<   2010年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

アンブリオリス

c0221792_17272883.jpg
大分前、女子飲み会で「スキンケアにはアンブリオリスを愛用してる!」と言った友達がいた。
彼女の肌はとてもキメ細かく、毛穴がない美肌っ子なだけに、その場で「へええ!」とひとしきり話題に。
メイクのプロに愛用者が多いとか。下地に使うと化粧のりが違うらしい。

フランスのブランドだというし、肌が弱い私には無理だろうとその場は聞き流しつつ気になっていたのだがサンプルモニター募集しているのを見つけてこれまた応募&当選。
近頃、私は最高にツイている。by小林聡美嬢。

昨夜お風呂上りと、今朝化粧下地として使ってみたが、ほんとだ、全然べたつかない。
なのに乾かない(これ私には最重要項目)。朝起きてもしっとりしている。
ファンデーションが吸い付く感じがする。

敏感肌なだけに、化粧品を変えるとその日の内に小さな吹き出物がポツポツ発生したりピリピリ刺激を感じたり日焼けしたかのように赤くなったりはしょっちゅうだけど、今のところ全く無問題。

あと2~3日様子を見て、OKなら今後は下地をこれに切り替えてみよう。
マッサージクリームとしても使えるらしいので、これとナノケア併用したらいいかな。

サンプルモニターっていいな。新規開拓のいいきっかけになるとつくづく思う。応募を趣味の一つにしよう(笑)

感謝します!!

アンブリオリス モイスチャークリーム


-おまけ-

c0221792_18113475.jpg

先日、ワイン通のAさん&プリンスOさん(元上司)と3人で行った麹町のエノテカドゥーロ。
Aさんお薦めだけあってとても美味しかったCESCONI。酔っ払って忘れないように携帯で撮影。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-29 22:54 | 日常

読書日記:沼田まほかる

c0221792_1130201.jpg
ドヨドヨと暗いのに続きが気になって気になってやめられない沼田まほかる本。
彼女がその名を知らない鳥たち」を図書館で借りる。

こんなに読むのにエネルギー使った本も久しぶり。

「八年前に別れた黒崎を忘れられない十和子は、淋しさから十五歳上の男・陣治と暮らし始める。下品で、貧相で、地位もお金もない陣治。彼を激しく嫌悪しながらも離れられない十和子。そんな二人の暮らしを刑事の訪問が脅かす。「黒崎が行方不明だ」と知らされた十和子は、陣治が黒崎を殺したのではないかと疑い始めるが…。衝撃の長編ミステリ。-Amazonより- 」

中盤まではちっとも魅了されない登場人物(ていうか主役)に気持ちが重くなるばかりなのになぜか途中で放り出す気になれない。
読んでは落ち込んで他の本に逃避して、気持ちが元気になったらまた戻る。その繰り返し。

なのに残り3分の1くらいのところからもの凄く引き込まれてもどかしい気持ちでページをめくる。
お陰で生姜焼き焦がしてカチカチにしてもうた。すまねえ・・・・・

衝撃のラストでは「うそ」と声が出て思わず涙が・・・・。すっかり打ちのめされる。
苦しいのに圧倒的な感動や余韻が残る凄い本。
もうちょっと有名になってもいいのになあ。。。


しばらくはこの人の本読めないけど(すごく疲労する・・・)、出会ってよかったと思える一冊。

それにしてもこの著者、経歴が主婦、僧侶、そして会社経営とのこと。
作品と同様濃厚な人生。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-29 01:02 | 読書

映画ネタ- 必死剣鳥刺し & ジブリ

ここしばらくほとんど映画館というものに足を運んでいなかったのだが、久々に2週連続で映画を観にいった。
先々週は踊る大捜査線、そして先週末は豊川悦司主演、藤沢周平原作の「必死剣鳥刺し」。
焼き鳥屋のメニューみたいなタイトルだが、鳥刺しとは必死必勝の剣の秘術。


c0221792_10235448.jpg


贅沢を極めた妾(関めぐみ)に骨抜きにされている藩主(村上淳)のおかげで民衆が貧困にあえぎ、みかねて諌めた藩の会計係(みたいな人)が切腹を命じられる。もはや誰も口出しできずビクビクと生きる日々。
怒りに燃えた静かなる剣の名手のヒーロー(トヨエツ)がとうとう妾を殺害。
打ち首覚悟の上だったが意外にも処罰は寛大なものだった。中老(岸部一徳)が藩主を説得してくれたらしい。トヨエツの命の恩人。

一方、従弟である藩主にズケズケ物申せる頼もしい民の味方、しかもナントカ流剣の達人、ご別家の帯屋(吉川晃司)が藩主の命を狙っているらしいと噂が立つ。一徳はトヨエツを呼び出し「今こそ必死剣、鳥刺しでお上の命を守るのだ」・・と命じる。
吉川君は弱き者の味方でいい人。あのお方を斬れと?揺れるトヨエツ。

さあ、どうなる!そして鳥刺しはいつ炸裂するのか!というあらすじ。

終わった後の感想。すごーくよかった。

上司に不満や失望を感じてもけなげに任務に取り組んだり、出世欲と正義感のハザマで揺れたり、組織に裏切られたりする姿はサラリーマンそのものなのかもしれん。だから世の男性の共感を呼ぶのかも、などと思ったり。

c0221792_10473691.jpg

個人的には吉川君のハマリ具合にビックリ。なんと風格ある侍姿。あなたホントにモニカ歌ってた人?



映画といえば現代美術館にて現在「借りぐらしのアリエッティ」のイベントが催されている。
先日、前を通りかかったらすごい人だかりでビックリ。
いつもはほとんどひと気のない美術館なのに・・・(失敬)。
地下鉄の駅にもジブリ映画のパネルが展示されていた。

c0221792_0182084.jpgc0221792_0183739.jpg















c0221792_019102.jpgc0221792_0192633.jpg














1番好きなのは魔女の宅急便。
時代を超えて子供のみならず大人も夢の世界にいざなってくれるジブリ映画はやっぱりすごい。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-27 00:20 | 日常

特に何でもない日常

家のクローゼットを片付けていたら頭にフィットする形の冬物のニットの帽子が出てきた。
これをかぶってしゃもじを手に坊が読書中のリビングに入室。
生憎イブニングドレスの手持ちなどないので、マキシワンピースに着替えて。

ソファに寝そべっている隣に音もなく忍び寄りニコリともせず真顔で「パッパッパパッパッ。パッパッパパッパ。トゥトゥットゥトゥットゥッ。パッパッパパッパッ」と昭和歌謡を振りつきで披露したが、やはり今回もウケなかった。

「全く分からない。なに今の動き??あんなへんな踊り初めてみた。」で終了。

お前はパールライスのCMを知らんのか!!!!まだまだ教育が足りない!手がかかる教え子だ。

参考までに元ネタはこちら。



晩御飯
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-22 21:57 | 日常

日傘

中国人の猛暑対策…フリーハンド「国旗日傘」人気=北京


c0221792_11271028.jpg

-2010年7月22日 9:45amエキサイトニュース-
猛暑が続いている北京で人気なのが、頭にかぶる「国旗日傘」だ。写真は、故宮博物院で売られたもの。見学客が買い求めていた。中国新聞社が報じた。

 これまでにも、頭にかぶる日傘は売られていた。「両手が自由に使えて便利」と評判だったが、この夏は特に、国旗や中国地図の図柄が流行しているという。派手な暖色なので、本人はともかくハタから見ていると、少々、暑苦しい感じもする。







うまいこと考えるもんだな~~。とひたすら感心。

年齢的にさすがに紫外線が気になるので、一応私も出来るだけ日傘を差すように心がけているのだが、折りたたみって面倒臭い!!!
畳んでしまって、駅着いて外出たらまた広げる。面倒過ぎて「近いしもういいや」などとつい横着してしまう。
かといって折りたためないタイプを持ち歩くのも億劫&すぐなくすし・・・。

コンパクトな帽子なら楽。満員電車でもなければかぶりっぱでもいけそうだし(?)。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-22 11:47 | 日常

ほお ずきお君、元気です。でも、鳴らせません。

我が家に季節感をもたらしてくれたほお ずきお君との共同生活。

先週末、一晩留守にして、気になりながら帰宅したらやはりシオシオに萎れてしまっていてガッカリ。
一回に与える水が足りないのも原因だったよう。colonにアドバイスをもらって、それ以来はたっっっぷり水をあげて、場所も移動。直射日光は当たらないが、適度に日当たりがいいところ。
これだけでたったの一日でピン、と葉っぱに張りが出た。帰宅して見違えた姿を見てビックリ!「この子誰の子?(by杉浦幸)」
素晴らしい!

c0221792_2259209.jpgc0221792_2373336.jpg















ほおずきの花ってこんなに小さくて可愛いものなんだねえ。





「植物には軽快な音楽がいい」と聞いたので遠い昔に頂いたジャズのCDなどごそごそと出してきて流してみたり、週末も水やりの為に日帰りで帰宅したり、「今日も暑いよ。頑張ろうねー」と話しかけてみたりちょっと自分が心配。なんだか過保護になりつつある今日この頃。

ずきお君が一夏きちんと元気でいてくれたら大分自信がつくだろう。

ところでにゃんに教わったほおずきの鳴らし方。かなりコツが必要な高度な遊びなのではないか。
なぜかって、何の音もしないのだ。

やり方間違ってるのか、と思いネットで調べてトライしてみたが、駄目。なーぜーだーー!!
もうちょっとたくさん実が色づいたら再度やってみよう。
にゃんに目の前でお手本見せてもらいたいくらい(笑)

何はともあれ、我が家のずきお君、元気にすくすく育っております。
(ちょっと育ちすぎて少々葉っぱを切ってやった方がいいのかと悩み始めたくらい。)
みなさまの愛がほお ずきお君に届いております。ありがとう!

久々今日の晩御飯
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-20 22:59 | 日常

小田原 Forest Adventure

いよいよ梅雨明けしました!3連休の真ん中の日曜、小田原にこの春オープンしたアスレチック施設「Forest Adventure」へ。Aちゃん、Yちゃん、Oさん、Sっしーさん、Iさんの総勢6名で大人の遠足。
アスレチック。子供の頃、時々家族で行って1日存分に遊んでも物足りないくらい大好きだった。
今回、もう楽しみで楽しみで仕方がなかったのだ。子供の頃の興奮を思い出す。

c0221792_23544535.jpgc0221792_23542585.jpg















インストラクターが同行してくれるわけではなく自分たちだけで行うので、初めにきっちりと講習を受ける。
ハーネスの取り付け方など超真剣に。神妙にしっかりと頭の中で復習しながら、いざ!!
c0221792_23564626.jpgc0221792_2357441.jpg















実は結構な高さがある。高所恐怖症の人には厳しいかも。うちの美保子ちゃん問題外。
ユラユラ揺れるリングやロープを渡って、そのままロープにぶら下がったままネットにダイブ、など。
c0221792_23581516.jpgc0221792_23584351.jpg














「ア~アア~~」とターザンのように斜面を滑り降りるのは最高に楽しい。
そうかと思えば鶏が首絞められたようなものすごい悲鳴が聞こえて思わずぎょっとして顔を上げたらSっしーさんがすごい体制でネットにしがみついている。(下:写真右)必死になりすぎてネットに足が絡んで「ッギャアアアーー!!!」ともがいている姿に笑い止まらず。ギャハハハハハハハハーーーーー!!!やめてーーーー!!と人のことは大笑いしていたが、ロープにつかまってえいっ!とジャンプ、ネットに飛び移るこれ、一瞬ぎょっとするくらい怖いのだ。離陸(?)ダイブする場所と着地点のネットの距離が意外にあって。「笑ってごめん!!」と謝りながら、思い出してまた笑う。笑
c0221792_013894.jpgc0221792_021776.jpg














さっさと無言で次々とこなしちゃう冷静沈着なOさん、Yちゃんと、いちいち悲鳴上げて流れをとめちゃうAちゃん、Sっしーさん、Iさん。特にSっしーさん&Aちゃんペアはターザン下降の際どうしても空中で後ろ向きになってしまい、着地時にお尻着いてひっくり返ってるし。(下・写真左)こっちは今から滑ろうと準備してるのに、前方で絶叫とともにひっくり返ってる姿見て腕に力入らず。勘弁してくれーーー!!ああ。楽しい仲間たち(下・写真右)
c0221792_0345122.jpg
c0221792_09853.jpg














わし。腹筋を使って空中で2転3転とぐるぐる体の向きを変える技を体得。特に何の意味も(リンスのいらない)メリットもない技術。
c0221792_013303.jpg








あー面白かった。帰りは箱根湯本のひめしゃらの湯で蝉の声を聞きながら露天風呂ですっきり。
小田原の居酒屋「くるま屋」で乾杯!!!
笑いすぎて腹筋が痛い。
太陽の下で思う存分動いて笑って汗を流して最後はビール。
これ以上の贅沢はない一日。それにしてもサスケに出てる人達のすごさを思い知ったよ。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-19 23:54 | 日常

雨の週末。鎌倉。

海岸近くの若宮大路沿いにある「Colo Colo Burger」。
お洒落なアクセサリー屋さんと併設していてご夫婦2人できりもりしている小さな可愛いお店。
名物はひじきの入ったコロッケ入りのコロコロバーガー。
朝食に買ってみる。オーダーを取ってからの一つ一つ揚げてくれる。ほっくほくでアツアツ!そして安い!
(コロコロバーガー¥230) 
これからの季節、手軽にビーチで食べるとますます美味しいかもねー。(とんびに注意)。
c0221792_13123618.jpgc0221792_1313426.jpg














今にも雨が降り出しそうな曇り空の上に、蒸し暑かったけれど、気合を入れて40分(大したことない)ほど歩いて浄明寺へ。
念願の「石釜ガーデンテラス」へ!

c0221792_1339878.jpgc0221792_13395825.jpg














木立の中に佇む洋館。レモンの色の鮮やかさ。キュッといい感じに挿し色になっている。
英国式のお庭が綺麗で、一気に心が解き放たれるような。
が、40分歩行後の暑さにバテて、テラス席をさっくり断念。窓側の席に座る。遠くに山々を眺めて、時の流れが止まったような感覚。

c0221792_13502339.jpgc0221792_13505035.jpg














周りのテーブルのランチメニューの美味しそうな事!!
しかし晩御飯に向けてこの日はあえてお茶で済ませることに。
石釜プリンとパンを半分こという、大食漢の我々にはありえない慎ましさ(笑)
クリーミーでトロリとして濃厚で蜜ろうのようなプリン。疲れた体にほどよい糖分が沁み渡る。
動きたくないー。

坊:「兵どもが夢のあと。平泉のこの歌、出だしなんだっけ」。
私:「まかせてよ。あたしこの歌得意なのよ。♪ツワモノ共が夢のあ~とだね~~♪アンルイス。名曲WOMAN!」(本気回答)
坊:「・・・・なにそれ。俺、松尾芭蕉ってさっき言ったでしょう。人の話をちゃんと聞きなさいよ。そうだ。’夏草や’だった。」

その瞬間全自分を恥じた。

まあ、固い話はおいといて(全然固くないが)、12日(月)が坊の誕生日だった為、お祝いでディナーは超思い切って鎌倉山本店へ。

しとしとと濡れる静かな芝の庭とゆったりと広い昭和レトロな内装、川蝉の声。なんだか眠くなるほど快適。イベントごとでもなきゃ来れない贅沢な空間だぜ。と瞼をカッッッと見開いてあらゆるものを凝視。熱視線ビームを浴びせまくる。
c0221792_14494157.jpgc0221792_14503861.jpg














オードブルはお刺身の盛り合わせ。食べ始めてから写真の事に気づいた!(眩暈しそうに空腹だったのだ)。
伊勢海老のブイヤベースと冷製ポテトスープ。
c0221792_14522685.jpgc0221792_14553075.jpg















メインの和牛ローストビーフ。その場でスライスしてサーブされる。とろけそう。格段においしい霜降り。デザートはいちじくのコンポート。
c0221792_1543915.jpgc0221792_15325133.jpg














梅雨の鎌倉もいいものだな。と思えた週末。
下戸の坊も少しばかりワインを飲んで、ほろ酔い。誕生日おめでとう!!
梅雨明け宣言はもうすぐ。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-16 00:04 | 鎌倉飯

浅草 ほおずき市

c0221792_1548328.jpg


昨夜の大雨が嘘のような快晴。暑い!!今日は31度だとか?
まぶしい陽射しの中、長年の夢だったほおずき市にようやく来ることが出来た。

c0221792_15534050.jpgc0221792_15535114.jpg

























写真右は「千成(せんなり)ほおずき」と呼ぶそう。初めて見た。もともと江戸時代のほおずき市で売られていたのはこちらだったとか。
実が一回り小さくてコロコロして可愛い。赤くはならず緑のままなのだとの事。

c0221792_15565687.jpg

                     風に揺れるとチリンチリンと一斉にいい音が。はぁー涼を運んでくれる。

c0221792_1625247.jpgc0221792_163615.jpg















今日のお参りは四万六千日分のお詣りに相当する御利益があるというのだから、こりゃやらなくちゃだ。
神妙に並ぶ。・・・「ア痛ァッ!!!」あと少しで最前列、というところで誰かが投げた小銭が後頭部を直撃。
ノッポな自分が非常に恨めしい。

なんたって四万六千日分のパワーがあるので自分/家族/友達/親戚/会社の人/お世話になっている人/坊/坊の家族、周りのすべての人が健康&幸せでいられますようにと願い、ついでに「もうちょっと体が締まりますように。特に二の腕とお腹です。あ、あと顔のたるみが近頃シャレにならないレベルに来てるのでヨロシク。あ、あと・・・」と人から押されて体が斜めになりながらも足を踏ん張って欲深くいつまでも願う。

c0221792_16202334.jpgc0221792_16203746.jpg















きりたんぽが屋台に全国進出。これはめでたい!焼ききりたんぽ一串200円。
c0221792_16232131.jpgc0221792_16233495.jpg
















c0221792_16294533.jpg
買うつもりはなかったのだが、お店のおじさんと話し込んでるうちに欲しくなって結局風鈴付きの一鉢を購入。
朝晩水やり一回ずつ、日陰に置くこと。
庭に植えときゃ来年も実がなるからさーと。
「マンション住まいで庭がないんですが、鉢じゃ枯れちゃいますかね」と聞くと
「あー多分駄目。その時はさ、お互いの為にもあんたまた来年買いに来なさいよ。それが俺達双方にとって一番いいってこった!」。

そういうもんかい?

9月になったら葉を切り取って、乾燥させてお茶にするといいよ。との事だったので、
忘れないように。手帳に早速記入。笑。それにしても殺風景なベランダが華やかになった。

さて、支度して今から大船までお出かけ。
今夜は湘南メンバーと暑気払い会だ!!
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-10 15:48 | 日常

AVEDAヘアケアライン「サンケア」 

先日、エキサイトにて「7月1日に発売されるAVEDAの新ヘアケアラインを使ってブログに書いてくれる方・・・」というモニター募集をしていたので応募してみたところ、当選&誕生日の前日に到着。

c0221792_23192478.jpg


何だか一足先にバースデープレゼントもらったみたいで嬉しい。
買ったら1万円相当するじゃないか。「やったじゃん!!」と坊も喜ぶ。
懸賞にはまる人ってこの瞬間にやみつきになるんだろうな!!

髪の毛サランサランのみつし御愛用の贅沢AVEDAなので、その効果を実感したく一品ずつ別々の日に試してみた。

写真左:プロテクト ヘアヴェール(洗い流さないトリートメント)¥3,360.-
スプレー式でシュッシュッとスタイリングの仕上げにスプレーするのだが、南国リゾートを連想させる
香りがすごく爽やか。夏だよーー。頭の中のBGMは「シーズン、インッザ・サァ~~ン♪(TUBE)」。
しばらくすると消える程度で、匂いがきつくない。

指通りもサラサラ、スタイリング剤をつけずとも綺麗にまとまる。
効果がありすぎてついうっとりして全体にかけすぎると薄毛の私はぺったりしてしまうかも、と思うほどなので裾の方だけ、控えめに。
梅雨だというのに、ボワボワしない。髪の毛が多い人には余計にいいかもしれない。これが一番お気に入り。

写真中央:アフターサン ヘアマスク(集中トリートメント)¥3,360.-
実は先日、美容院で薦められて気に入ったロレアルのルミノコントラストマスクを使い始めたところだった。
控えめな甘い香りが好きだったのと、プルプルしたクリームが伸びがいいので。

こっちはもっとずっとコックリした感じ。チューブから出すのも「ううん!」とちょっと力を入れるほど。
イランイラン(IR×2じゃないよ)が強いかな?香りはロレアルの方が私好みだけど、洗い流した瞬間のツルツル具合はこっちが勝ち。
①がなくても、ドライヤーの後もしっかりサラリとまとまった。スタイリング剤、こちらもいらず。

写真右:ヘア&ボディクレンザー(ヘア&ボディソープ) ¥2,625.-
コレ一本で髪も体も洗える。
香りは②とほぼ同じ。
ボディソープって時々、泡立ちが悪かったり、すすいだ後もなんかヌルヌル感が残るものがあったりしてそれが好きじゃないんだけど、これはどんどんシャボンの泡がたってすすぎ後も適度に潤っている感じ。洗い上がりもしっとりしていて、日焼け後の肌には特にいいんだろうなーと感じる。

一本で全身洗えるっていう手軽さもいい。
ジムや銭湯で愛用しちゃうよ。

私もこれで立派なアバターに似て非なるアヴェダーだぜ。

--------------お礼------------------------------------------------------------------------------------
エキサイト編集部の皆さん、ありがとうございます。
こんな洒落っ気ゼロのブロガーを当選させてくれて・・・・感謝です。
お陰様で髪が瑞々しく蘇りつつあります。大事に使って維持します。

ところで応募時に、ブログのアドレスも入力するところがあったのだけど、こういうのって1件1件見てから選んでゆくのだろうか?ちょっと興味深々。

「編集長、このMorningsunて人、ブログに食いもんの事しか書いてないっすけどホントにいいんスか」
「コメント欄見ると女性のお友達が読んでるみたいだから、宣伝にならないとも限らん。一応送っとけ」

選考過程でのそんな会話を想像してみたりする今日この頃。
そんな暇人はおそらく編集部&その他当選者の皆さんの中で私だけだ。
[PR]
by morningsun71 | 2010-07-09 23:19 | 日常