単、そしてカブが甘い!!!

[PR]
by morningsun71 | 2010-02-16 22:46 | 読書

ヘアカット

週末、どうしても髪が切りたくなり、かといって雨の中いつもの美容院まで電車に乗ってまで出かけるのが億劫だったので家から徒歩1分の美容院に初めて行ってみた。

アポなし飛び込みで、突発的に入ったところだったのだけど、これがなんとまあ大正解。

カウンセリングは丁寧だし、技術も大満足!理想通りの頭に仕上がったではあ~りませんか。byチャーリー浜。
なのに料金はいつもの半額近く。

「髪型いいね!」とお世辞にしては結構熱心な口調で言ってもらえたので(2名のみだが。そして前回が鬼太郎だったからかもしれないが。)あの西川貴教似の店長さんの腕は確かであるのは間違いあるまい。
こんなことってあるんだ。お気に入りの美容院がこんな近くに見つかるとはラッキーだ。次回はヘッドスパに行ってみよう。

それにしても美容院で普段読まない類の雑誌を読んで初めて知る言葉は多い。

・イケダン⇒イケてる旦那さん
・DINKS⇒Double Income No kids の略。共稼ぎで子供のいない夫婦のこと。
・カオリスタ⇒植物やその香りを楽しみ自然や環境を慈しむ人。
・森ガール⇒フワフワっとした森にいそうな女の子。代表格:宮崎あおい、蒼井優。
・沼ガール⇒森ガールを目指すもなりきれないイマイチ垢ぬけない女の子。

へえ、へえ・・・・

本日の晩御飯

c0221792_21191533.jpg


*ブロッコリーと海老の中華あんかけ煮- 簡単で好きな味!シチューを煮込んでる上で蒸篭で蒸したブロッコリー。イカも入れてみた。我が家はイカの出番が多い。
*コーンクリームシチュー。

明日はジムに行く予定なので、この献立で坊にはもう一日生き延びてもらいます。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-15 21:18 | 自宅飯

ポルトガルおでん(我慢大会)+アフタヌーンティ

11日(木)はA坊、N、みつしと4人で表参道のペローラ・アトランティカへ。
ポルトガルおでん、エビとカニ、ホットワイン、がテラス席にて1時間半飲み放題食べ放題。のプラン。
雪が降るほどの寒さの中でのテラスをなめていた。勿論貸し切り(こんな日にわざわざテラスディナーを申し込む物好きなんかいなかっただろう)。

風がビュービュー吹きすさぶ中、「あのう・・・中じゃ駄目ですよね」と言ってみたが「テラスだからこそこの値段なんです」の一言で却下。あう。
なまじカニなんか出ちゃってるもんだから手袋も出来ず、凍える指先で必死にほぐす。
c0221792_20155132.jpg


Nは頭からフードをかぶって、ファーで顔のほとんどが覆い隠されて顔なんか全然見えない状態。
その姿を見たら南極物語のBGMが頭の中で流れてつい涙ぐむ。(嘘)。

笑うと顔の筋肉が硬直して表情が戻らなくなるわ、出っ歯に冷風が直撃してヒヤッ!ゾゾッ!!となるわで散々な姿になりながらも笑いが(いろんな意味で)止まらず。

c0221792_20153446.jpg
この年になってまさかこんなサバイバル体験@大都会を経験するとは思わなんだ!!

生きるため(暖をとるため)に必死に口に運んだおでんとホットワイン・・・あの美味しさ、忘れないよっっ!!
考えてみたらこの店、私が提案したんだった。みんな、サバイバル体験に付き合ってくれてありがとう(笑)

本日はコンラッド東京にアフタヌーンティーに行った。(坊の中で今アフタヌーンティー攻めがブームなのだ。)
c0221792_20214650.jpg

28Fの窓の外に広がる景色が爽快。ボリュームはペニンシュラより控えめだけど、私はここのサンドイッチが好きだったのでこっちが好みかな。ついでにスパークリングワインが飲めるコースもあり、嬉しかったっス。
が。下戸で紅茶好きの坊からすると、ペニンシュラのお茶が断然勝るのだそう。

c0221792_20282644.jpg


B班同期で泊まりに来たな~~。Iのおかげで、素敵な夜を過ごしたのだった。楽しかったぜ・・・

----------------今週の読書日記--------------------------------------------------------------------------

c0221792_20311561.jpg


*「望郷の道」北方謙三- 上巻を読んでから下巻に手を付けるまで随分時間がかかってしまったが、読み始めたら一気に一晩で読み切った。それくらい夢中になれるほど面白い。
明治の人間てどうしてこうもカッコイイのでしょうかね。
波乱の人生の中、どんな時もブレないまっすぐな信念に惚れ込むのであった。

*「しをんのしおり」三浦しをん-かる~い気分転換に最高の一冊。

c0221792_20363739.jpg

*The missing piece
*The missing piece meet the big O
寝る前に何度か読み返している。
シンプルだけれども深い。絵本って色々考えさせられる。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-14 20:19 | 日常

言葉遊び

本日2月10日は左利きの日だそう。レフト=レ(0)フ(2)ト(10)。
いろんな記念日があるのだな。日本記念日協会に依頼書を提出すれば、個人でも申請が可能らしい。

10月1日は子供のみならず大人も童心に返って玩具を買い楽しむ日→TOY=ト(10)イ(1)
8月18日は自宅の刃物を大事に磨く日→ 刃=ヤ(8)イバ(18)
2月5日はお出かけ休日→ レ(0)ッツ(2)ゴー(5)
8月10日はサプライズ演出でコミュニケーションの円滑化を図る日→ハッ(8)と(10)してGood
3月15日はとにかくハッピーに浮かれまくって過ごす日→サ(3)イコー(15)

とか思いつくまま手当たり次第に応募してみたらひとつくらいは当たりがでるかも!!
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

言葉遊びといえば、楽しみに読んでいるBusiness media誠の「ちきりんの社会派でいこう!」コーナーで以前面白い記事があった。

タイトルは「似て非なるもの」

論理と屁理屈 自分の主張が「論理」。他人の主張が「屁理屈」。

理由と言いわけ 聞かれなければ言わないことが「理由」。聞かれていないのに言わないと気が済まないのが「言いわけ」。

自信と虚勢 何も考えていない人が持つのが「自信」。考えすぎちゃう人がとる態度が「虚勢」。

欲望と欲 欲しいモノを手に入れたいと思うのが「欲望」。要らないモノも手に入れたいと思うのが「欲」。

孤独と孤高 みんなに同情されたい人が訴えるのが「孤独」。みんなに賞賛されたい人が訴えるのが「孤高」。

誠実さ 誠実に見える人は「誠実な人」。誠実だと言い張る人は「不誠実な人」。

才能と適性 本当の理由なのが「才能」。理由として使いたくなるのが「適性」。

努力と才能 才能のない人が信じるのが「努力」。努力できない人が信じるのが「才能」。

お金持ち お金を貯めているのはお金持ちでない人。お金を貯める必要がないのがお金持ち。

家族と家庭 大事だと思うのが「家族」。めんどくせーなと思うのが「家庭」。

人生と生活 余裕のある時に考えるのが「人生」。余裕のない時に考えるのが「生活」。

セクハラとレンアイ 嫌いな人に好かれるのが「セクハラ」。好きな人に好かれるのが「レンアイ」。

結婚指輪 一刻も早く付けたがっているのが「モテ“ない”人」。隙あらば外したがっているのが「モテ“たい”人」。

愛とお金 「愛さえあれば!」と言うのは貧乏人。「愛だけでは生きていけない」とか言うのも貧乏人。お金持ちは愛とお金に関係性があるような語り方はしない。

思い込み 「オレにはこの女しかいない!」と思うのは錯覚。「これくらいの女はいくらでもいる」と思うのは幻想。

思い込み(女性) 「私はこの人がいないと生きていけない」と思うのは錯覚。「この人には私が必要なんだ!」と思うのは幻想。

いい人といい男 部屋に来てもらった時、PCのセットアップをしてくれる人が「いい人」。部屋に来てもらった時、「PCのセットアップをしてあげるよ」と言われても、「そんなことしなくていいのに~」と思えるのが「いい男」。

いい人といい女 どうでもいい場合が「いい人」、どうにかしたい場合が「いい女」。

忙しさ 「忙しくて忙しくて……」と言うのはAさんに誘われた時。「全然、忙しくないよ!」と言うのはBさんに誘われた時。

言える言葉、言えない言葉 自分でも言えるのが「負け組」。自分では決して言いたくないのが「行き遅れ」。

結婚前後 結婚前が「ディナー」。結婚後が「メシ」。

結婚前後パート2 「男なんてちょろい」と思うのが結婚前。「ちょろい男にはそれなりの価値しかない」と分かるのが結婚後。

親バカ 「俺の子どもはすごい!」と思うのは親バカ。「俺がすごいからだな」とまで思うのは単なるバカ。

資格 “ちょっとだけ”自分に自信のない人が取りたがるのが「資格」。“ホントに、心から、全然”自分に自信のない人が、取ろうと思わないのも「資格」。

入社前後 何とか入りたいと思うのが「入社前」。何とか辞めたいと思うのが「入社後」。

企業 もうかっていることを隠したいのが「中小企業」。もうかっていないことを隠したいのが「大企業」。

無知と無能 自分で認められるのが「無知」。自分では決して認めたくないのが「無能」。

理由 「オレは努力でここまで来たのだ!」と言っているのは「運のいい人」。「オレは運が悪かっただけだ」と言っているのは「努力していない人」。

若者の主張 「僕、辞めます」と言うのは「辞めてほしくない人」。「僕、絶対辞めません!」と言うのは「辞めてほしい人。」


・・・・ちゅ~か長っ!!
でもフムフム・・・と納得、ちょっと笑ってしまう事例の数々。


------------------------------------------------------------------------------------------------------

夕ご飯

*ヤムウンセン(タイ風春雨スープ)
*紋甲イカと水菜の卵とじスープ
*鶏のマスタード焼き

c0221792_22165561.jpg

[PR]
by morningsun71 | 2010-02-10 22:15 | 日常

理系クン

薦められて読んでみた・・・
文系女子の目線から彼氏である理系男子の生態系を探った観察日記(漫画)

c0221792_2142456.jpg


①メガネ黒髪(基本的にみんな似てる)
②ITオタク(ビックカメラ大好き)
③専門分野について語りだしたら止まらない
④女性慣れしていない。よって彼女に突拍子もないプレゼントを贈る。
⑤ストイック
⑥ドライ
⑦具体的な会話が得意
⑧抽象的な会話には興味がない
⑨彼女に対してもデータ分析
⑩筋道が立っている要望’だけは’聞いてくれる
⑪メールが事務的
⑫時間に正確
⑬(外出先から)まじめに帰る
⑭なんでも定義づけしたい。

いやはや笑った・・・・!!
⑤以降の条件がすべて当てはまる人物が一人いるやんけ!!
(趣味:マラソン、サイクリング、英会話のスキルアップ/職業:公務員のあのお方・・・!)
途中からTム日記として読んでたもんね。あ、でも⑪が当てはまるかどうかは分からないけど。笑

「メールは基本的にPCから。「お」を出すのに5回もプッシュしなくてはならない携帯メールは通信端末として極めて非効率」って、これ、同じく理系のK姉さんも全く同じこと言ってた!

周りの理系人間を頭に浮かべながら読むとホントに楽しい。いずれにせよ、男女を問わず数字に強い理系脳を持つ人に憧れてしまう著者の気持ち、よーーーく分かる!!

~昨日の晩御飯~
c0221792_0165540.jpg


*節分らしいものは恵方巻きのみ。むろんスーパーで購入。丸かじりせず切ってもうた。
*ごぼうサラダ-きんぴらにしか見えないが、マヨネーズで和えるというひとひねりの工程を経ているのだ。
*前日と同じグリーンサラダ
*大根のオイスター炒め-ひき肉がなかったのでしめじで代用。
*もやし・大根の葉・挽肉・イカの混ぜご飯-コレ二人分ね。一人で食べるんじゃないよ。
*ジャガイモ、人参、キャベツ、オクラのお味噌汁-うっかりオクラを早めに投入してしまった。最後に入れてシャキシャキ感を楽しむつもりが・・・失敗!)

禁酒法@自宅を一時解禁。だって外から帰って寒かったからさ・・・ご褒美に・・・一杯だけ・・と言い訳。^ ^

ほんとはサンキャッチャー作りに出席するつもりだったのに、先着順の抽選で漏れてしまった・・・
(滝川)クリスタルの色まで決めて張り切ってたのに~!
夢、やぶれて。byスーザンボイル。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-04 21:40 | 読書

初雪

ほんのうっすら雪化粧の皇居もなかなかオツなもの。

c0221792_14524259.jpg


お堀を全裸で泳ぐ外国人の逮捕劇もいいけど、やはり心澄み渡るこんな景色がありがたい。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------
*今読んでいる本

タクシー王子、東京を往く「川鍋一朗著」

日本交通の若き3代目社長のドライバー日誌。机上の空論ではなく、現場を知ろう、と周囲の反対を押し切って1ヶ月間、運転手として東京の街に繰り出す日々をつづったもの。

方向音痴で、自らが取り入れたGPS無線に手こずりアタフタ、初めてのお客様に行き先を告げられて、「はい、かしこまりました」と返事をするやいなや頭が真っ白になり行き先を忘れてしまうほどの緊張ぶり。

社長の身分を隠してひたすら真摯に謙虚に一新人として乗務する姿がとても微笑ましく、多種多様なお客様との出会い、やり取りに読みながらゲラゲラ。1900億もの負債を抱える会社を立ち直した若きエリートも現場では四苦八苦。
それでも数字を上げていくのはさすが。

タクシーの運転手さんの一日を知ることができて面白い。

ちなみに、呼びかけても窓の外の冷気を入れても起きてくれない泥酔した乗客の対処法。
「警察へ行って、警官に起こしてもらう。」らしい。
直接触れたら、セクハラだの泥棒だのと言いがかりをつけられる可能性があるからだそう。

へええー

日本交通、応援するぜよ!!(あ、そういやタクシー自粛令を放たれた身分なのだった・・・)

c0221792_2319118.jpg


ところで本日買ったDOMANIに食べすぎは糖尿病やがんなど加齢と関連の深い病気を引き起こす=老化を促進するという記事が。まるで私の為に組まれた記事やんけ。ドマーニ編集部ありがとう。
危機感持つよう心してどっか目につくとこに貼っておこう。


*本日の晩御飯

c0221792_2328596.jpg


-函館でルーを買ってきたスープカレー
-ベビーリーフ、サラダ菜、スプラウト、ジャガイモ、スナップ遠藤くん、トマト、ホワイトアスパラのサラダ
-DOMANIに載っていた 行正りかさんレシピ:鶏スープの大根おろし仕立て (ちょっと塩多くしすぎてしょっぱかった・・。が美味しい。この人のレシピはとても好きっす)

久々に作った人参ドレッシング。
何度リピートしたことか・・・・ただミキサーにかけて混ぜるだけで、野菜もたくさん、栄養たっぷり。

c0221792_23341726.jpg

強気にガンガン入れる。
[PR]
by morningsun71 | 2010-02-02 23:55 | 日常