<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

散歩

梅の蕾がふっくら、徐々に花開いてきたのを楽しんでいる今日この頃だけれど、あっという間に桜の季節となるのだな。

以前からちょっとだけ撮り溜めていた写真をアップ。


金曜の午後はやぼ用で半休を取っていたので、夕方スタバへ。
だが、隣のテーブルに座った主婦お二人の会話が面白すぎて、読み物に専念出来ず。


c0221792_12481231.jpgc0221792_12482185.jpg



「さいか屋ってさぁ、野菜、やっすいよねえ!」
「あそこ安いわよ。あたし、昨日、100円のほうれん草と、ナス買ったわよ。あとは489円のサーモンと、580円のブリ。」(1円単位まで正確な報告。)
「昨日、キャベツ150円だったでしょ。あたし、バスで来ちゃってたから買わなかったんだ。
スポーツクラブの荷物も持ってたから、重くって!だからカルパッチョ買って帰ったの。
あと、1FにDHCが出来たの知ってる?そこで、シャンプー買って。
F中学前のバス停から歩くの大変だったー!」
「バスの時は、大根とキャベツ買うの本当に考えちゃうよねー。でも、丸ごと買ったほうが安いじゃない?もうすっごい悩みどころよーーー。」

c0221792_12501063.jpgc0221792_1333681.jpg



他にも、
「県下一の難関公立、S高校は数学の授業が難解すぎてここで挫折していく子が多いらしいのよう。」とか、
「朝ごはんは主人が子供を送りに行ってる間に”純と愛”観ながら食べてる、あなたは?」とか、
「あそこのランチは珈琲が食前と食後に2杯出るところがポイント高し」とか、
「スポーツクラブの金曜日の11時45分のクラスのインストラクターがめちゃくちゃカッコイイからあっという間に
定員になっちゃう」、とか、「ポンパドールのなんとかパンが家族に大人気」とか。

これ以上聞いてると本当に集中出来ないので、(既に充分聞き耳立ててるよ。)、このへんでipod使用。
平日休みには、こんな面白い発見がある。



c0221792_12502954.jpgc0221792_12503714.jpg



そしてこの人込みは、お餅付き大会。

c0221792_1363472.jpgc0221792_1364622.jpg



設置された募金箱のお金で毎年運営されている、地域の小さな餅つき大会。
みんな、ちゃんと御弁当箱だのお皿だのを持参していた。我々、手ぶらで伺ってごめんなさい・・・
来年はしっかりお箸とお皿を持って行きます。忘れないように、記録。

c0221792_137827.jpgc0221792_1371676.jpg




これから、暖かくなるにつれ、お出かけ欲が増してくる。

でも、どうしても受かりたい試験がある。

私が勉強を始めたのは試験日から105日前。余裕をもったスタートかな。えへ。などと思っていたら
実は無謀であると知った。
その上このもの覚えの悪さ。ああ・・・・。(´□`。)

c0221792_13393558.jpg



奥様達の会話は数日経っても色褪せることなく頭に残ってるのに、テキストの内容はまあ~見事に一つ覚えると一つ忘れる。不思議。

暗記・暗記のあまりのボリュームに、既に弱気になりつつあるけれど、どうしても一発合格したい。
もし落ちたら、この量をまた勉強し直して再受験する根性が自分にないのが分かっているので。

rauwolfに借りたみをつくしシリーズ、合格したら自分に御褒美で一気読みすると決めている。
長い事借りててごめんよ。
(あ、でも、1回目に落ちたら一旦返すからね。ていうか先に読みたい人がいたら、すぐ送るーー!)

「毎日頑張ってるんだから、絶対に成果が表れるはずだよ。」
全面協力してくれる家人の言葉に感謝しつつ・・・・

絶対絶対合格するぞーー!

こういう目標があるだけで生活って変わるもんですね。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-25 22:41 | 日常

駅伝 

「みんな聞いて。」ランチから戻るやいなやHさんが声高らかに。

「みんなのカレンダーブロックして。明日から、朝練だ。定時後もトレーニング。
終わったらMorning家でシャワーを浴びて帰る。あと1ヶ月。時間がない。猛特訓だ。」

c0221792_16524586.jpg



またどっかでチラシをもらってきたのか。(こういうのをやたらと持ち込んではネタを提供するHさん。)

「スタートはmorning、2番手がX君、3番手がMさん、そして最後のトリが俺。
今、Mさんに監督をお願いしてきた。Aさんにはマネージャーを頼む。ユニフォームのデザインは俺に任せてくれ。参加費も俺が払う。」

私はちょっと乗り気になっちゃったけど、他は皆「5キロなんて歩くのでもやだ。」とバッサリ。
めげずにHさんは一人で盛り上がる。。。

って応募締め切り、もう過ぎてますよ。

会社のマラソン部に入って定時後に皇居を走ってる友人は、ひょっとして出るのかな?なんて考える。


ランニングで思い出したけれど、一昨日、 健康番組に出てた秋野暢子があんまり綺麗で見とれてしまった。
納豆にスプーン一杯のオリーブオイルがいいとか、ラジオ体操の後10キロ走ってるとか言っていたけれど、本当に健康的で伸びやかな肢体で、
何より、この方も私の憧れのベリーショート美人。・・・素敵!

c0221792_17541628.jpg



思わず、「秋野暢子 ショートヘア」 などと検索をかけてしまう。
翌朝も出勤時、駅までの道すがら坊に、「ドラマ”赤い運命”出演時、山口百恵の苛め役であった秋野暢子に対する風当たりが強く彼女がどんな苦労したか。」
を激しいボディランゲージ付きで語る。

そんでもって昨夜は、BSの「日本100巡礼」に出てたショートカットの仁科亜希子がこれまた素敵でウットリ。
松方弘樹、嫁より大分見劣りする愛人なんか作って(←失礼)、っかー馬鹿だねーーー。
などと味噌汁をすすりながら一人毒づく。

c0221792_1812260.jpg



先日、Iさんが「私、松坂慶子さんが好きでね。美容院に行くときに、松坂慶子さんの切抜きを持っていくんだけど、みんなに”そんな奴いない”って言われてね。」
と言うのを聞いて、その場で「は!??」とみんな絶句。

「松坂慶子って、いつの時代の松坂慶子ですか?愛の水中花歌ってた、愛人風味の頃?それとも今の??」と矢継ぎ早に質問しまくったのだけれど・・・。
(正解は現在の、柔らかい雰囲気の松坂慶子との事。)
いや・・・別にいいんだけれど・・・・確かに彼女は今でも充分お綺麗だけれど・・・・



でも、今はIさんの気持ちが分かる。
私もまた切り抜き持参したくなったよ。

10代前半はノリピー、
10代後半は内田有紀。
20代前半でウィノナライダー。

そして30代後半の今は、秋野暢子or仁科亜希子。
ま、私があんまり短くしたら完全に男ですので、叶わぬ夢ですけれども。


・・・って、そうだ。
駅伝の話してたんだった。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-21 23:07 | 日常

OXYMORON

c0221792_17143369.jpg



美味しい美味しいカレー屋さんを発見。

小町通り沿いをほんの少しだけ脇道に入ったところにあるOXYMORON。

c0221792_1716990.jpgc0221792_17171940.jpg



エスニックそぼろカレー(左)と、キーマカレー(右)。

エスニックの方は、パクチー・ネギ・三つ葉がふんだんに使われていて、しっかりアジアンテイスト。
香菜好きにはたまらない。気合満々でまぜまぜ、ワシャワシャと頂く。

甘口、中辛、大辛、激辛、激激辛・・・だったかな?の5段階から選べるのも嬉しい。

センスのいい食器や雑貨が店頭に並んでいるのも素敵。

小町通り、という場所が場所だけに並ぶけれど、『暮らしの手帖』が山積みしてあるので
暇つぶしには全く問題ないですわよ奥様!!

いつも同じ店ばかり行きたがる家人のお尻を叩いて、新規開拓してみて正解。

OXYMORON
鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
TEL: 0467-73-8626
11:00-18:00 ( 17:30LO)
水曜定休
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-19 00:17 | 鎌倉飯

ローカル色

腰越の一風堂に初めて行ってみた。

c0221792_1759197.jpgc0221792_17591248.jpg



待合室が独特で面白い・・・海側に面したガラス張りの部屋にベンチがずらりと並ぶ。

c0221792_1804725.jpg



BGMはサザンオンリー。

ここって、湘南SEASIDE店という店舗名なんだ。だからか~なるほどね~。ふぅむ~。
などと3秒くらい考えた後すぐに豚骨スープに夢中に。


土地柄と言えば。

「この町に新しく住み着いた方々でも、ファッションやら雰囲気やらが地元に染まっていくので、
だんだんと観光客と見分けがつくようになります。面白いものなんですよね~。
だけど、不思議とお宅は未だ地元民ぽくないですね。」

ええ。
蒼い海、輝く太陽、湘南の潮風がこれっぽっちも似合わぬ、青っちろい地味夫婦でございます・・・・・。

*丸眼鏡+革靴で海岸歩いてる人も約一名。
ipadかPCを持ち歩かないと落ち着かない、とPCケース(黒)も几帳面に肩からかけて。
サーファーや美ジョガーに紛れたその姿。
「執筆中の文豪の別荘まで原稿取りに来た昭和の編集者が道に迷って海に出ちゃったよ」風。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-18 20:01 | 鎌倉飯

ここは

c0221792_1353682.jpg



ビブリア古書堂。

このドラマのWikipediaには音楽の説明として

●主題歌 - E-girls「THE NEVER ENDING STORY」(rhythm zone)
 - 「1985年の映画『ネバーエンディング・ストーリー』の主題歌だったリマールの同名曲のカバー。」

と書かれている。

ここまで書いているのなら

「羽賀研二が80年代に主題歌をカバーしている。本人の心に残った曲だったのかブログ(現在閉鎖)のタイトルにも採用していた。
なお、歌詞はプレイボーイが女性を口説く内容になっており、映画とはまったく関係ない。」

(「ネバーエンディング・ストーリー」のWikipediaより。ページをスクロールしまくると最下列にひっそり記されている一文。)

も、ちゃんと明記してあげないとダメだ。

1985年に発売された羽賀君の力作は、現在廃盤となっているようだけれど、
MP3ダウンロード用楽曲はAmazonにて250円で購入出来る模様。


そしてそんな情報は誰も求めていない。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-12 00:36 | 日常

メイク

妹によく「アイメイクくらいしたら?」「マスカラやってるとこ見たことないんだけど。」などと言われるのだが、
確かにほとんどやらない。

無精なのが最大の原因だけど、2番目の理由は上手に出来ないから。
たまに気合入れて励むと昔のサスペンスドラマの登場人物みたいな、古臭い、悪人顔になる。
バタ臭い顔がよりくどくなる。ほとんど色のせてないつもりなのになあ。

c0221792_18111827.jpg



去年の年末、ブラシのセットを購入してみた。道具が変われば少しは腕が上がるかも?

カウンターのお姉さんが、とてもとても丁寧に各々のブラシの使い方を説明しながら、やり方を見せてくれた。

眉ブラシの番になると、「眉毛は顔の心臓と言われているんですね。」と3回言われる。3回。

余程目に余るのですね、私の眉毛。確かに彼女のと見比べるとひどさが際立つな。
思うにこれはきっと絵心のなさゆえね。(言い訳)。

「これが、チーク用ですよね?」「いえ、これはファンデーション用です。リキッドをこうやって伸ばします。」
「え!リキッドファンデーションをブラシで!!???(驚)」

「この細いの、なんでしたっけ。」「これは目の際、アイラインの前に使います。」

ブラシ一本一本に、「まぶた全体用」とか、「目の際用」とか、大きく書いといてーーーーーーー!!!

お姉さんによる出来上がりはすごいもので、ケバくなく、でもほのかに主張された目元が演出される。
さすがだなあ・・・・
「よぉし!明日からは自力で!」と上機嫌で帰ったのだが、案の定その後1ヶ月、袋から出しもせず放置。

先週から使ってみたのだけれど、伝授された技がすっかり頭から抜け落ちてしまい、結局再び火サス。
再挑戦した翌日はチークと眉毛の範囲が広がりすぎてイモトみたいな仕上がりに。

この年にしてまともな化粧法を習得していない、そんな私の為に、使い方と注意書きが共に彫られたブラシが開発されて欲しい。
(「眉尻にかけて先端を立てて使う。※立てないと一気に極太眉。注意!」など。)
紙で渡されてもすぐなくす & どうせ読まないから。
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-07 22:58 | 小話

モーニングビュッフェ

rauwolfの同僚の方がホテルのモーニングビュッフェにはまっておられるそうで、オススメされたと言う。
調べてみると、へえ~、あちこちのホテルであるんだなあ~ モーニングビュッフェプラン。

土曜、朝8時ロビー集合。恵比寿のウェスティンホテル。
遊びとなれば早起きも寝不足も苦にならない。

c0221792_1883149.jpg



朝からすごい強風で、髪が四方八方に舞い上がる。パラパラと顔にかかる雨。
ロビーに着いた時には収拾つかない事態に。
しかし、豪華なビュッフェ台を見た途端に興奮し、「化粧室で髪の乱れを直す」という考えが瞬時に消滅。
形だけ一撫でしただけの爆発頭のまま意気揚々とテーブルに案内される。

それにしてもビュッフェって性格出るな。


それはそれは綺麗に彩りよく盛り付けるrauwolf。料理上手ぶりはこんなところでも表れる。

c0221792_1810682.jpg



フルーツとおかずが同乗している私の皿。
食べたいものを手当たり次第にのっける、なりふり構わなさが表れている。

c0221792_189714.jpg



さらにはこんなところまで来てサラダを有難がってアップで撮っている意味のなさ。(私)。

c0221792_1884898.jpg



謎めいたもの、普段あまり見かけないもの、みんなが「これなに・・?」と言ってるようなものを
涼しい顔して持ってくるのはみつし。
「それ、オートミール・・じゃないよね?」「うん。なんだろう~って思って取ってみたの。」

c0221792_18102453.jpg



よく分からないものには、余程の事がない限り挑戦しないrauwolfや私と対照的。

優雅な場所で、楽しい朝ごはん。健康的だ。
お店を出るときもまだお昼前、と思うとお得な気分。

また別のホテルでも試して比べてみたい。

*ウェスティンホテル 
ブレックファストカフェ(6:30am ~10:30am)
大人 3600円、子供2200円
[PR]
by morningsun71 | 2013-02-06 23:10 | 日常