<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大晦日

現在紅白歌合戦を観ながら熱燗手酌酒で軽く酔っ払っているところでございます。
今年もあと1時間ちょっとですね。


大晦日の本日は、買出しに横須賀まで足を伸ばしてみる。

横須賀といえば、なんといってもこれでしょう。

c0221792_22324995.jpg



スカジャン。

c0221792_22521852.jpg



冗談抜きで、私は横須賀市民はスカジャン愛用してるのかと思い込んでいたが、
それは偏見とのこと。

「ヤンキー顔のアナタが着たらはまりすぎるから、やめなさいね。」。そうか。


これがうわさのどぶ板通りか。一度来てみてたかったんだ。

c0221792_2254162.jpg



みつしが、観艦式で横須賀に来たときに素敵なバーがたくさんあって目移りしたって言ってたな。
どこなんだろう。

c0221792_230369.jpg



「今夜に向けて、少し胃を休めないとだから、お昼はおさえておこう。」
といいながら、横須賀海軍カレーだの基地バーガーだのの誘惑が私たちを襲う・・・

結局、ペリードッグなるものと、ポテト&から揚げの盛り合わせを半分こ。
ってこれだけで結構なボリュームに。

はっ!!!!
ただいま天城越えが始まってしまった!!!

本気鑑賞後、年越しそば作りに入りますので、これにて失敬。

-----------------------------------------------------------------------------------------

年内に、この後も記事をアップする気満々でしたが
間に合いそうにないので、慌しくここで御挨拶。

今年1年、ありがとうございました。
周囲の人たちに支えられて、今年も幸せな1年でした。

皆様、よいお年をお迎え下さい。

来年も、皆様にとって素晴らしい年となりますように。
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-31 22:32 | 日常

大掃除

終わりました?

うちは完了(したことに)しました、本宅、緑館ともに!
気分は爽快っす!

それにしても、普段は気にもしてないくせに、掃除というのは本気で取りかかるとどうしてこう、
あれもこれもと気になりだすのでしょうね。

これを機に、処分したいものが何点か。
すべて坊の所有物。毎年処分の交渉に敗れているが、今年もめげずにトライ。

1)高校3年生の時に購入したリュックサック。
贔屓のバスケットボールチーム「ユタジャズ」のキャップがくたびれ、泣く泣く処分する際、
ロゴワッペンだけ切り取って自分でリュックに縫い付けたのだと言う。

c0221792_064080.jpg



ものすごい縫い目。苦心した様子が伺える・・・・

c0221792_0114066.jpg



学生時代の思い出が詰まっているのは分かるが、「もう使ってないでしょ?これからも使わないよね?(=使わせないよ。)新しいの買おうよ。ね?ね?」。

そして今年も敗北。
避難袋として、非常グッズを詰めてシューズクローゼットに引き続き鎮座する事に。
(いざという時にはこれ背負って逃げるのね。涙)

2)サスペンダー (ひぃぃぃぃっっ!!)

c0221792_0331587.jpg



高校3年生の時に、お小遣いで買ったサスペンダー。
「地元のさいか屋のラルフローレンで、15000円だったんだ。
欲しくて欲しくて思い切って買ったんだ。」

クローゼットで以前発見し、隠しておいたのに見つかってしまった品。

「ああ〜懐かしいなあ。まだこんなに綺麗だ。また使えるように、ズボンにボタンを付けておくれよ?」

やめなって!!へんだって!おかしいって!!

「何がおかしいんだよう!みんなに聞いてみてよ!!」

誰か助けて・・・・・

3)トラベルポーチ

c0221792_0385129.jpg



JALのトラベルポーチ。
小学校5年生の時に父上から譲渡されたもの。年季入りまくっている。

c0221792_0401470.jpg



5年3組時代から、旅行のお供。現在も出張の際には洗面グッズを入れて
持参している。

初めてみた時は、「お父さんの忘れ物?」と思ったものだ。

「新しいポーチ買おうよ。これはもう、思い出ボックスに入れて保管してさ。」
と説得するも、これじゃないと絶対に嫌なんだそう。。。

来年もこれらの年代物と仲良く歩んでいこう。
とほほ。
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-28 23:48 |

空港にて

今日から2泊3日の旅行。
家を4時に出たというのに、なんと富山行き雪の為欠航。
小松空港行きに振り替えてもらい、待機中。
今度のはちゃんと飛ぶといいなあ、、、
羽田はこんなに晴れているのにな。つーか無事にお宿まで辿り着けるんか。
欠航便(の乗客)体験はお初。何事も経験、経験。


何はともあれ、皆様、メリークリスマス(イブ)!!


c0221792_724292.jpg
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-24 07:34 | 旅行

果物カゴ

そのままで鍋敷き。

c0221792_113489.jpg



上へぴよーんと伸ばすと

c0221792_11351374.jpg



リンゴ型のカゴに変身。しまうときに、場所とらなくていい!!便利~。

c0221792_1136038.jpg




B-Companyにて発見。
今回の写真は、坊がスタイリストとしてちょこっとだけ活躍。
「羊とツリーも、ちゃんと写しておくれよ。」と。

ついでに「アナタね、おかしなもん次々発明してるけど、本来アイデア商品てのはこういうものだからね。」と
苦言を呈される。今一度原点を見つめなおそう。

<余談>

横須賀市民の皆さんの激烈進次郎愛におののいた昨日の選挙・・・・
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-17 12:31 |

忘年会

12月。胃腸スパルタ訓練シーズン。

忘年会では普段はなかなか見れない、陽気で可愛い姿を見せてくれる人もおりますな。
この時期の浮かれた雰囲気は楽しい。

「人間が何かを決断する際、理論に基づいた理由からではなく感情に流されて決断することの方が実は圧倒的に多い。」

「目標達成に向かって動き出したいのに、動けない時もある。とりあえず動いてしまう方が、じっと我慢しなくてはならない事より余程楽だ。
けれど、周りに損失や不安を与えないためにも、じっと時を待って耐えるのもプロフェッショナルとしてとても大切な事。」

目上の方から心に響くお話を聞ける機会だったりもする。

c0221792_18255864.jpg




先日は、義母と、そのお友達の集まりに合流。
中学・高校・短大、ずっと一緒だった仲良しグループ。ほぼ50年の付き合い。
「スーちゃん(義母の学生時代のあだ名)とは、入学式の時、席が近くて、それ以来腐れ縁よね。あの頃、三つ編みでね。」
「短大の修学旅行の時、ホテルでこっそりみんなでお酒飲んだら、スーちゃんが酔っ払って笑いが止まらなくてうるさくてうるさくて、みんなで布団かぶせたんだよね!!」
「あの時何飲んだんだっけ?」
「コークハイよ。あれ1杯で酔っ払ってねーーー。」
「先生が来たらどうしよう、って、気が気じゃなかったよねー。」

当然なんだが、親にも学生時代があったわけで、お友達だけが知る母の顔、みんながケラケラと笑い転げる姿を見てとても楽しかった。

(祖母が亡くなった時に秋田に行ったら、母の幼馴染だという方に「おめさみっこによぐにでんでねー。(=お前さん、みっこによく似てるね。)。よぐおめさのかあちゃに面倒みてもらったわー。」みたいな事を言われて、
日ごろボーッとしてるあの人でも下級生の面倒なんかみてたんだわねー、意外な一面を見たわーと感じ入ったものだ。)


我々も将来、誰かの家のお嫁さん相手に、若かりし頃の暴露話して盛り上がったりするんかなー。
出来たら面白いねえーー。
それって年取る楽しみになるね。
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-14 21:00 | 外飯

悲しいサガやねん

忘年会から帰ったらば、洗濯物は干しっぱなし、床には髪の毛が落ちてて一気にテンションが落ちる。
テレビつけたままネットしたりと、ノビノビ至福の時を過ごしていた様子の坊に、イラッ!
クイックルワイパーくらい、大した手間ではないのではなくて?

つまらん事で、つい小言炸裂。

「あたしが言ってるのはさぁー!(怒)」」などと言いながら、クーポンシールをチマチマせこせこ台紙に貼り付けている自分に、ハッ!
(スーパーでお買い上げ1000円につき1枚もらえる。)
その上「あとシール2枚で、ケトルに到達!よしよし。」と内心ほくそ笑んでるところが壮絶にカッコ悪い。

c0221792_14375660.jpg




悲しいほど庶民。

でもこのクーポンシステム、お得でもなんでもない。シール18枚(=18000円)+現金7000円で、ようやく10500円のケトルと交換できる。
なにそれ、だったら自分でやかん買ったほうがよっぽどいいじゃん。いらないよ!
・・・・と思っていたのだ。思っていたのに、レジで渡されたクーポンをつい溜めこんでしまう、この性分。

(そしてしょんぼりとお風呂に消えていった坊を見送り、一人で再び交換商品のセレクトに悩む。)
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-13 08:10 | 日常

二十四の瞳

鶴岡八幡宮のすぐそばに、「川喜多映画記念館」がある。
邦画・洋画を問わず、名画が上映されているよう。
現在は「高峰秀子展」が催されていて、週末は「二十四の瞳」が上映されるというので、いそいそと出かける。ようやく行けた。念願叶った。

c0221792_1231735.jpg



紅葉を背景に佇む、閑静でとても素敵な場所だ。

小町通りで今川焼き(紫芋味)を買って、うほうほとご機嫌で食べ歩きしていた坊が、ここでトンビに
残り4分の1を奪われるというアクシデント発生。

ささーーーーーっと、音もなく背後から、あっという間の出来事。敵ながら天晴れすぎる。
「なんだようーっ!!!!一番美味しい真ん中最後に食べようと残してたのにーーーーーー!!!」
地団駄踏んでる姿を尻目に、私はエントランスのポスターに見入る。


c0221792_11351950.jpg



上映時間156分。

涙、涙、涙。

そう遠くない昔、祖父母の時代のこととは思えない貧困、苦労。
家のため、親のため、国のため、何の疑問も持たずにただただ静かに現実を受け入れる子供達。
無力な自分に思い悩む大石先生。
一途に互いを思いやる師弟関係が悲しい。

とりわけ貧しかったマッチャンが養子に出されてしまい、同級生を乗せた船が去り行く姿を見つめて
港で声をあげて泣くシーンは、こちらももうボロボロ。


それでも、高峰秀子の清廉とした笑顔、すがすがしい美しさ、叙情的な小豆島の自然が救いとなって、
希望を感じる話であることがとてもよかった。やはり国民的名作だ。

坊も「泣きたかったけれど、頑張って耐えたよ。」。


そしてラストの同窓会シーンで、キッチンこと徳田吉次君の髪型が70年代クラブシーンを彷彿とさせる
スタイルであった事に内心突っ込みを入れたのは、きっと私一人ではなかった、と確信する。
サタデーナイトフィーバーかと思った。

c0221792_1122976.jpg



<帰り道>

あれ、どこいった?と探していたら若人に混ざってクレープ待ち。
今川焼きのリベンジとのこと。

c0221792_12231188.jpg
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-09 21:57 | 日常

12月

いよいよ12月に入りました。楽しいイベントが続くシーズン。何かと心が浮き足立つ。

c0221792_13205379.jpg



12月3日は上司の45歳のお誕生日。みんなでケーキでお祝い。
1・2・3・4・5、と並んで縁起いいですな~!!

c0221792_13211155.jpgc0221792_13212191.jpg



毎年恒例のツリーの飾り付けも、週末無事終了。(うちじゃなくて、義理の両親宅の。)
10年選手のオーナメントや電飾も、しっかり頑張っている。
ところどころ、電球が切れたところを見つけると器用な義父がその場で張り切って修理。

c0221792_1324677.jpg



ガレージセール、アンティークショップ、ホームセンター。
義母があちこちに車を走らせ、コツコツと時間をかけて買い集めたもの。
コレクションしていることを周囲も知っているので、お友達からもプレゼントされているようで・・・

c0221792_13215343.jpgc0221792_13221738.jpg



「Aさんからもらったシルバーのベル」などとマジックで書かれた箱の数々。大事に一つ一つ紙に包んで保管。
取り出すのも手間なら、しまうのも一苦労。

けれど思い出がたくさん詰まった、一家のお宝であります。

c0221792_13224760.jpgc0221792_13232040.jpg



「なんだ!このピカピカ(電飾コード)2本あるんじゃないか!早く言いなさいよ、最初から分かってれば、上・下・と分けてバランスよくツリーに巻きつけたのに!!」

「やだ、毎年の事なんだから言わなくたって普通分かるじゃないの。」

義父と義母がやりとりも毎年恒例。

あ~だこ~だとみんなでツリーを囲んで真剣にバランスチェック。

c0221792_13213554.jpg



両親宅へ「いざ出発!」という際に車のエンジンがかからず一騒動あったのだが、
(3ヶ月くらい車を運転していなかったのでバッテリーがあがっていた)、無事に出来上がって、めでたしめでたし。
「やらなきゃリスト」の一つがクリア!この調子だ。
[PR]
by morningsun71 | 2012-12-03 20:25 | 日常