2013年 08月 22日 ( 1 )

上高地 ~宿~ 五千尺ホテル

今回のお宿は「五千尺ホテル」。上高地髄一の名所:河童橋のたもとに建っている為、上高地デビューの我々にも非常に分かり易い便利な場所。

方向音痴の私でも迷いようがないという素晴らしさ。

c0221792_1681985.jpg



大正時代から続く、歴史あるホテルのよう。標高1500m=五千尺、から名付けられたのだと。

c0221792_1684868.jpgc0221792_1691058.jpg



お盆だけあって、河童橋周辺のホテルに電話をかけ続け、運良くキャンセルがでて予約できた唯一のホテル。

こんなに快適なところが、とれてよかったな。

c0221792_16114155.jpg
c0221792_1611578.jpg



部屋に、ウォーキング時にお使い下さいと、熊よけの鈴が置いてあったのが印象的。

散歩コースのところどころで、「X月X日に熊が出ました。」とあったからな。

それに、虫除けスプレーや蚊取り線香も。

c0221792_16121998.jpgc0221792_18132553.jpg



熊よりよっぽど蜂(その他羽ばたく系の虫)が怖い家人は鈴なんか全く目もくれず、

部屋の窓を開けるたびに「ちょっと締めてよ!!!虫が入ってくるじゃないか!!」とスプレー片手に騒ぐ。

c0221792_1814103.jpg



ホントに不思議なもので、網戸閉めてても、窓開けるとなぜだか蛾が入ってくるのよねー。

蛾も都会のとは気合と体力が違うのかもね。(適当。)



食事は館内のレストランにて。フレンチコースがついてくる。

c0221792_1612524.jpgc0221792_1712526.jpg



上高地の魅力の半分は朝にあると言われています、とサービスの方に教えてもらう。

朝もやの中の大正池は、幻想的でそれはそれはきれいだと。

早起きが苦手な我々だけど、私は最終日の朝、早朝ウォーキングに出かけようと決める。

家人は、多分起きれないであろうよと見切りをつけて。

c0221792_17131085.jpgc0221792_17132466.jpg



今回初めて飲んだけど、このスパークリングウォーターがとっても美味しいと家人。

2日間とも、夕食時のお供はこれ。炭酸水好きの我が家なので、お取り寄せ用にパチリ。

c0221792_17325736.jpg



談話室で、家人はドラマ半沢直樹の小説本、「俺たちバブル入行組」を夢中で読む。

このドラマ、銀行マンにとってはリアルすぎて観ていて辛くなるほどらしいね。

って、うちは銀行勤務ではないけれど。ジョングリシャムと歴史小説以外でここまで家人が夢中になって読むのは珍しい。

c0221792_17143735.jpgc0221792_17145225.jpg



夜、外に出てみたら空に瞬く星のきれいなこと!!! 自分の視力がぐんとアップしたのかと

錯覚するくらい、星がくっきりはっきり。2日間で流れ星を10個は見たかな。

屋久島とハワイ以来だな~。こんなに美しい夜空を見たのは。


c0221792_1714587.jpg


[PR]
by morningsun71 | 2013-08-22 21:57 | 旅行