<   2013年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

鎌人いちば

5月26日(日)は、鎌人いちば

決して広くもない公園でのローカルなお祭りだけれども、それでも一日に1万人の人出なのだそう。驚き!

今回は、友人夫婦と一緒に出かける。勿論、こちらのお嬢さんも。

c0221792_1895390.jpg



会場への道すがら、このピンクの棒をくるくるやってるので「何だこれは。」と見ると100均のつっぱり棒。

うっかり母がサイズ違いで買ってきてしまったものを、ここぞとばかりにバトンとして使ってるんだって。

伸び縮みするから、コンパクトにまとまるし、これなら持ち歩きも便利!
頭いいじゃんよ~!それにバトンなんてカッコイ~!と言うと、「うふふふ!それにね、今度ね、チアに入るんだよ!!」

ひゃ~。チアーだって!シャレオツ~~!( ̄ε ̄〃)b こりゃブイブイだね!!


ピーカン夏日和です。まずは真っ先にビール!

c0221792_1884631.jpgc0221792_18104374.jpg



モヒートを狙ったのだけれど、「ライムが切れてしまい、ライム待ちなんです」。
その後またリベンジしたら「すみません売り切れです~~!」。
この陽気じゃ仕方ないね。海の家がオープンするまで辛抱しよう。


ボディペイント、似顔絵バッジのお店でバトン娘の足が止まる。

せっかくだから、体になんか書いてもらったら?とオススメするも、コンサバティブな性格なだけにバッジを選択。

「これ、帽子に付ける!」。なるほど!

帽子やお稽古バッグにバッジは小学生のお洒落の象徴だね?永遠の定番。

ふと、中1にもなって通学鞄に高橋良明のバッジを付けて肩で風切って歩いていた自分を思い出す。

「みんな、光GENJIでしょ?あたしはちょっと一味違う女だからね。」と勘違いな自意識に浸っちゃって。 ・・・ぴゅ~~。極寒!

居ても立ってもいられないむず痒さがこみ上げ、思わずビールがぶ飲み。

c0221792_18113455.jpg



可愛く仕上がった。

パパは娘に「なんか曲がってない?真っ直ぐにつければ可愛いじゃないか。ほら、付け直そう。」 そしてやり直す。

ママはパパに「服に穴がいっぱい開いちゃうのがやなのにー。あーまたパパはそうやってーーー!(泣)」

ムスメは私と家人に「ねえ見て、ほら、ここもうすぐ抜けるんだよ!」とグラグラの前歯を見せる。
隣の歯は見事に抜けてる。青空の下、満面の笑顔で歯抜け顔の披露をありがとう。

店を見ながらも、こうして何かと忙しい。

c0221792_18115867.jpg



占い好きの友人&ムスメ&家人が熱心に聞き入っている。
確か、5分で500円だったかな?お手ごろ価格。

c0221792_18122792.jpg



マッサージや美容院、色んなショップが出店しているから楽しいのよね。
かるた大会とか、木工教室とか、あちこちで行われていて子供達が盛り上がってる。


几帳面な性格なので、砂埃で汚れたパパの靴が気になってたまらない。「動かないで!」。
熱心にティッシュで拭き拭き。

c0221792_18141270.jpg



特技は「引き出しの整理整頓」。洗面台や食器棚の中のものを、きちんとカテゴリー別に並べるのが趣味。

「フォークとかスプーンが一緒に突っ込んであるのが耐えられないみたい。」
素晴らしい。私もそんな性分に生まれたかった。いつでも収納アドバイザーとして来てくれたまえよ!


テントの中が満席だったので、草むらに座ってピクニック。2時間くらい延々とぺちゃくちゃ。
Sけさんと、家人はその間、せっせと飲み物や食べ物を買出しに・・・。

何往復もしてくれて、二人ともありがとーー!

c0221792_1830214.jpg



地べたに長時間座って居ただけで、お尻が筋肉痛に。
その上足の甲がくっきりと日焼け。ひ~~~~!

c0221792_15471194.jpg



塗り絵付きの可愛いメモ帳だの、ハッピーセットのおまけのコンパクトケースだの、色々買ってもらえてよかったね~ 

全部で100円だって??フリマ万歳!

太陽の下で食べて飲んで話に花を咲かせて、それだけで特別な1日だ。

なにかとイベントが目白押しの季節がやってきた。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-29 21:06 | 鎌倉飯

退職祝い

さかのぼること20日ほど・・・

5月4日(土)は実家の両親と、妹夫婦と一緒に、父の退職祝いの食事会。

お店は母が予約してくれた茅ヶ崎の「天青」。

c0221792_13454834.jpg



今年のGW、これが唯一の予定だったもんで(笑)、心待ちにしていた。

渋滞は目に見えているから車はやめてJRを乗り継ぎ、地元の誇り、のどか~な相模線でトコトコと香川駅まで。

お店までは駅から徒歩10分弱。

<ちょっと脱線>
しっかしGWの鎌倉駅って毎年あんなにすごい人だったっけ?
前日、出張から戻った坊、駅構内を出るのに待ち時間なんと40分。

「みんな涼しげで身軽な格好してるのに、一人スーツ着て、スーツケース引きずってたオイラ哀れだったよ・・・・(;へ:)。」

この日も改札に出ようとする人の流れに飲まれないようホームに進むのに一苦労、エアークロールで辿り着く。
もし世界遺産になってたら、駅の改装の必要があったのでは・・・。以上、脱線話終わり。



ぽかぽかと優しい皐月の日差しが緑を照らす。

c0221792_13465734.jpgc0221792_1347842.jpg



酒蔵を改造した建物のほの暗い店内がとても素敵。ロマンがあるね~。横溝正史ワールドの雰囲気。

c0221792_13475590.jpg



個室に通されて、ノビノビ気分。

c0221792_14121182.jpgc0221792_14122170.jpg



地物で季節の食材とくればそれだけで特別なんだけど、どれもお酒が進むお菜で困る。

器の話から、「お買い物の所要時間はどのくらいかかるか」、とか、「男性陣は女性のお買い物中に何をして時間を潰しているか」、とか、
「美味しい筍の茹で方」とか、そんな他愛のない話をしながらユルユルとお料理を口に運ぶ。

c0221792_14124188.jpgc0221792_1413485.jpg



父も母も嬉しそう。こちらも幸せだ。元々今日の会の言いだしっぺはHさん。感謝です!

って、しまった~~~!肝心の地ビールの写真何にも撮ってないじゃん!!!( ̄□ ̄;)!!

c0221792_14134797.jpgc0221792_14135777.jpg



家人と私はタクシーで、両親と妹夫婦は車で、と2台に分かれて実家に向かう。

乗り込む時に父が、「これ。」と手渡してくれたものを見ると、タクシーチケット。

「え?なに?Uちゃんが用意してくれてたの?」と聞くと、なんとお店から頂いた、と。

びっくりした。なんてバブリーなサービスだ。ありがとうございます・・・・。

夜は家人が父にプレゼントしてくれた日本酒を開けて、2次会。

c0221792_14271099.jpgc0221792_1427239.jpg



妹夫婦からはトレーニングウェア(ウォーキング他、体力作りに努めておくれよとの願いから)、
家人からは日本酒、私からはバッグをプレゼント。

母:「お父さん、もうちょっとストラップ短くするといいんじゃない?」
父:「なによ、どういうことよ、こうけ?」

c0221792_14374342.jpg



父:「どうよ?こんな感じで?」
妹:「Uちゃん、いいじゃ~~ん!」

c0221792_14401932.jpg



うんうん。なかなかいい感じだわよ!がしがしいっぱい使ってね~~~。

ところでうちの父って、外見に特徴がありすぎる。

ぼかし入れても、知り合いが見たら一目で本人と限定出来る要素が多すぎる。

c0221792_14413381.jpg



Hさんが25歳くらいの頃出演したカラオケビデオを見て大笑いしたりして、楽しい1日だった。

Uちゃん、改めてお疲れ様。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-24 23:31 | 日常

神田祭り

5月11・12日は神田祭。11日は生憎の雨だったけれど、12日は真夏のような天気。

c0221792_1823039.jpg



親戚が自前の半纏羽折って、神輿の担ぎ手となるので、張り切って応援に。

c0221792_18231694.jpg



初めて知ったのだけれど、お神輿が出る前に景気付けなのか、お食事会(ていうか飲み会)があるんだね。

c0221792_18245487.jpg



とはいえ、これから出発って時だから、なんだかみんなソワソワ。

女性陣は、大鍋のお味噌汁を配ってみたり、それはそれは忙しそう。

「おう来たか。まあ座れ~。ビール、ビール!」。おじさんのご好意で、ちゃっかり我々もご相伴にあずかれた。

神輿を担ぐわけでもないよそもんなのに、なんだか申し訳ないっす。でも嬉しい。乾杯!!!

c0221792_18274972.jpg



お寿司だのおつまみだの、大皿にのった料理がたらい回しにされる中で、すぐに「はい、片付け開始~!」

いよいよ、お神輿が出発。

c0221792_18321177.jpg



小さな女の子が神輿の上でピッピッと笛を吹いて音頭取り。この子、花形ポジションね~~~ヾ(@°▽°@)ノ

c0221792_18424219.jpg



明治座の前で8つ(だったかな?)の町内会すべての神輿が横並び。これは圧巻!!すごい迫力、すごい人だかり。

c0221792_18464868.jpg



老いも若きも、鼻の頭に汗を浮かべて満面の笑顔で「わっしょいっ!わっしょい!」。

そんな群集をボーッと眺めていた家人。(別世界。)

「あ、あそこにXXさんがいらっしゃるよ。」 

ホントだ、義母の同級生。うちの自転車を直して下さったXXさんだ!(重鎮の証っぽい襷をかけていた。さすがね。)

他にも「あ~、あそこにいるの、M島さんだ。」「あの人、Tさんていうんだよ。どこどこの角っちょに住んでる。」だの、知り合い探しに精を出す家人。


訳分からんちんのおチビ達の半纏姿は本当に可愛らしい。一丁前に鈴まで付けて・・・・笑

c0221792_18545657.jpg



細い路地でも、無理やり進みます。

c0221792_1856733.jpg



「繁盛してるくせに寄付金出さなかった店の前で、嫌味のつもりで延々と神輿を止めてやったことあるよ!’ワッショイワッショイ!!’って、ずっと動かずにさ。」

「その店どうなったんですか?翌年は寄付金出したんですか?」

「いつの間にか店閉めてどっか行っちゃったから知らねえ。」

商売人も楽じゃないね。赤字になっても寄付金は出した方がよさそう。笑

それにしても暑い!!ただ横をうだうだ歩いてるだけなのに、フラフラしてくるくらい暑い。


というわけで「日本一のほうじ茶」と看板にある、森乃屋名物のほうじ茶パフェ(ほろ苦旨し!)と、クリームソーダで一息いれて生き返る。

c0221792_1901225.jpgc0221792_1904085.jpg



そして再び、路端で座り込んで休憩中の神輿ーズの元に戻る。私達、よっぽどの暇人か激烈ファンだと思われたね。まさにその通りなんだけど。

麦茶だの、レモンのはちみつ漬けだの、オレンジスライスだのを婦人会の皆さんが懸命に配っている。

「あの方、マーシャラーみたいだね。カッコイイね~。」

c0221792_1912086.jpg



男性の祭り姿って、ホントにカッコイイね。

「三社祭の神輿若衆から結婚相手探す。」って公言してた自分を思い出したわ。

それが「オイラもやしなので、今年は無理・・・。絶対肩痛くなるし。炎天下でノビちゃうよ。」とソロリソロリと後ろ歩きしながらせっかくのお誘いを辞退してるのが実際結婚した相手。

こうして野性味溢れる男性とは縁がなかった我が人生であった。

けれど、来年、鎌倉の祭りじゃ担ぐんだってよ!(私が言わせたんじゃなくてよ。) 聞いたわよ!

c0221792_1911649.jpg



空が高くなってきた。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-22 00:38

静雨庵

鎌倉在住歴の長い方から、お気に入りと聞いたラーメン屋「静雨庵」。(素敵な名前。)

浄明寺からわざわざ頻繁に足を運ぶというのだから、これはさぞや・・・と期待して足を運んだ。

人気のネギ味噌ラーメン一口食べて、納得。

表現力が乏しすぎる上にグルメでもないもんで、うまいこと伝えられないけど、突筆すべきはスープなのだ。

ここからみんなによ~~く聞いてもらいたい。(みんなって誰よね)

ほんのり甘い。白味噌だと思うんだがコクがしっかり、なのにサッパリ。

ニンニクも控えめ、飲み干したくなるほど癖になる。

飲んだことない!こんな味噌スープ!自分の歴史上No.1の味噌スープ!

「こんな旨いものがこの世にあるわけがねえ。違えねえ。こいつはまるで極楽の味だ!(by みおつくし料理帖)」と思わず立ち上がってしまいそう。

しませんでしたけど。ここまでで感動が伝わったか心配。勿体ぶった割に全くもって大したこと書いてないし。


c0221792_15411679.jpg



駅からすぐそばなのに、隠れ家的なロケーションがまたいいね。

<余談>

他にもオススメされたラーメン屋さんがあるのだけれど、頑固オヤジのルールに従わないと怒られる、と聞いたので「あ、じゃあいいや。」とあっさり断念。

「写真を撮ってはならない。」「髪の長い女性はゴムで縛ること。」

「お店の人がオーダーを取るまで”すいませ~ん”などと声をかけたりせず、じっと静かに待つべし。」「私語厳禁。ひたすらじっと静かに食すこと。」

などなど口うるさく要求する店って、どんなに名店と聞いてもビクビクしちゃって食べた気にならないのよね。

味わうより、「親父の機嫌を損ねずにここを出ねば。」ってことが優先になっちゃうじゃんね。

あと、待ってる人が壁側にズラリと並んでる中、カウンターで黙々と啜るようなラーメン屋も苦手。

なんとなく刑務所とか軍隊を連想する&鼻噛んでる後ろに人が立ってると思うあの居心地の悪さよ。

美味しいものは幸せ気分で、寛ぎながら頂きたい。


<静雨庵>
鎌倉市御成町10-17
電話番号:0467-25-3671
営業時間:11:00~14:30(売り切れ次第閉店)
定休日:日曜日
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-21 20:31 | 鎌倉飯

男闘呼組

先日、某所に家人と二人で乗り込んだところ、目の前に男闘呼組の高橋和也氏がいた。

意外な事に、先に気づいたのは家人。

「ねえ、あそこにいる方、あの人じゃない?」(ヒソヒソ)。

「・・・・分かる。あの人でしょ。(ご本人目の前だから名前が出せない。)
似てるけど、でもホントにそうかね?」

「多分そうだよ。堀部安兵衛役やってた時、うまいなあ、ってずっと思ってたから印象に残ってる。」

「薄桜記ね。あなた大好きだったもんね。でも、なんと言ってもあれでしょ。
♪ウォーウォー タイムゾ~ンッ♪ ・・私は成田君派だったんだけど、今どうしたのかね~。
ちなみにみつしは岡本健一派で未だにレコード持ってんのよ。あれはお宝だよっ!(つい熱くなる)。」

さてさて高橋氏ご本人、すごく丁重な話し方をしていて、同行の方との別れ際に「お疲れ様でした。ありがとうございました。」と深々とお辞儀をしていた。なんだかとっても好印象。

そんなことがあったお陰で、あれ以来、ともすると頭の中が男闘呼組メドレー。

♪ そ~し~て グローイングラブッ!!待たせ~たけれどっ ♪
フライパンをギターに見立ててかき鳴らしたりと青春蘇ってます。
ふっつーにスラスラと1番そらで歌えました。

c0221792_141424.jpgc0221792_141379.jpg


(撮影協力:家人)

手の位置がへんなのは、ギターの持ち方を知らないから。

c0221792_14132779.jpg



頭部負傷中の人みたいなことになってるのは、男闘呼組といえばバンダナだから。

家人も「俺、この歌知ってるよ~~。これで紅白出てたよね~~。」とトイレの中から呑気な声で発言。

就寝前のヨッレヨレの寝巻き姿をブログで公開してしまう程にアラフォーを血迷わせる男闘呼組のチカラ。
あの時代のアイドルってやっぱりスゴイネ!

<余談>

ご夫婦でオペラ鑑賞が趣味のAさんが、あれこれとオススメしてくれる今日この頃。
「昨夜も、旦那とヨナス・クリフマン聴いてて、素敵すぎてとろけたよ。いいよ~。この歌なんかオススメだよ。」

しっとりとお酒を飲みながら夫婦で世界的テノール歌手の歌声に聴き入る夜・・・・お洒落で高尚なのにも程がある。

うちは昨夜はDAY BREAKかけながら、世良正則みたいな頭してこんなことしてましたなんて言えないよ。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-14 20:14 | 小話

終わった~ヾ(〃^∇^)ノ

c0221792_12455112.jpg


試験終~了~!

4時間半の長丁場、浮腫みまくった足を時折片手で揉みながら・・・・。

1ヶ月前の模擬試験では合格ラインに達する事が出来ず、当日も「う~ん。うぅ~~ん。」と眉間に皺を寄せまくり、
「出来た!」という手ごたえをあまり感じなかったので、今回、結果には期待出来ないけど・・・・。

でも、精一杯やるだけやった!と言い切れる努力はしたので、よしとしよう。

今の私の心は、まっさらさらさら銀のさら。雨上がりの青空のごとく澄み渡ってます。
夏休み目前の期末試験終了日って、こんな気持ちだったな。(懐)

少しの間、息抜きしてからリベンジに向けて頑張りマッス。

c0221792_12454062.jpg



3ヵ月半、なんとか放り出さずに頑張ってよかったことは、家人が学生時代に味わった苦労のほんの何%かを体験出来た事。

何年もよくやってたよ、こんなことを・・・しかも孤独の地でさ・・・とその根性と根気に敬服。

周りに流されず、一度自分で決めたゴールは絶対諦めず黙々と努力を続ける職人型。(どっかに似てる旦那さんいるわね。)

いつも口では私に負けてるけど、本当は私こそが見習うべきなのよ~。そうなのよ~。

夫の「(※)得意分野」をちょっとだけ学んでみるって、また違った目で相手を見ることが出来ていいことだ。

※カッコよく言ってはみたものの、家人の専攻分野は私がの苦手とするジャンルで勉強時間が全然足りず
(だって読んでもサッパリ分かんなくて先に進めないのさ。)最終的にはほとんど手付かずで当日を迎えちゃったんだけどさ。


家人よ、全面的に協力・サポートしてくれてありがとう。今年はGWもこの為に犠牲にしてしまったね。

風呂場から聴こえてきたゴキゲンな鼻歌について聞くと、

「これ、”鴨、京都へ行く”のサザエさんぽいオープニングで流れてる主題歌 ”いろはにほへと”っていうんだ。
出張中、ホテルで鴨のドラマ観てたんだ。 
♪ フーン、フーン、フンフフフーン ♪ 」。閉じられた瞼。リズム感ゼロで揺れる体。

狭い緑館で、テキストと格闘する私に遠慮してお楽しみドラマも我慢して・・・と胸がチクチクした生活も、とりあえず終わり。

これからは盛大に、鴨ちゃん観なさいね。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-13 20:20 | 日常

優しくなりたい。

受験票に貼る顔写真を撮りに行った。

「何に使われますか?」と聞かれたので「資格試験です。」と答えたら、

写真屋さんが「これで絶対合格!!どうぞ!!」と帰り際にくれたガム。

c0221792_1435464.jpg



「頑張ってくださ~~い!」とスタッフの皆様に見送られて。

これだけで、なんだかとってもご機嫌な1日。

ところで写真撮影のときに

「もうちょっと優しい顔でいきましょう。もうちょっと優しく。もうちょっと。もうちょっと優しく。」

と連発され、これ以上無理ってくらいニタニタ笑い続けてみたんだが合格するまで大分撮り直しが続いた。

・・・・・・・私の笑顔ってどれだけ優しくないんだよ・・・・・・・

次回は思い出し笑いでもしてみよう。プッ。(*≧ε≦*)クスクス。←←←日常茶飯事。

優しくなくても(ダイヤモンド☆)愉快さは表現できるかもね。

加えて気持ち悪さも。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-08 07:19 | 日常

収納

地下鉄で、寺田倉庫のお荷物預けサービス「ミニクラ」の車額広告が面白くて、ついじっくり読み込んでしまった(^∇^)

「日本収納新聞」

c0221792_106862.png



『暮らし再建へ 母「一歩前進」
東京都品川区の茂野増太さん(53)宅で昨年から表面化していた収納問題について、妻の倉子さん(51)が会見を開き
「夫の膨大な書籍の処分による収納スペースの拡大」を2013年夏までに実行する計画を発表した。
~中略~

計画の発表に先駆けて行われていた臨時家族会議はおととい3日目を迎え、強硬姿勢の倉子さんと、
処分受け入れを拒否する増太さんの間で激しい議論が繰り広げられた。
結局議論は平行線のまま収拾がつかず、倉子さん側が承認前の処分計画を発表するという異例の事態に。

増太さんは「誠に遺憾。同意のないままの発表は許しがたい」と態度を硬化させている。
また次回家族会議の欠席も示唆していて、このままでは夫婦間だけでなく家族間の亀裂へと発展しそうだ』

-------------------------------------------------------------------------------

『ブランド品発見3つに。「買ったか覚えていない」 計画性の疑い 娘も関与か
今月5日に増太さん夫婦の寝室から布で覆われた状態の持ち主不明の有名ブランドバッグ2点が見つかった事件で、
21日深夜新たに1点の有名ブランドバッグが見つかった。
新たに見つかったそのバッグはその形から今年発売された有名ブランドのバッグであることが判明し、
それにより何者かが1月から4月の間に購入したものを押入れに隠したとみられている。

長男捨太さんによると3月中旬頃、増太さんの出張中に倉子さんと広子さんが満面の笑みで大きな紙袋を持ち帰ってきたところを目撃したという。
(~中略~)
広子さんは「父には黙ってて欲しいと言われ協力してしまった」と関与をほのめかす供述をはじめている。』


くすりと笑えて印象に残る広告だな~。ネットで管理・中身の取り出しも出来るんだ。
ものが増える一方でお悩みのXさんが興味深々でメモを取っていた。
(収納新聞の内容ではなく、ミニクラサービスについて。)
どうしても物が捨てられずお困りの様子。

自分自身の断遮離経験で言うと処分して失敗したな~と後悔したのは書籍とカーテン。

後になって読みたくなるものがパラパラ。子供の頃読んでた本も含めて。
そんな時は図書館に行けばいい、と断遮離の本にはあるけれど、思い立ったその時にその場で読みたいんだよ・・・

それからカーテン。一人暮らしで使用していたカーテンがまだ新しかった&気に入ってたのに、
「もう、当分引越しすることもないし不用だから。」と思い切って捨てた半年後に緑館を借りることになり、窓のサイズが捨てたカーテンとおんなじ・・・・゚・(ノД`;)・゚・

よそゆきのおでかけ着に困った時にドレスだって作れるんだから(スカーレットオハラ@風と共に去りぬ)取っておけばよかったーー!と地団駄。

モノと上手に暮らす方法、失敗を重ねながら模索し続けてます。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-02 12:40 | 小話

クオリティ

世界をあちこち飛び回るT嬢、どこでも強く逞しく活躍されておるがそんな彼女でも
これにはさすがに唖然とされた模様。

T嬢いわく、「手書きのぬくもり」。

c0221792_1346617.jpg



某外資系航空会社のシート案内。こんなシートが数箇所あったと。爆笑してもうた。
どっかの国内線プロペラ機かと思いきや、これで日本からロンドンへの国際線!<(゚ロ゚;)>

お食事中の方もいるかもなので詳細割愛するが、通路やトイレを自由気ままな方法で使用する他PAXの方々と共に、
なかなかエキセントリック(少年ボウイ)な空の旅を楽しまれたと。

そしてこちらは某国出張中の義父から「雑巾ではありません。」との注意書きと共に届いた写真。

ホテルのフェイスタオル。

c0221792_13535875.jpg



確かに客室清掃係のお忘れ物かと思ってしまう。



「ウォシュレットがないホテルはイヤだ。」
「日系エアラインはサービスはいいけど、まだまだシートが狭い。」
「あそこはシートが180度フラットじゃないから快適じゃない。」
「ラウンジにスナックしかない○社に比べて、X社は出来たての美味しいウドンが食べられる♪」
「ホテルは絶対シャングリラ!」
贅沢病の皆様の顔が次々脳裏に浮かぶ。

今一度、反省を促さねば。

笑。
[PR]
by morningsun71 | 2013-05-01 07:43 | 小話