<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

類友

先日友人の家に訪問した際、彼女の家から家人に「今から帰る」と電話したら、ちょうど近くに用事があるので車で迎えに来てくれるとの事。

電話が切れたと思い私が「今から来てくれるって。」と友に言うと、
「あそうなんだ~!!よかったねーーーK(娘)--!morning、もうちょっと居られるって!」。

その夜。「俺さっき、耳疑ったんだけどさ。」と家人。
「電話が切れる直前に、あなたが”今から来るってー”って言った後すぐ、アチョーーーッ!!!タァーーーッ!!って凄まじい声出したでしょ。
K(娘)と遊んでるのであろうとは言え、人の家でなんて声出してんだとビックリしたよ。」

・・・それ、私じゃありませんよ。

・・・・友が放った「あそうなんだァ~~~ッ!!」の部分ですよ。

「Kちゃん(彼女)って本当に声でかいよね。俺が会ったあなたの友達で声小さい人いないけど彼女は突き抜けてるな。
世の中にあなた以上に大声の女性がにいるとは思わなかったよ。」

確かに、彼女は昔から行動・声・性格すべてにおいてサザエさんぽいと言われていた豪快キャラ・・・

デカ声(類)はデカ声(友)を呼ぶ。
我々、将来耳遠くなったら拡声器つけてるような状態になっちゃうんだろうか。

<おまけ>

ローソンで見つけた珊瑚礁のポテトスナック。

c0221792_17345428.jpg



すさまじいガーリック臭で、食べた後自分のニンニク臭さに酔うくらいだけど、
あっという間に完食してしまうくらい美味。

モリモリ食べたいのに、食後、絶対!人に会えないので食べられる時を選ぶのが難点。(平日はまず無理。)
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-30 21:11 | 日常

愛宕神社

c0221792_147928.jpgc0221792_1472354.jpg



先週、初めて愛宕神社に行った。

有名だという出世の石段。傾斜40度、88段。標高25メートル。
下から見上げただけで心拍数が上がってしまうわ。

徳川家光に命を受け、ここを馬で駆け上がり梅の枝を見事とってきてみせた四国の武士が
名声を世に轟かせた事が、出世の石段と呼ばれる所以なのだそうだ。

確かにこれだけの急な階段を昇るという苦行の後のお参りなら、ご利益もパワーアップしそう。

c0221792_1491327.jpg



小さな努力の成果は容易に目に見えずとも、ふと後ろを振り返った時
かつての自分をこんな高みから見下ろせるくらいのところに来ていた・・・
いつの日かそんな事になればいいのだけれど。(●´ω`●)


c0221792_1424933.jpgc0221792_14242712.jpg



桜田門外の変では水戸藩士一行がここで待ち合わせをして桜田門に向かったのだと言う。

前回の八重の桜で井伊直弼が調子こきまろ具合絶好調だったので、まもなくかしらと思っていた。
タイムリーだ。

「これから毎年、違う神社を訪問するのも面白そう!」
あそこに行きたい、帰りにどこどこでランチはどうか。みんなで盛り上がる。

ささやかな小さな旅、小さな冒険。
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-30 20:25 | 日常

仮面合コン

週末は友人の新居へおよばれ。

ここ最近で、新しくおうちを建てた友人は3人目。
真新しいうちって、いいな~。壁も床もピカピカで真っ白で、部屋が明るくて。

c0221792_123353.jpg



ところで聞くところによると、最近はお見合いパーティで「仮面合コン」というものがあるそうだ。

友人の20代の後輩が行ったのだ、と言う。

最初は全員仮面をつけたまま、互いに自己紹介。自分に似ている有名人を名乗るルールで、これにより会話も盛り上がるし、想像が膨らみ相手への興味が高まるらしい。

意気投合したら、互いの同意の上で初めて、裏でこっそり仮面をはずしてご対面、という運びなのだと・・・。

「それさ、仮面はずした瞬間、” げー!誰誰に似てるだなんて、どんだけ自意識過剰な勘違い人間なんだよ、騙された!”って事になりえるじゃん。トラブルになるよ。」

「自己評価が他己評価より圧倒的に高いケースね。」

「もし、顔見て、”あ、やっぱりごめんなさい。”ってなったら、また別の人のとこ行ってもいいものなの?」

「それは聞かなかった!どうなんだろう。1チャンスだったらリスク大きすぎだよね。」

「でも、見た目に惑わされずその人の内面で判断してくださいって事なのかな。
 本当にフィーリングがあったからこそ、顔を見てみたいって思うのだから。その時はもう、外見よりもその人そのものに惹かれてるって事だものね。」

「それに、ルックスのいい人に人気が偏らないからカップル成立率高くなりそうじゃない?」

「でも私、自己紹介で”僕、誰誰に似てるって言われます、ってイケメンの名前をあげる人、嫌だな~。実際カッコよくても。」

「”福山雅治に似てるって言われます”。・・・・・・・引くね。相当引く。」

「でも、本当に周りからそう言われてるなら、ご本人はそう申告するしかないよね。嘘つくわけにもいかんし。自覚しているかどうかは別として。」

「容姿勝負じゃない有名人を名乗って、それを堂々とネタにしてる人の方が惹かれるよ。」


・・・だけど・・・・
私がそのまま「似てる芸能人ですか?昔から言われてたのは黒田勇樹ですね。」って
馬鹿正直に答えたら、ご対面まで進める可能性は低そうだ。(ファンの方いたとしたらごめんなさい。いないとみて安心しきってるけど。)

自分を売り込むって、難しいな・・・。と色々考える。
でもこの仮面合コン、うまくいったとしたら、後々いつまでも二人の間で出会いの場面は、楽しくて色褪せない思い出として残るだろうな。

<おまけ>出会い絡みで思い出したこと。
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-28 22:14 | 日常

曲げわっぱの御弁当箱

c0221792_14155074.jpg



母が買ってくれた秋田 栗久の曲げわっぱ。

曲げわっぱ普及委員会 会長rauwolfの熱烈なオススメを受けてから大分経って、
私も遅ればせながら仲間入り。

おかずを入れる方は油染みを防ぐ為のウレタン加工がなされ内側がツルツル。
ご飯の方は水分を吸いやすいよう、無塗装。気が利いてるなー。

ご飯がべたつかない、しっとりもっちりしている。
料理下手でぶきっちょな私がいい加減な詰め方しても、普通の御弁当箱よりずっと美味しそうに見える。
角がないから、洗いやすい。油がベタベタ残らずぬめらない。衛生的。

本当にrauwolf会長の言うとおりだ。

何より、お昼休み、このお弁当箱を前にすると「きちんとした食事をしている。」気分になれる。

お母様、ありがとーーー!


・・・それにしても子供の頃から、梅干がのってた部分のご飯が好きでたまらない。
今回は梅干2個だけれど、普段はシャツのボタンのごとく、5つくらい並べてしまう。
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-24 23:16 | 自宅飯

戦略

c0221792_11314037.jpg



「戦略ノート(極秘)」

大袈裟なタイトルをつけて何やら熱心に書き込んでいるけれど、
何に対するどんな戦略なのやら。

「極秘なんだから、見ないでよ!(ノートの上に突っ伏してこっちをチラチラ)」。

ふっつーーーーのノートで極秘も何も、セキュリティ甘すぎじゃない?

私が実は秘密工作員だったりしたら、情報入手しまくりだわね。

ところで本日、外国人の同僚の代理でお店に予約を入れようと電話をした時
「ではお客様のお名前をお願いします。」と問われたので
「外国人なので、スペルを順に申し上げますね。」と答えたら
「は!おたくさん、日本語上手ですね!いや~日本人みたいだ。びっくりした。」と言われた。

私は日本人です、と慌てて言ってしまったけれども、周囲からは
「先方がせっかく感動しているのだから、そこは’ アリガトウゴザイマース!’ と乗っかってあげるべきだ。」と。

我ながら機転が利かないのぅ・・・。戦略ノート作って基本に立ち返るべきかも。(?)
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-23 23:16 | 日常

冬のドラマ

北鎌倉が舞台なんだって・・・とチェックしていた月9「ビブリア古書堂の事件手帖」。

坊と今週の第2話を初めて観てみたのだが、ラスト「事件解決、一件落着、めでたしめでたし。」となったところで、二人でポカーン。(´゚д゚`)

   事件手帖の事件て、この程度の事なんですかよ???

とりあえず、冬のドラマ鑑賞は日曜8時NHK「八重の桜」→9時TBS「とんび」、の2つに決定。
(あ、ごめん、あぽやん・・・・・・・)

「本当に幸せな時は、涙が出る」
「寂しいという言葉は、寒しいから来ている。お母ちゃんがいなくても背中を暖めてくれる奴がたくさんいる
お前は、寂しい子供なんかではない。」(@とんび)

いい場面だったな~。

それにしても佐藤健と桐谷美鈴ってソックリだ。

<余談>

ザンギリおかっぱ具合は旭君役と張り合えるレベルだったクレラップもすくすく育っている。
現在のブームはサンタにもらったアンパンマンのマットゲーム。

c0221792_1134111.jpg



             

c0221792_11341480.jpg



4月からは幼稚園。
入学祝にパンダおにぎりセットを贈るつもり。(自分のお弁当用としても欲しいくらい)。
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-23 07:35 | 日常

降るかもと言われて今回は降らなかったなー。雪。

先日の3連休最終日の大雪では、長靴の必要性を嫌と言うほど感じた。
当たり前だけどブーツじゃホントダメだ・・・

お陰でこの冬、2度目のヒール修理に出す羽目に。

地下鉄の駅から地上に出て、傘広げようとした瞬間に、雪がどさりと頭に落ちてくるという、
大昔の漫画みたいなハプニングがまさかわが身に降りかかるとは・・・・

c0221792_10303612.jpg



しかしながら、凍える体とは裏腹に心はちょっとウキウキしてしまう。雪の不思議な力。

その上あったかくて美味しいお鍋を御馳走になり、幸せでした。

塩麹鍋に次いで、この冬初体験だったのが葱塩鍋。
やっぱり私はこういう純和風鍋が好きみたいだ。


寒さはまだまだ続くけれども、年々冬が好きになりつつある。


------------------------------------------------------------------------------------

とは言うものの、野菜高すぎるよ~~~~~~!!(´_`。)
特にレタス!
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-23 07:00 | 日常

電気ブラン

家の近所のお店で電気ブランを頼んだらロックでちょっとびっくり大分ガッカリ。
ショットグラスでストレートが当たり前だと思ってたのだけれど、こういう飲み方もアリなんだ。

あの魂が燃えさかるようなパンチがない。やっぱりストレートがいいなー。

c0221792_17473977.jpg



神谷バーは義父が大学時代、母校の野球試合を学友と盛大に応援する場所だった、青春の場。

私にとっても結構面白愉快な(=酔っ払って記憶飛んでます系)思い出がある場所。

聞くと「タクシーに乗り込もうとして額を強打し顔の中央の青痣が消えるまで2週間かかった。」だの
「翌朝、知らない人の手書きメモがポケットから出てきた。」だの、
「使ってないはずの折り畳み傘が壊れて鞄に入ってた。」だの同類がちらほら・・・・

みんな、やるわね。オホホ~~

恐るべし電気ブラン。

自宅用にボトルを買って帰った事もあったのだけれど、不思議なもので家だと
神谷バーで飲む時ほど感激するような美味しさを感じなかった。

あの混雑した喧騒の中で飲み干すのが最高なんだと実感。


それにしても正月休み以降ほとんど日課だった飲酒をやめた翌日、1日で1キロ減。
お酒ってすっごいな!!( ̄△ ̄;)
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-22 22:54 | 日常

富山旅行~雪見温泉~

12月26日(水)滞在最終日。

夜からちらほらと降り始めていた雪が一晩降り続けたようで、朝起きてびっくり。

c0221792_14173179.jpg



窓の外は真っ白。「宿で温泉に浸かりながら雪が見たいから。」と今回の旅先に富山を選んだ家人。

最終日に、ギリギリ間に合ったね。よかったね!

静かで、首から上は冷たくて湯に浸かった体はぬくぬく。のぼせる事もなく、いつまでも入っていられる。

極楽だった。

c0221792_14174229.jpgc0221792_141750100.jpg



砺波駅まで送っていただいて、「忍者ハットリ君列車」の城端線に乗って空港へ向かう。
(帰りは問題なく、無事飛びました)。

ローカル列車の中で笑いくつろぐ制服姿の学生さん達を見るだけでも景色が新鮮。
みんなこの雪でも結構薄着なのね・・・・

c0221792_14323762.jpgc0221792_1437955.jpg



見知らぬ町の路線図を見ながらの移動はそれだけで胸弾むものだな。

家人が真剣に地図を眺めてる横で、「ちょっと待って・・・・・地図は生きてる。」と
真矢みき@捜査地図の女の真似をしたり、それをいつものごとく丸無視されたりしながら時間潰し。


こうして無事に旅は終了。

雪の富山、とってもいいところだった。

今度は夏の黒部渓谷も行ってみたい・・などと胸を膨らませて帰宅。


c0221792_14324974.jpg



ところで初めて見たんだけど、これ肘掛コーナー?
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-15 22:00 | 旅行

富山旅行~海の幸~

今回は食事は昼食のお蕎麦を除いてすべて宿で。

メニューにある料理長さんの似顔絵は、スタッフの方が描いたものとの事。
HPに載っていた写真と見比べてみたけれど、よく似ている!

c0221792_14491045.jpg



富山と言えば寒ブリ。

ブリのステーキ、豆乳ブリシャブ、どれもうなるほど美味しかったけれど、
一番印象に残ったのはお刺身。

脂がたっぷり乗っていて、ふっくらしていて、お肉食べてるみたいだった。

c0221792_1449342.jpgc0221792_14494199.jpg



c0221792_14535833.jpgc0221792_1454583.jpg



c0221792_14541869.jpgc0221792_14542798.jpg



c0221792_14544454.jpgc0221792_14545778.jpg



c0221792_14551051.jpgc0221792_14552413.jpg



c0221792_14553744.jpgc0221792_14554647.jpg



c0221792_1459760.jpgc0221792_14591218.jpg



c0221792_14592172.jpgc0221792_1459287.jpg



それから、「昆布巻かまぼこ」。
この旅行の数日前に、近所のうどん屋さんで初めて食べて、「これ珍しいね。」と話していたのだが、
富山の名産品だったのか。宿でも出て初めて知った。

こんぶの粘りがかまぼこの旨みとよく合っていて、とても美味しい。

ホタルイカの沖漬け、ぶりの粕漬け、かまぼこ、白海老の甘酢漬け、イカスミの塩辛。

買って帰ったのは酒の肴ばかり・・・・
[PR]
by morningsun71 | 2013-01-15 21:46 | 旅行