萩・津和野旅行 2 of 3

7月18日(月)

すっきりと目覚めてこの日は笠山に。世界最小の火山だそう。
萩でも有数の景勝地というのと、萩ガラス工房に興味があって是非にと思っていたのだ。
タクシーでふもとの明神池までのぼり、まずはガラス工房へ。
店内に入ったとたんに、涼やかーな光景。
c0221792_22423664.jpgc0221792_2244321.jpg


c0221792_2244287.jpgc0221792_22444124.jpg


内ヒビというこの細かいヒビの入った技術は国内唯一なのだとか。

それにしてもこの萩ガラスを研究した中嶋治平なる人物がマルチにも程があるデキスギ君ぶりだ。

「幼少時に朝鮮語、蘭語、英語を習得。医学を究め鉄生産にも一役買い、
写真技術の導入を計り、洋式軍艦を建造し、我国で最初に蒸気機関車を運転し、
羊を飼育して羅紗を織り染め物の研究に没頭した。」

何にでもとりあえず手を出すのは大得意だが極めたものは何一つない自分に赤面しながら器を購入。えへっ

お隣の売店に水分補給しようと入る。
おお!ゆずスカッシュ。だいだいスカッシュ!私今日はだいだいの方を買うよ!

c0221792_22462059.jpgc0221792_22464263.jpg


と思ったらなんと気前のいいことに試飲がし放題なのだった。
試飲の後、きちんと購入した坊。
「せこい。せこすぎる。ちょっと離れててよ。」と言われながら試飲のお代わりしまくって済ませた私。
c0221792_2247498.jpgc0221792_22481263.jpg


いざ参らん。山頂へ。
c0221792_0503869.jpgc0221792_051236.jpg



柵の上に登って「ここ歩けるー?」と挑発。
平均台を思い出して。ここで田舎育ちと都会育ちの差が歴然と・・
10歩くらいは進める私と、即落ちの坊。(なんでこうお約束通りなんだろう)。
c0221792_053756.jpg


だ~~れもいない山頂の展望台から日本海に浮かぶ島々を一望。
この景色を独り占め!(もう一人いるけど)。ヤッホーーーー!
c0221792_0535365.jpgc0221792_054767.jpg


c0221792_0543433.jpgc0221792_0544823.jpg


なにこの意味深な長靴。(この下はちょっとした崖)

c0221792_056215.jpg



東萩の駅までタクシーで戻り、昨日の自転車屋さんで再びレンタサイクル。

ところでこの自転車屋さんのおじさん、すごーく達筆なのだ。
c0221792_0591619.jpg


「おじさんの字見事ですねえ!!!」と言うと、「そうお?」と嬉しそうにさらさらっと一筆書いてくれた。
「誠意・真心を与えられて心動かない人があろうか」という意味なんだそう。
すごい知識人だ。さすが長州(まだ言ってる)。感動しちゃった。旅の思い出。宝物にしますね。
c0221792_103681.jpgc0221792_105111.jpg


「僕ね、うちの山で取れた竹を使って杖を作って老人会に寄付してるの。
あんたもお婆ちゃんお爺ちゃんに持って行きなさい」。
c0221792_125490.jpg


杖の先には衝撃を抑えるためにゴムで工夫が。持ち心地抜群。軽い!婆さんに一本頂きました。何から何までありがとう。忘れられない出会い。



さて出発。今日もスケジュールきつきつよ~

それにしても山口って教育水準のみならずモラル意識が高いんだろうなあ。とつくづく感じた。

町中の道も建物も川辺も海も見事に整備されていて綺麗なこと。
ごみなんか全く落ちてない。
萩博物館
c0221792_1103843.jpgc0221792_1105690.jpg


c0221792_114540.jpgc0221792_1122144.jpg



萩ゆかりの人々のデータがぎっしり。綺麗に見やすくパネル展示&プリントも取り放題。
小学生がいたずらにただ取ってるのかと思いきやこの子じっくり熟読してる。偉い!
こうして郷里愛・知識が育まれるのだな。
c0221792_1145779.jpg



負けていられないので私も。
c0221792_1161137.jpg



「この松蔭先生の絵ってさ、毎度思うんだけどあの人とかぶるよねー。あのエレキの人。獄中死した。
名前なんだっけ。ほら男色家だった。」(→平賀源内。しかもこうしてみるとかぶるのは顔の向きだけだった。)
c0221792_1803597.gifc0221792_1804495.jpg


お、イケメン。三上博史っぽいね。
c0221792_1164444.jpg



欽ちゃん。
c0221792_117869.jpg



デコピン。
c0221792_1174025.jpg



今なら渾名はさしずめ渡辺喜美(みんなの党)か小朝師匠といったところか。
c0221792_119930.jpg



知性を高めたところで売店へ移動。

坊はここで松陰先生のしおり、松下村塾で使われていたという原稿用紙を嬉々として購入。
「俺、今度から提案書これで書くわ。」ホントにやれよ!!!
c0221792_1194790.jpg



私はと言えば松陰先生の手ぬぐいを購入。旅先でご当地手ぬぐいを買うのが恒例化してきたな。


さ、さっさと次にいきましょう。
円政寺。神社と寺が同じ敷地内にあるという珍しい場所。
写真右の木馬で幼少時代の高杉晋作、伊藤博文が遊んだそうだ。あやかろうと触れてみる。
c0221792_1205374.jpgc0221792_121116.jpg



小腹がすいたので木戸孝允邸の前のカフェで遅めの昼食。「Kimono Style Cafe」。
浴衣のレンタル・着付けもお願い出来、浴衣お見合いパーティも開催している。粋だなあ。
c0221792_1235061.jpg



萩焼きの器なら具だくさん素麺もとってもお洒落だ。
c0221792_1213920.jpg



気になるお店や小道が色々。徒歩でお散歩するのもとても楽しいだろう。面白い読み物も満載。
c0221792_1244840.jpg



しかし段々空の様子が怪しくなってきた。
いよいよ恐れていた台風6号の影響だ。


夕日が綺麗だという菊が浜へ走る。が、ポツポツと降り出した。。。。
もう今日は夕日どころじゃなかろうが、とりあえず行く!

c0221792_1264783.jpgc0221792_127424.jpg



真っ白な砂浜。海の水も澄んでる。ここが湘南との大~~~きな違い。


大粒になりだした雨の中必死に自転車こいで宿へ。
温泉が気持ちいい。

c0221792_1282386.jpg



今回の旅では昼間はあちこちサイクリング、間食もせず移動しっぱなし。
お腹ぺこぺこで宿に戻ってお風呂に入って7時には食事。
お陰で10時には眠くなって就寝。

怖いくらいヘルシーだわね。いつもこんな生活出来たらいいのにね~
c0221792_1311061.jpgc0221792_1313142.jpg


c0221792_1315046.jpgc0221792_132683.jpg


c0221792_1322395.jpgc0221792_1323415.jpg



[PR]
by morningsun71 | 2011-07-23 01:05 | 旅行


<< 萩・津和野旅行 3 of 3 萩・津和野旅行 (1 of 3 ) >>