<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ラハイナの思い出

マウイ島は今回が初めて。Kapalua地区に滞在。
ホテルの庭もプールも広い。

カメラだの日焼け止めだの、帽子だの水だの本だの果ては目薬だの仰々しく大荷物抱えて
庭のプールに行ってみたり(何もすべてを持ち運ぶ必要もない。部屋に戻ればいいだけ。)
プライベートビーチに意味もなく何度も足を運んだりして我ながら
「何したらいいか分からないけどとにかくこの敷地内の施設をフル活用しようと躍起なハイな旅人~南国リゾート不慣れ編~」といった感じ。

ベランダからだって星が十分奇麗に見えるのに「リゾートと言えばビーチから見上げる星空だべさ」
と時差ボケでフラフラなのに砂浜まで出て行ってみたりさ。(すでに半目)。

c0221792_15482156.jpgc0221792_15493137.jpg


そんなところでいらぬ疲れを溜めてしまったのか爆睡。後からやってきた坊、「口開いてたよ」。
しっかし気持ちいい風の中の昼寝は最高ですなー
c0221792_16162734.jpgc0221792_16212466.jpg


そんな我々、「ビーチ以外にもハワイっぽいことしてみようではないか」と私の提案で
ラハイナの町からサトウキビ列車に乗ってみることに。

街中のビジターセンターでチケット購入。
列車の運行日は「無休」とあるので安心!
最後の列車はラハイナ駅16時発。その時15時35分。
「こっから駅は10分もかからないで着くよー。エンジョイ!」とおじさんが言ってくれているのに、
「何事も時間にゆとりを持って行動」を信条とする坊にはもう火がついてしまった。


走る!!「待ちなされーーー!」
c0221792_16425581.jpg


はあ、はぁ。
15時45分に駅到着。「ひゃー!可愛いねえー!」私は写真撮影にいそしむ。
c0221792_16452297.jpgc0221792_16472240.jpg


しかし・・・・人っ子一人いない。売店もチケット売り場も鍵がかかったまま無人。

c0221792_16492185.jpgc0221792_16501883.jpg


「ねえ、本当にここでいいんだろうか。(苛立ち)」
「大丈夫だよ。観光客にこの列車ツアーが人気ないだけだよきっと。(←失礼)。
あたし隣の家具屋でトイレ借りてくる」
「俺もー」

そして戻ってきても誰もいない。
16時過ぎても列車は来ない。なんだか胸騒ぎ、いやな予感がざわわ ざわわ ざわわ~~~~~(さとうきびだけに。)
c0221792_16585086.jpgc0221792_1715073.jpg


16時半まで待っても何の気配もなかったのでそのままビジターセンターに戻る。
あんなに走った道をとぼとぼと歩いて・・・・(坊には悪いが笑ってしまう)

売り場のおやじさん、「おおう君たち。」
「君たちが去った2分後に、週末は運休になったとの連絡があったのだー。」と。
早く言えよーー!!
「追いかけようにも私も電話中だったもので、留守番メッセージに残っていたんだよね」って
ホントかよ!!!

赤い疑惑(山口百恵)の視線を向けたまま返金してもらう。
結局トイレを借りるために走ったようなもんじゃないか。爆

しかしハワイ最大の巨木バニヤン・ツリーや帰りのホエラーズビレッジでのショッピング中に
見かけた夕日は素晴らしかったので、「サトウキビ列車の痛手」は帳消しとする。

c0221792_17214475.jpgc0221792_17221491.jpg
[PR]
by morningsun71 | 2011-09-11 17:27 | 旅行

ああ、憧れのハワイ航路。

マウイ滞在2日目。ようやく夏休み。
オフィスで最後の夏休み取得だけあって、
台風を心配しながら温かく送り出していただいた。お蔭様でパラダイスを満喫している。
天気も最高。

c0221792_16551431.jpgc0221792_16554817.jpg



c0221792_16583455.jpgc0221792_16585113.jpg



ハンモックに揺られてうとうとしてみたり、
プールサイドのテント下で昼寝したり、サンセットを見ながら食事をしたり。
ここは天国?



c0221792_16592154.jpg


信じられないくらい綺麗な夕日や星空。


c0221792_1712082.jpg



話題によくあがるタイガーマザー。
出発前の待ち時間と機内で読み,、読了。
スーツケースの中に眠っているもう一冊はジウⅠ。読書もこの旅の楽しみの一つ。


それにしても・・・・
わざわざ出発前に水着を取りに実家に戻ったのに、
どうやら家のソファの上に置きっぱなしにしてきたようだ。
こっちに着いてから初めて気づく。

仕方なくこちらで購入する羽目に。立ちはだかるのは当然フラット問題だ(→胸)。
坊は「これでいいんじゃない。岡本夏生が着てそうなやつ。
(バブル臭プンプンの大柄プリントのワンピース水着)」と他人事。

ブラ部分がしっかりサポートされたデザインを選び、
在庫の中で一番小さなサイズを選んでも「I think it's too big for you」と
3度も店員にリピートされる。

分かってるよ!だけど色々見たけど一番ましなのがこれなんだよ!
あなたが持ってきた三角ブラなんかとんでもないんだよ!

それさえも試着すると予想通り胸だけブカブカ。
ぎゅうっぎゅうに背中の紐を締め付けて結んでも。まるで金太郎だ。
坊も一目見て「こりゃひどい」と一言。水に入ったらプカリプカリとブラだけ浮く事だろう。

「I think I should escape from big wave. ハハハッ!」とギャグったら
「I know!」 と笑顔で元気に返した女子店員(ボイン、足長美脚)。
くそっ。

客の自虐ギャグへの返し方を知らないヤングめ。
[PR]
by morningsun71 | 2011-09-04 17:10 | 旅行